Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

Halo at 四畳半

2020年02月号掲載

Halo at 四畳半

Halo at 四畳半

Official Site

メンバー:渡井 翔汰(Vo/Gt) 齋木 孝平(Gt/Cho) 白井 將人(Ba) 片山 僚(Dr/Cho)

インタビュアー:秦 理絵

-「レプリカ」はどうでしょう?

白井:これも同じ時期ですね。

渡井:「レプリカ」は、もともとはAメロで鳴ってるアコギのリフから作っていったんですけど。最初に20曲ぐらいデモが集まった時点で"絶対に入れよう"って満場一致だったんです。そこからプリプロの段階でいろいろ遊びましたね。

白井:この曲は最初に聴いたときからヤバかったよね。

渡井:僕の中では結構変な展開の曲だから、ないと思ってたんですけど。

齋木:渡井が作る曲はきれいな曲が多いから、新鮮だったんですよ。最初は静かだけど、最後は暴れ狂ってる。そういうイメージを膨らませていくのは面白かったです。

片山:前からこういう暗めの曲も片鱗としてはあったと思いますけど、「レプリカ」や「Ghost Apple」みたいな落ち着いた暗さは新しいですよね。

-その流れの中で、齋木さんが作曲をした「百鬼夜行」のダーティな疾走感もフックになってるなと思います。

齋木:昔から僕の曲はハロの暗い一面を見せる曲が多かったので、今回のアルバムにはハマってますよね。この曲も暗くてかっこいい曲を作るっていうイメージだったんですけど、ここまでメンバーがドロドロさせてくれるとは思ってませんでした。

-ちなみに、イメージとしてハロって爽やかなバンドに見られがちですけど、今作でそれを打ち破りたいという想いはありましたか?

渡井:特に思ってたわけではないですね。でも、爽やかに見られるのは不思議だなとは思ってるんですよ。たぶん見た目が好青年っぽいっていうのがあると思うんですけど(笑)。メンバーに尖った見た目のやつがいないから、ライヴでは結構暑苦しいことを言ってるけど、爽やかに捉えられるんです。別にそれを嫌だとも感じてないんですけど、このアルバムを聴いたら、違う一面があることも知ってもらえるんじゃないかなとは思います。

片山:あ、でも、俺は何も考えずに、バーンとやるだけでかっこいいバンドに結構憧れがあるかなぁ。ハロってそういうバンドじゃないから。

-佇まいだけでロック・バンドとしての貫禄があるというタイプではないと。

白井:そうそう、SIX LOUNGEみたいな感じにはなれないよね。

片山:ircleとかね。でも、"そういうドラマーになれねぇかな?"って考える時期があって。俺は衝動に任せるというか、細かく考えないで臨んだとこは結構あったかな。今まで"マイナスイオン"って言われたりしたから。

白井:本当はそんなものはひとつも出てないんですよ。汗しか吹いてない。

渡井:マイナスイオンに見えるのは溜息ですから(笑)。

-ははは、わかる気がします(笑)。今作には、『from NOVEL LAND』の「リビングデッド・スイマー」に続いて、プロデューサーに出羽(良彰)さんを迎えた曲もあります。「イノセント・プレイ」と「蘇生」ですけど。一緒にやった手応えが良かったから?

渡井:前作の制作を終えて自然と"また一緒にやりたいね"っていう話になってましたね。特に、「蘇生」みたいなバラードで一緒にやりたいっていう話があって。

-「蘇生」はいいですね。闇から這い上がるような壮大なスケールがあるし、2度目のタッグだからこそという進化も感じるし。

渡井:これはチャレンジでしたね。最初の段階から僕がピアノでデモを作ったんですよ。もともとストレートなバラードだったんですけど、出羽さんの手が入ることですごく奥行きと深みが出たんです。またひとつ新しいハロの扉を開いてもらいましたね。

-逆に「イノセント・プレイ」のほうは、いわゆるハロらしいキャッチーなギター・ロックを、出羽さんと突き詰めたらどうなるかという曲かなと思いましたが。

渡井:そうですね。でも、実はこれも「リビングデッド・スイマー」と同じ作り方をしたんですよ。最初に弾き語りのデモをお渡しして、出羽さんに好きなようにアレンジしていただいて。たぶん、この曲はもとのデモの段階からハロっぽかったのが大きいと思います。テーマが"祈り"の曲なので、そのへんも汲んでいただいたことで、結果的にバンド・サウンドで押していくものになったんです。前作を経て出羽さんが"ハロとは?"みたいなことを理解してくださった感覚もありましたね。

白井:この曲ができるまでは、今回は内省的なアルバムになりそうな感じがあったんですけど、終盤にこの曲ができて、「疾走」っていう曲もできたことで、ちゃんと前を向いた、開けたアルバムになったなと思います。

-あと、新しい一面としては「アンチ・グラヴィティーズ」ですかね。まさに重力に抗うような明るいロックンロールじゃないですか。

渡井:これは遠征先の機材車でデモを作ったのをめっちゃ覚えてて。死に物狂いで作った曲です(笑)。"思い悩んでばかりいるんだ"から始まってるのは、ありのままの僕ですよね。個人的には今までのハロにもあったようなミドル・テンポの曲になると感じてたから、ここまでロックンロール色が強くなるとは思わなかったんです。

白井:ウォーキング・ベースにしてイメージが変わりましたね。齋木のギター・ソロがカントリーっぽい感じだったから、こういうベースにしたんです。渡井さんに"変なベースだね"って言われたけど、"これね、世間では一般的なベースなんだよ"って言って(笑)。

片山:(渡井には)聞こえてないだけでね(笑)。

渡井:僕ジャンルとかよくわからないから。

齋木:この曲は歌詞が尖ってるじゃないですか。メッセージ性も強くて結構吹っ切れてるから、何も考えずにロックンロールでいこうと思ったんです。自分の中では一番作ってて楽しかった曲ですね。

白井:うん、俺も楽しかった。

-この曲の、"神も仏も信じて欲しいなら/今すぐにその顔を見せろよ"というフレーズが痛快ですね。

渡井:これはもう追い詰められたらこういう感じだったんです。

-今回のアルバムはこういう剥き出しの言葉が増えたような気がします。

渡井:そうなんですよね。今まではいろいろなものを身に纏って書くことが多かったんですけど、それを脱ぎ捨てた曲が多い。素直に書いたなっていう印象ですね。結果としてすごく人間臭い作品になったんじゃないかと思います。