Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

ラックライフ

2015年04月号掲載

ラックライフ

メンバー:PON (Vo/Gt)

インタビュアー:吉羽 さおり

ラックライフの2015年第1弾シングル『アイトユウ』は、ほっこりと心温まるラヴ・ソングだ。お互いに飾ることなく、心地良い呼吸と距離感で並走するふたりのタイム感を、シンプルなバンド・サウンドとフレンドリーなメロディで描いている。恋愛がモチーフとなった曲はラックライフとしては珍しいが、バンドが醸す爽やかな開放感と相まって、これまでの曲ともしっくりと馴染む存在になっている。4thアルバム『正しい僕の作り方。』を経て、新しい風を呼び込みながらもラックライフの味を一段と深く打ち出した、そんな3曲が揃ったシングルだ。

-表題曲「アイトユウ」はゆったりと心地良いラヴ・ソングですね。

ここ最近、25歳を越えたあたりから結婚式に呼ばれる機会が増えてきて。結婚ってすばらしいなっていう――バンドマンらしからぬ感想を持ちまして(笑)。高校の同級生のカップルが、8年付き合ってやっと結婚するってなったときに、これは曲にしようと思って。

-なるほど。それで、ふたりの間に流れた長い時間を感じさせる内容なんですね。

そうですね。もう8年も付き合っていたら、なんのこっちゃわからんくなってるかなあと。自分と重ねているのも、もちろんありますけどね。結局、書いているうちに自分の割合がどんどん増えてきたんですけど(笑)。きっかけは、そういうものでした。

-そういうことでは、とてもパーソナルな思いから立ち上がった曲ですが、この曲をあえてリード曲にしたのは?

もともとリード曲にするつもりもなかったんです。収録した3曲どれでもいいなあって思っていて。でも、音源になって聴いてみたとき、今までのラックライフにはほとんどラヴ・ソングがなかったからギャップもあるし。何より、自分で聴いてて感動したんですよね(笑)。友達の結婚式のために書いて、友達の結婚式のことを想像しながら聴いたら、もうめっちゃ感動してしまって。"よし、これでいこう"っていう感じで。

-自分で書いた曲ながら、新鮮だったんですね(笑)。

なかなか自分発信で、ここまで恋愛のことを歌える曲はないので。きっかけは人のことやったけど、改めて自分のことを掘り下げて書いてみたら、こんなにピュアやったんやな、みたいな(笑)。びっくりしましたね、自分でも。恥ずかしくなるくらい。

-今まではラヴ・ソングを書かなかったんですか?それとも書けなかったという方が近い?

そうですね......書くタイミングが、なかった。自分の生活の中での気づきが曲になっていくので、目につくのが悲しいことやったりとか、つらいことを拾い上げてそれをポジティヴに変換して曲を作るんです。その拾い上げたものの中に、今までなかなか恋愛のものがなかったというのもありますね。あとは性格的に、あまりラヴ・ソングばかり歌うのもなっていうか(笑)。"頑張ろうぜ"とか、"生きていこうぜ"みたいな曲を歌ってる方が、自分は生き生きするので。今回こういうタイミングでこういう歌が歌えることに気づいて、嬉しかったですね。

-でもこの曲は甘いばかりでなく、自分のダメな面も映っているし、照れがなく歌えそうじゃないですか。

それが逆に恥ずかしいんですよ(笑)。切実というか、リアリティありすぎて。

-いつも相手に怒られるタイプ(笑)?

尻に敷かれる方かも......。

-そういう自分の恋愛にも改めて気づいてしまったと。

こんなはずじゃないねんけどなって(笑)。もっと自分できると思ってたけど、振り返ってみると怒られてばっかりみたいな。

-これからのいい教訓になりそうですね。

そうですね。ちゃんとやります(笑)。

-昨年出た4thアルバム『正しい僕の作り方。』は、いろんな人に支えられながらでき上がった自分や、自分の基となるものが描かれていました。作品を完成して、ツアーを経て、『正しい僕の作り方。』が今、自分にとってどんなアルバムになっていますか。

久しぶりに聴いたらいろんなことを思い出すし、作品にしてリリースしてツアーを回って改めて、曲の元となった人たちのことを考えたり、自分と向き合って。どんどん好きになるアルバムやなと思いましたね。できたてほやほやのときとはまた違う聴こえ方をするというか。改めて、"よし頑張ろう"と思えるアルバムになってると思いますね。ありきたりですね、コメントが(笑)。