Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

グッドモーニングアメリカ

2014年10月号掲載

グッドモーニングアメリカ

グッドモーニングアメリカ

Official Site

メンバー:金廣 真悟 (Vo/Gt)

インタビュアー:荒金 良介

-へぇー、そうなんですね。

「スクランブル交差点」はフォーク・ソングにバンド・サウンドを乗せました、という感じでやりたくて。アレンジもうまくできたと思います。ドラムもデジタルでやりましたからね。こういう曲から金廣節みたいなものが出てればいいなと。

-金廣節は出てますよ。それと「STAY WITH ME」も甘酸っぱい曲ですね。

ある意味めちゃくちゃ青臭いですよね。これはどんな顔して歌うんだろう?考え中です(笑)。それこそ大きなステージをイメージしやすい曲ですね。その曲が持つ洋楽っぽさも気に入ってるので、ライヴでやるのは楽しみですね。

-先ほど話に出ましたが、「夕暮れ」、「スクランブル交差点」は再び寺岡呼人さんと一緒にタッグを組んでます。今回はどうでした?

「イチ、ニッ、サンでジャンプ」、「喝采」で一緒にやりましたけど、今回はさらに詰めることができました。なので曲も洗練されたんじゃないですかね。レコーディングは山中湖でやったんですけど、すごくいい雰囲気でやれたし。

-呼人さんと一緒に手がけた曲以外にも今回シンセを入れてますよね。それはどなたが手がけているんですか?

それは僕が全部やりました。「STAY WITH ME」はほんとに大変でしたね。ほぼデジタルでやると、正解がどこにあるのかわからなくて、そこが難しかったです。

-個人的には今作の中で「STAY WITH ME」が1番好きなんですよね。

あっ、そうですか?ウチのギター(渡邊幸一)も「STAY WITH ME」が1番好きなんですよ。この曲は努力しました。

-シンプルなのに、華やかさもちゃんとありますよね。

これは足し算の音楽ですからね。サビごとにピークを上げていく感じをうまく表現できたと思います。サビや歌詞もシンプルですからね。自分でもいい曲だと思います。化粧品のCMにでも使ってほしいくらい(笑)。

-はははは。そして、今作の歌詞で伝えたいことは?

基本的にはポジティヴに今を頑張っていこう、という気持ちが強いですね。レコーディングが終わってから、特にそう思いましたね。最近のライヴでも結構言ってるんですけどね。歌詞はストイックだと思うなあ。「何とかなるでしょう」だけは楽チンな歌詞ですけど(笑)。いろいろ悩みもあるだろうけど、一生懸命頑張ろうぜって。

-前作で歌詞の書きかたが変わりましたけど、今回は?

「スクランブル交差点」は歌詞先だけど、それ以外はほぼ歌詞とメロは同時に作っていた気がします。「スクランブル交差点」は俺の中でダントツで好きなんですね。歌詞やメロディも大好きだし、よくできたと思います。「inトーキョーシティ」は結構トライした曲なんですけど。

-「inトーキョーシティ」は後半の歌詞がなかったら、救いゼロですよね?これはかなりハラハラドキドキする内容です。

はははは、そうですね。これはよく書けたと思います。たしかに最後の歌詞がなかったら、どうなるんだろって感じですよね。悩んで、結果ポジティヴに前に進んでいこうと。これぐらい振り切って、自己批判というか、自分を表現したら、その逆の言葉が必要だなと思って。すごくいいバランスの歌詞だと思います。

-あと、"命""生きる"という言葉も多いですね。

そうなんですよね。生きるという言葉は多いかもしれない。そんなに死のうと思ってるわけじゃないんですけど。迷って悩んで、結果ポジティヴに生きましょうよって。

-では、今回のレコ発ツアーについて聞きたいんですが。

その前にコンピ『あっ、良い音楽ここにあります。その四』のレコ発を東名阪でやってから、長いツアーが始まります。

-今作の曲がセットリストに入ると、またライヴの雰囲気はだいぶ変わりそうですね。

そうですねえ、変わると思います。今作の曲はほとんどやると思うから、どうなるのか自分でも楽しみですね。とりあえず、全曲ライヴで歌えるようにならなきゃいけないなと。

-全曲ライヴでどんなふうに響くのか、ほんとに楽しみな曲ばかりです。

今までのグッドモーニングアメリカの雰囲気もありつつ、新曲中心のライヴになると思うので、いいステージを見せられたらいいですね。あと、これまでキャンペーンでしか行ったことがない土地も何ヵ所かあるので、そこにまた行けるのも楽しみですね。