Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

ネクライトーキー

2022年06月号掲載

ネクライトーキー

ネクライトーキー

Official Site

メンバー:もっさ(Vo/Gt) 朝日(Gt) 藤田(Ba) カズマ・タケイ(Dr) 中村 郁香(Key)

インタビュアー:石角 友香

ネクライトーキーのライヴでもおなじみの「魔法電車とキライちゃん」や、「壊れぬハートが欲しいのだ」、先日の野音ライヴでも披露され、音源では日本松ひとみ(ex-東京カランコロンせんせい)が参加した「君はいなせなガール」。今作のためにレコーディングされた楽曲も含む、朝日のボカロP名義、石風呂楽曲のセルフ・カバー集第2弾『MEMORIES2』が完成した。10代後半から20代前半のメンタリティが炸裂する歌詞世界、ボカロ楽曲ならではの自由度を今のネクライトーキーの解釈で実現した、ある種、朝日をはじめとするこの集合体の根本にあるマインドが鮮明に浮かび上がる試行でもある。

-まず先日の野音のライヴ("ネクライトーキー「ゴーゴートーキーズ! 2022 野外音楽堂編」")が素晴らしかったんですけど、感想を聞かせてください。

タケイ:最初にやった野音("ネクライトーキー 「ゴーゴートーキーズ! 2020 野外音楽堂編」")が、コロナ禍が始まって、ちょうど半年とか1年経ってないぐらいの時期にやった公演だったので、そのときのまだみんなもライヴやっていいのかどうかみたいなタイミングの感触と、今回の野音の感触が全然違って。もうお客さんもちゃんと楽しんでる雰囲気があったし。それがすごく感じられてまた違った景色に思いました。

-もっささんはいかがですか?

もっさ:ホッとしております。

一同:(笑)

-ライヴが終わるたびにホッとするんですか?

もっさ:個人的に、特に1回目の野音より緊張感があったので。なぜかはわからないですが、まぁCD制作とかいろいろありましたので......(笑)。

一同:(笑)

もっさ:バタバタしており、なおかつ2回目の野音っていう緊張感もあり、"頑張らなきゃ"と思って緊張しておりました。なので無事終えられてホッとしております(笑)。

-もっささんはTシャツの絵を描くとか自分で忙しくしてるところもありますもんね。朝日さんはいかがですか。

朝日:自分としては、ちっちゃいエフェクターなんですけど、結構ぶっつけで持ってった機材とかがあって。"大丈夫かな?"と思ったんですけど、すごく気持ちいい音が出せて、やっぱり新しい機材ってワクワクするなと思いながらやってました(笑)。

-新しい機材をいきなり野音で使うっていうね。

朝日:(笑)

-PAさんも大変なんじゃないかと思うんですけど。

朝日:そうですね。アンプも、その1個前のライヴで初めて使ったものを、そのまま野音で試すっていうこともあったんで、ちょっと不安もありつつ、でもやっぱ新しい機材を使えるって、ワクワクすんなって(笑)。

-なるほど。朝日さんはさらにブルージーなギターを弾きまくってましたからね。

朝日:ちょっと素直なアンプになったので、素直な音になって。どちらかといえばもとのギターが渋めの音ではあるので。ネクライトーキーに則しているのかどうかはわかりませんけれども、自分としては個人的に結構好きな音に近づいていってるから、ライヴの内容は"やれたな"と。

-もっささんとは対照的に特段、緊張感がない?

朝日:野音が特別なわけではなくて全部緊張するので、"頑張ったな"って。いい音が出せて楽しかったです。

-藤田さんはいかがでしたか?

藤田:東京、大阪どっちの公演もアンコールで「君はいなせなガール」をやったんですけど、お客さんがすごく喜んでくれてましたし、やれて良かったっていう思いです。

-中村さんはいかがですか。

中村:自分も緊張してたんですけど、自分以上に横で緊張してる人を見ると、少し落ち着いてしまうというのもありまして。

-前、タケイさんのことで言ってませんでしたっけ?

