Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

LACCO TOWER

2014年07月号掲載

LACCO TOWER

メンバー:松川 ケイスケ(Vo) 細川 大介(Gt) 塩﨑 啓示(Ba) 真一ジェット(Key)

インタビュアー:山口 智男

-そこからサポートとしてやってもらう中で、彼ならというところが見えてきたわけですね?

真一:初めてやってもらったそのワンマンの打ち上げでもう"入りたい"って言ってたよね。

塩﨑:あ、そうなんだ。真一にはもう言ってたんだ。

松川:俺はそれ全然知らなかった。

細川:その前から啓示は"やろうよ"って言ってくれてたんですよ。それで、僕も入ってやろうかなって気持ちになって、大親友の真一ジェットに相談してたんです。

真一:でも、俺は早いって思いましたよ、正直。

細川:"もうちょっと考えろ"って言われましたもん(笑)。

-でも、何かしら閃きがあったわけですよね?

細川:1番はやっぱり曲が好きってことでしたね。出会いは最悪でしたけど。最初、リハーサルに行った時は人間的には全然合わないと思いました(笑)。

松川:そうでしたね。

細川:誰も時間に来ないし。

塩﨑:時間に来ないわ、ヴォーカルはいないわ。で、(メンバーの)半分以上裸だし(笑)。

松川:ムチャクチャですよ。よくそれで入るって決めたな(笑)。

細川:それぐらい曲が好きだったんですよ。それと、それからずっと一緒にいたんですよ。時間もなかったんで。そこで、いろいろ喋って、あ、僕もこっち側の人間だったんだってわかって(笑)。

塩﨑:こっち側の人間って。あんた独特だよ(笑)。

細川:すごく居心地がよかったんですよ。でも、1番は曲ですね。もちろん、プレイも。僕はケイスケの歌声も好きだし、啓示のベース・ラインも好きだし。真ちゃんのピアノも好きだし、重ちゃんのドラムも好きだったんです。やりながらすごいピーンと来ました。

-逆に、細川さんのこんなところが好きだって話をしてくださいよ(笑)。

松川:ずっと探してはいるんですけど(笑)。

塩﨑:コピーの達人ってこと以外、出てこない(笑)。

松川:いやぁ、今年1番、頭をはたらかせているんですけどね(笑)。でも、やっぱり人柄ですよね。僕と他のメンバー3人はつきあいが長いんです。その中でプライベートもいろいろ見ているし、いいところも悪いところも、歳をとって変わってきたところも全部見ているんで、友達って言うよりはホント、兄弟みたいな感覚なんですね。ふだん、話さなくても何とも思わないし、飲みにいかなくても何とも思わないしみたいなところがある。ただ、彼は1個年下ってところもあったし、ああ見えて、非常に気を遣うところもあるので、人となりが見えてきたとき、ああ、彼なら一緒にやっていてもお互い気を遣わないんじゃないかなって思えたのがよかったですね。僕自身、あまり楽器に興味がないんで......もちろん彼のプレイは好きなんですけど、プレイや音がどうだって言うよりはギターを弾いているその佇まいが好きなんです。そういう意味では、僕が1番、感覚的にいいなぁって彼のことを思っているのかもしれない。プレイそのものよりも、ギターを弾いた時の髪の乱れ方だったり、そういう時はそういうふうに弾くんだねっていう佇まいだったりっていうお客さんに見えるところが僕は1番気になるんで。あとは全員でいる時の彼の表情かな。今までの中では本当に僕はベスト・メンバーだと思います。