Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

FINLANDS

2015年08月号掲載

FINLANDS

メンバー:塩入冬湖 (Vo/Gt) コシミズカヨ (Ba/Cho)

インタビュアー:岡本 貴之

-『JET』の収録曲に共通したテーマはありますか?

塩入:毎回、テーマというのは特に考えないんですけど、"JET"というタイトルをつけたことによって......今はないですけど、"いなくなりたい"とかどこかに行ってしまいたいという気持ちが昔はあったので、このアルバムを聴いてそういう気持ちがちょっとでも消化されるような作品になればいいなと思っているんですけど、自分の中では。それとバランスを見ながらアルバムを作っていきたいと思ってはいるので、恋愛の曲もあれば全然関係ない曲があったり、家族の曲があったり、いつでも聴いてもらえるような作品になればと思って作りました。

-コシミズさんにとって、塩入さんの作る歌は共感するところが多いものなんでしょうか。

コシミズ:昔から、冬湖の書く歌詞はすごく好きなんですけど、どういう歌なのかはめったに訊かないんです。自分で歌詞を読んでいろいろ考えたりして、自分なりに考えられる曲になっているなと思っています。

-前半から後半にいくにつれて、より言葉がしっかり伝わるような曲を並べているのかな、と思ったんですが、曲順についてはどのように考えていたんでしょうか。

塩入:曲の歌詞はキチンと意味はあるんですけど、意味がなくても言葉の組み合わせ方でドキドキするものやワクワクするものはあると思うし、100%意味のない歌詞でもそこから読み取れるものもあると思うんです。でもそういうものばかりだと飽きてしまうから、キチンと伝えたいこと、わかりやすい歌を最後にしたいなと思っていて「銀河の果てまで」という曲を1番最後に入れたんです。それまでは騒ぎ続けていて、途中で聴いてもらいたいなというものをちょっとずつ挟めればなと思ってこういう曲順にしました。

-Track.5「あの子のお祭り」は妖しげなベース・ラインが面白い曲ですね。以前の"暗めの曲"というのはこういう感じだったんですか?

塩入:以前は、メロディもそうなんですけど、歌詞もわかりにくい文句みたいなものを歌詞にしたいと思っていたんです。でも前作『ULTRA』を作ってから価値観がちょっとずつ変わってきて。この曲は夏の歌なんですけど、暗いけどその中で言葉の組み合わせ方で情景が浮かぶようなものにしたかったんです。気がついたら暗くなったという感じなんですけど(笑)。

コシミズ:この曲は随分前からあったんですけど、パッとするアレンジが浮かばなくて、すぐにできなかったんですよ。今回、冬湖が"これやるよ"ってまた持ってきて、改めて作り直した感じです。作るのは難しかったですね。

塩入:持っていってやってみると、"これじゃないな"って思ったり、これはみんなで作り上げる曲ではないかも、と思ったりもするんですけど、逆にバンドに持って行ったらすごく良くなった曲もあるので、やっぱり持っていってみないとわからないなというのはありますね。

-バンドでやると自分の想像しないものになることが多いですか?

塩入:基本的にドラムを打ち込んでギターと歌を入れていくんですけど、ベースは唯一入れないで持っていくんです。なので明るい曲かなと思って持っていくとベースによってガラっと空気が変わることもあるし、いい感じに転んでいくことが多いですね。

-そこはコシミズさんのやり方を信頼しているんですね。

塩入:そうですね。全然違うベース・ラインが入ったとしても、そう転んだら私もその方向にシフト・チェンジしようと思えるので、そこは信頼しているところですね。

-Track.1「クレーター」は郷ひろみみたいなギラギラ感を表現したかったということですが、郷ひろみ感を楽曲に反映させようとするバンドって珍しいですよね。

コシミズ:ははははは。

塩入:この曲も最初はバンドでやるつもりはなかったんですけど、郷ひろみさんを何かのテレビ番組で観て、突き抜けてる感じがカッコ良すぎて、ちょっと感動したんですよ。年齢を重ねてもスパンコールの衣装を着て、全部ぶち壊しているようなライヴができるのがすごいなと思って。それをどうにか曲で体現できないかと思って書きました。

-コシミズさんから曲のアイディアを出すことはないですか?

コシミズ:私はないですね。歌詞も書けないですし。結構サポートのふたりが曲についてのアイディアもバンバン出してくれてるんですよ。そのへんはサポート・メンバーの方々にも引っ張ってもらっていますね。

-「ダーティ」はライヴで盛り上がりそうなカッコいい曲ですね。良くライヴで演奏している曲なんですか?

塩入:(小声で)最近はしてないよね?

コシミズ:大変だよね、この曲。

塩入:長いしね。

コシミズ:声もめっちゃ高いし。