中村:そうです。私は人の失敗とか人の緊張を見て安心するタイプなので。

一同:(笑)

中村:あと大阪が思ってた以上にすごく寒かったのもあって、自分の頭の中の邪念をすべて寒さに持っていってもらったおかげで、逆にちょっと集中できたというか。私は機材も前の野音のときと変わってないんで、安心して自分の相棒を弾くみたいな形でできたかなって思ってます。

-ネクライトーキーのライヴの流れで、決まってここはやってほしいみたいなところもありながら、新しい曲と昔の曲も交ざったセットリストと演奏で、えらいことになってるなと思いましたけど。

一同:(笑)

-選曲がいろんな時代からだし、セルフ・カバーもあったし、一番キャリア的にも広範囲だったなって感じがしました。そして今回、『MEMORIES』(2019年リリースのセルフ・カバー・ミニ・アルバム)の第2弾ということで、石風呂楽曲のセルフ・カバーは今後も出そうと思ってたんですか?

朝日:出せるとは思ってたんですね。まぁ、思いつきのタイミングでいっかぐらいの。

藤田:1回作ったときに漏れている曲もあったんで。且つもっとこの曲もやりたいってのはずっと言ってたんで、"また出せるね"みたいな感じでした。

-シンプルな疑問として思うんですけど、朝日さんは石風呂楽曲を作るときと今のネクライトーキーでは主人公の設計が違うと思うんですよ。それって端的にどういうところだと思います?

朝日:そうですね。でも、そもそもたとえネクライトーキーとして作ってたとしても、1年前の自分が作った歌って、距離ができるというか。別に悪いことではないんですけど、やっぱり変わるもんだなって思うからこそ、ですかね。もともと僕が作った曲をもっさが歌うっていうひとつ隔てている感じがあったので。(石風呂楽曲をカバーするにしても)20代の頃の歌を、"このときはこんなことを考えてたんだな"っていう、同一人物なんですけど兄弟みたいな感じ(笑)。

-振り返る年齢になってるってことですかね。

朝日:ひねくれた弟みたいな感じで。

-ひねくれた妹をもっささんが演じることになっている。

もっさ:(笑)

朝日:結果としてはそうです。そんな感じで見てます。

-たしかにギリギリちょっと歌えるかなっていうぐらい、ソリッドな言葉もありますからね(笑)。みなさんで石風呂楽曲を選ぶとき、今回はどういう基準があったんですか?

朝日:もともと演奏したことがある曲が8曲中4曲あって、それは入れようかって事前に決まりましたけど、残り4曲は――

タケイ:いったん全員がやりたい曲もバンバンバンって選んで、それで結構膨らむんですけど、そこからチョイスしていくって感じで。

もっさ:でも軸は「君はいなせなガール」だったんじゃない?

朝日:そうですね、「君はいなせなガール」はずっと好きな曲で、やりたいって思ってたんですけど、ほんとに演奏が大変な曲なんです。でも藤田が今ならやれるぜって。

藤田:(笑)はい、やりたいってずっと言ってはいたんですけど、この曲になると私も歌わなきゃいけないので、ツイン・ヴォーカルになると昔は技量が足りなくて。ベースを弾くのがただでさえ難しい曲、且つプラス歌わなきゃいけないっていうのが昔はどうしてもできなかったんです。で、そろそろ新しい音源、みたいな話になったときに"1回自分でやれるかちょっと頑張ってみるから、やれるようになったら言うね"って言って、結構すぐいけそうと思ったから"やれるよ"って朝日さんに伝えて。

朝日:それで「君はいなせなガール」は俺もやりたいですって入れてもらって。あと、のちのちミーティングで......。

藤田:「だれかとぼくら」「深夜の街にて」、「サカナぐらし」。

タケイ:「だれかとぼくら」は石風呂がYouTubeに投稿したときからやりたいなって思ってたんです。

藤田:私も思ってた。

タケイ:そのときは、アルバムの話はないですけど、ライヴとして何かやりたいっていうのを思ってて。まぁ、アルバムに入るのは必然の流れというか。

中村:「深夜の街にて」は朝日さんが言ったんだっけ?

タケイ:朝日ともっさが推してたね。

-なるほど、面白いですね。石風呂楽曲でプレイリストを作って聴き比べたんですけど、そのことで今のネクライトーキーのバンド・アンサンブルがよくわかったんですよ。

朝日:そうですね。ほんとに過去の石風呂曲の音って、ちょっとやりすぎなぐらいパツパツになってたり(笑)。

-情報量多いですし。

朝日:そう。"若い!"と思いながら(笑)。