Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

FINLANDS

2017年07月号掲載

FINLANDS

メンバー:塩入 冬湖(Vo/Gt) コシミズカヨ(Ba/Cho)

インタビュアー:岡本 貴之

FINLANDSが7月5日に発売するミニ・アルバムのタイトルは"LOVE"。これまでもシンプルな英単語に作品への思いを込めてきた彼女たちだが、今作はその思いをサポート・メンバーを含め全員で共有したことで、より強固な世界観ができたようだ。間違いなく彼女たちにとって代表作になるであろう今作について、メンバーふたりに話を訊いた。

『LOVE』を聴かせてもらいましたけど、最高傑作ができたんじゃないですか?

塩入:できました、はい(笑)。手応えありますね。今回は結構制作期間が長かったので。1曲1曲、今までの倍くらいかけて作っていったので、完成して聴いたときの喜びはすごくありました。

コシミズ:私もそうですね。何ヶ月もかけて作った曲もあるので、できあがりはすごく嬉しかったです。やりたいことをいろいろやれた気がします。

-毎年7月にコンスタントにリリースしていますよね。曲は常に書いているんですか。

塩入:最近は、曲ができたらバンドに持っていくという感じで。でも、ある程度次に作りたい作品の姿が見えてきた時点でバンドに持っていくようにしています。だから常に作ってるわけではないですね。

-今作に向けてどんな曲がいいか作りながらまとめていった感じですか。

塩入:基本はそういう感じですけど、曲ってまたできていくので、それを取り入れつつも形を最終的に整える感じです。

-今作はクリアでバランスがすごくいい音というか、以前よりすっきりして聴きやすい感じを受けました。北海道のスタジオでRECしたらしいですね。

コシミズ:そうなんです。前作『PAPER』(2016年リリースの1stフル・アルバム)は歌だけ北海道で録ったんですけど、今回はオケも札幌市の芸森スタジオで録らせてもらって、歌は別のスタジオ(Musik Studio)なんですけど、それも北海道で録らせてもらいました。

-それって所属レーベル(sambafree)の関係で札幌でやることになったんですか?

塩入:それもあるんですけど、札幌って電圧が高くて電気がきれいらしいっていう話を聞いていて。そういう環境があるならぜひやってみたいなって。"電気がきれい"っていうのがワードとして気になったんです。自然の環境もあると思うんですけど、すごく良かったです。

-すごい山の中にあるスタジオみたいですね。

塩入:非現実的な、普段だったら絶対行かないようなところで。歌以外は、合宿で3日間で録りました。

-それまでは都内や神奈川でプリプロをやっていたんですか。

塩入:4ヶ月くらいずっとプリプロをやり続けていて(笑)。"あれがこうじゃない、これが嫌だ"とか言いながら。もっといいものがあるんじゃないかなって思っちゃって。ずっとできあがらなかったんです。

コシミズ:長かったよね(笑)。

塩入:曲の各楽器との兼ね合いってあると思うんですけど、そこがもうちょっと、"ここをこうしたらこの曲の全貌がもっと見えやすくなるんじゃないか"というか、自分でプリプロを聴くたびに理想が湧き上がってきちゃうことがすごく多かったアルバムですね。

-RECを3日間でやったということは、その長いプリプロが実を結んだというか。

塩入:そうですね。スタジオは昼夕のご飯も決まった時間に出してくれるところで。それを食べてまた演奏してっていう。本当に、"いつぶりだろうこの感覚?"っていう、林間学校みたいな感覚だったよね?

コシミズ:本当に、自分たちの録音のことだけを考えていればいいっていう環境にいることができたので。RECにもそれほど長く時間はかからなかったですね。あと、スタジオで飼ってるオーティス君っていうデッカいワンちゃんがいて。めちゃくちゃデカいんですよ。毎日じわじわ距離を縮めてました(笑)。

-リラックスできる環境だったんですね。それほどテイクも重ねなかった?

コシミズ:わりと少なめでした。

塩入:「オーバーナイト」(Track.7)はリード・ギターを初めて一発録りで録ったんですけど、そのテイクがすごく良くて、それを採用しているんです。正真正銘、一発録りで。すごく感動したのを覚えています。