Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

BiSH

2018年07月号掲載

BiSH

メンバー:アイナ・ジ・エンド モモコグミカンパニー

インタビュアー:沖 さやこ

グループとしての一体感が出てきたから、今この6人で一斉に歌うとかっこ良くなる気がしてる


-それと同時に『NON TiE-UP』をリリースするのは、本当に攻めてるなと。

モモコ:「NON TiE-UP」はかなりスカッとする曲だと思います。サビの問題のストレートすぎる歌詞は、振付もめっちゃストレートでダイレクトなんですよ(笑)。シングルの表題曲で公式にこういうことができるのはかっこいいですよね。

アイナ:実は「NON TiE-UP」ではちょっと昔のBiSHっぽい感じを入れたんですよ。最近はメンバーのソロを取り入れた振付を考えることが多かったんですけど、この曲では踊ったらかっこいい場所であえてバックに流れてるストリングスやコーラスの音を全力で表現して、おふざけっぽくしてます。モモコに指揮者をしてもらったり、みんなが変顔でオペラを歌ったり――

-シンフォニックになるハシヤスメ・アツコさんのソロ・セクションですか。

アイナ:そうです。あのアッちゃん(ハシヤスメ・アツコ)めっちゃ面白いですよね(笑)。

モモコ:まさに独壇場。あんな壮大なソロ・パート......。観てる人は笑っていいのかどうか悩みそう(笑)。

アイナ:ハシヤスメって没頭タイプだよね? 私情をまったく挟まずその曲の主人公になり切っちゃう。ライヴ中のコントも始まったら、どれだけ自分がバカみたいなことをしていようともピクリとも笑わない。恥ずかしがる瞬間がないよね?

モモコ:変なことをしているときこそアッちゃんが素でいられてる感じもするよね。普通のことをしているときの方が恥ずかしがってる気がする(笑)。

アイナ:わかる(笑)! だからこのソロ・パートがハシヤスメに決まって、本当に良かった~と思ってます。ハシヤスメは振付が決まらないと動かないタイプなんですけど、このソロ・パートだけは振り落とししてない練習の段階から勝手に完璧な動きをしていて(笑)。ハシヤスメ自身で自分を開発したなと。すごいかっこいい!

-6人のユニゾンも迫力があります。

モモコ:BiSHはもともとあんまりユニゾンをしてこなかったんですけど、この曲はそうですよね。グループとしての一体感が出てきたから、今この6人で一斉に歌うとかっこ良くなる気がしていて。だからライヴでやるのが楽しみなんですよね。

アイナ:清掃員のみんなが一斉にあのサビの振付を踊る景色ってどんな感じだろうね(笑)。

-「しゃ!!は!!ぬあ!!あぁ。死!!いてぇ。」はポスト・ロック調で、ラウドやパンク要素が強かったBiSHにはかなり目新しい曲です。

アイナ:この曲は松隈(ケンタ/サウンド・プロデューサー)さんなりのこだわりがめっちゃ詰まっていて......よくわからない領域に迷い込んだ感じがしますよね(笑)。それがめっちゃかっこいい。ZAZEN BOYSっぽいなとも思ってます。"好きに歌って"と言ってくれたので、本当に新しい感覚でレコーディングできてめちゃくちゃ楽しかったです。この曲はまだ振り落とししてなくて、頭の中にイメージはあるんですけど、メンバーに落としたらまた化学反応が起こるんだろうな。それでライヴで育てていけたらいいなって。

モモコ:アイナと真逆なこと言っちゃうけど、これライヴでやる曲じゃないんじゃない(笑)!?

-ははは(笑)。シングル2枚を聴いて、アーティストとしての可能性を広げている時期だなと思いました。

モモコ:これまで私たちは、BiSHというものと一緒に笑って泣いて成長してきたと思うんですけど、これからは私たちがBiSHに新しいものを付け加えられるような存在になって、恩返しができたらいいなって。......アッちゃんのソロ曲を作りたい! GANG PARADEのユイ・ガ・ドクソンさんがソロ・デビューするのを見ていて、BiSHでもできたら面白いなって。アッちゃんソロの衣装はビキニかな(笑)。

アイナ:ハシヤスメ喜びそう(笑)! BiSHはメンバー全員歌詞も書くし、曲ごとに顔が違うので、最近はそれをしっかり表現していくことを意識していて。例えば、アイナが前を張らなきゃいけないところは自分を削るくらい表現したり、アユニが頑張るところはみんなの意識がアユニにいくように立ち回ったり――しっかりパフォーマンスをしたうえで、6人でひとつのものを表現する。そういうことをしていきたいです。

-秋のホール・ツアー"BRiNG iCiNG SHiT HORSE TOUR"(2018年10月より開催)では、横浜アリーナからさらにパワー・アップしたBiSHの姿が見られそうですね。

モモコ:ホール・ツアーが10ヶ所もできるって本当にすごいことだと思っていて。全ヶ所たくさんお客さんが来てくれたらいいんですけど......だからこそ、ここから頑張らないとなと思っています。

-モモコさんは横浜アリーナのMCで"BiSHはここからが力の見せどころ"とおっしゃっていましたものね。

モモコ:これまでBiSHはいろんな人に支えられて横アリまで来れたと思うんですけど、これからはもっと自分たちから掴みに行く姿勢も大切なのかな......と思っています。関わる人が多ければ多いほど、内側である私たちが大事になってくるというか。私たちがどういう姿勢でBiSHをやっていくか、これからBiSHをどうしていきたいかを考えていけたらと思います。

アイナ:アイナの野望としては......横浜アリーナのワンマンを終えたあとに、人生で初めてというくらい、つらい出来事があったんです。でもお休みがなかったので、ずっとそれを心に抱えたまま歌って振付を考えたりしていて、そのときに"悲しい気持ちは表現にすることができるんだ"と知って、"私はアーティストである前にひとりの女性であり、ひとりの人間だったんだ"と思ったんです。自分の人間くさい部分と向き合っていくと、メンバーへの向き合い方も変わってくるのかなと思って――そういう気持ちを持ったうえでツアーに挑むことが初めてなので、自分がどんな表現をするのかすごく楽しみなんです。BiSHの完璧じゃない人間くささに惹かれてくれる清掃員のみんなが、ライヴを観てちょっとでも"救われた"と思ってくれたら最高ですね。