Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

Brian the Sun

2019年12月号掲載

Brian the Sun

メンバー:森 良太(Vo/Gt) 白山 治輝(Ba/Cho) 小川 真司(Gt/Cho) 田中 駿汰(Dr/Cho)

インタビュアー:石角 友香

-心情的にはどうでした? アルバムを作ってるときは退路を断った感じがあったと思うんですが、今回そこまで追い詰めて作った感じではないんですかね?

森:よくおわかりで。今回はシングルになるっていうのもわかってたので、そんなに考えてない(笑)。いちいち気にしていくと、気を使うことが多いなと思ったんですよ。一応こういう方向に進みたいなとか、毎回考えるんですけど、それでコントロールできるほど器用でもないなとも思うんです。ポップに作りたいと考えてても、結局4人で合わせたらロックになることがある。その難しさが面白さでもありますけどね。

-歌詞のフレーズ"消えない日々を繋いだらいつかは"からは、希望的なんだけど、遠い未来のことを言ってるわけではないという印象を持ちました。

森:そうですね。積み重ねと言うと安っぽいですけど、前提をいちいち説明しなくてもわかってることってめっちゃ大事というか、それが多ければ多いほど楽じゃないですか。4人で長い間やってきて前提が結構積み上げられてはいて、それが楽さでもあるけど、そこに甘えがあるのかもしれへんなとか、それってどこまでが良さでどこからが良くなさになってくるのか? とか、そういうことを考えたりはしますね。それがそのまま歌詞に出ているのかもしれない(笑)。このまま日々を繋いでやっていくかな? と思ったり、このままで大丈夫かな? って時には思ったり。でも、それが人間なんで。

-揺れてる状態を認めるぐらいの心情に辿り着いたということですか?

森:いやー、どうなんでしょう。特に、心情的に言うと、ずっとなんか探してる感じなんです。"これかな? あ、ちゃう"、"こっちかな?"みたいな(笑)。でも、たぶんそれをずっと続けていくんやろなと。自分が"これだ"と思う気持ちって、昔に作った曲でも今も変わらず感じられるものもあれば、変わってしまってて今はわからへんなって曲もあって、その違いってなんなんやろ? と思うんですよ。できれば自分の中でずっと変わらず色あせないものを作り続けたいけど、それってめっちゃムズいことやなって感じますね。

-具体的な感想なんですけど、このちょっと複雑なAメロが、『MEME』の「ファストワルツ」を聴いたときに近い印象もありました。一瞬、拍が取れない。

森:たしかにシンコペーションが多いんで、演奏するのが結構難しいですね。歌はまっすぐやけど、オケはずっとシンコペ(シンコペーション)なんで、ギターは難しいんです。できれば誰かに弾いてほしい(笑)。

-ライヴではもうやってるんですか?

森:やってます。リードの曲で、今までに比べてBPM的に早くない曲なんで、サビが四つ打ちとはいえどんな感じになるんだろう? って思ったけど、案外盛り上がりそうです。でも、今はまだラジオで1回、2回かかったぐらいで(※取材は10月下旬)、フル尺を知らない状態で、ライヴで聴いてもらってるから、CDが出たり、リリースが近くなってフルが聴けるようになったりすると変わってくると思うんですけど。

田中:いい曲です。育っていきそうな感じですね。

白山:たぶんワンマンだとしっかり考えていけるんですけど、30分ぐらいのイベント・ライヴでこの曲をどうやるか? っていうのがこれからの課題ですね。曲が育っていけばそんなことを考えなくてもハマるんだけど。

-"パラダイムシフト"をタイトルに冠しているあたり、何かいろいろ起こそうとしてる感じもあって。

森:二十歳ぐらいのとき、"パラダイムシフト"ってタイトルのイベントをやったことがあって。

-ほんとにパラダイムシフトを起こすぞって気持ちは根底にある?

森:"起きればいいな"って感じですね。"起きるんだろうか"とも思うので、"起こすぞ!"みたいな意気込みは特にないです(笑)。

-この曲での捉え方は、自分が変わることによって起こるパラダイムシフトかなと思いますけど、世の中的にもいろんなことが変わり目にある時代ではありますね。

森:そうですね。世の中を見渡してみたときに、結局誰かのための時間を生きてるってことがめっちゃ多いから、自分の時間を持つのが非常に難しい時代やと思うんですよ。そういうことを考えてると、自分らが音楽をやっていくうえで、"ショーシャンクの空に"じゃないけど、"音楽は誰からも奪えないんだ"ってセリフが出てきて、"たしかにそうかも"と。でも、その"奪えないんだ"って思えるほど心の中にある音楽になるために必要なことを考えると、それは何かを起こしていくぞって気持ちから生まれるものではないと思うんです。自然に生まれたものがパラダイムシフトを起こしていくことを願ってますね。あんま不自然なことはしたくない。

-今って自分主体で動いてるつもりでも、その時間は主体的なものじゃなかったりしますしね。

森:そうですね。コントロールされまくってますから。

-でも、そのコントロールされてることも含めて、ネットやSNSは人とのコミュニケーションに必要なものでもあるから、ちょっと厄介ですね。

森:一番怖いのは、映画や音楽もそうですけど、ネットで買い物したらオススメが出てくるじゃないですか。でも、あれってオススメが出てくることによって、その枠の外にはみ出さないようにコントロールされてる気がするんですよね。人をある程度閉じ込めていくことによって、ちっちゃい範囲で回させるってこともあるんでしょうし、オススメの中から好きなものばっかり集めていくことがいいことじゃないと思うんですよ。街角で出会った音楽とか、パッケージで"いいな"と思って借りた映画とか、そういうことがなくなっていくことで、アイディアが今の範囲から飛んでいくことが少なくなっていくので。特に俺らみたいな職業の人はちゃんと引きで見てないと危ないなと思います。

-偶然の出会いに対する感性を失ってしまう。

森:アンテナがね。運命かもしれないとかいうトキメキが少なすぎる。

-奇しくもカップリングの「still fish」で"狭い狭い水槽の中から"って歌ってますね(笑)。

森:ははは(笑)。そうなんです。狭いっすよ。

-「still fish」はアルバムからの流れに近いのかな? と思いました。

森:そうですね。結構ロックなサウンドになってます。もっと汚しても良かったかなと思ってるんですけど。

-ところで、今リスナーはジャンルじゃなくて、音楽そのものとか、そのアーティストがやってることが好きかどうかになってきてる気がしません?

森:しますね。でも、それもたぶんオススメされるものを聴いてたら、自然とそのアーティストとかと近しいところにおるってことで。だから、一応ジャンルというくくりの中での、さらに細分化されてる何かがありますよね。J-ROCKの中でもいろいろありますし、みんなそこをどう泳いでいってるのか......でも、そこはあんまり興味ないかもな(笑)。そこをどう泳いでいってるかっていうのは、もう1個しかなくて、より明るく光ってるものにみんな寄っていってるだけやと思う。ほんまに自分の居場所で、ここが確固たるもので、好きで、俺はこれを信じ続ける、みたいな感覚の人は少ないんちゃうかな。"信じ続ける"と思っても、実はそう思わされてることが多いから。だから、俺は別にそれを求めはしないというか。

-たしかに。森さん自身は、本当の世界はもっと広いぞと思っているんですか?

森:そうですね。俺らがリアルに世界に行ってやっていくしかないですね。