Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

FINLANDS

2015年08月号掲載

FINLANDS

メンバー:塩入冬湖 (Vo/Gt) コシミズカヨ (Ba/Cho)

インタビュアー:岡本 貴之

4作目のミニ・アルバムにして2枚目の全国流通盤『JET』をリリースした女性2人組ロック・バンド、FINLANDS。生き急ぐような疾走感のあるギター・サウンドに乗せたキャッチーなメロディによるアッパーな楽曲と、言葉をひとつひとつ置いて行くように歌うミディアム・バラードが耳に残る今作は、今この一瞬に発火して飛び立つプリミティヴで力強い感情の発露であると共に、儚くも普遍的な心象風景が同居する力作だ。高校時代からの同志であるふたりに話を訊いた。

-『JET』を聴かせていただくと、叫ぶように歌う塩入さんのヴォーカルと、歌を支えることに徹したコシミズさんのベースが対照的な気がしますが、おふたりは前身バンドTHE VITRIOL(ザ・ビトリオル)から一緒に活動しているんですね。

塩入冬湖:高校時代からずっとやっています。THE VITRIOLはドラマーが抜けることになったんですけど、(コシミズとは)次のバンドでも一緒にやりたかったので。メンバーは入れずにサポート・メンバーを加えてやって行こうということでFINLANDSを結成しました。

-現在はサポート・メンバーのドラマー、ギタリストと共に活動しているとのことですが、正式に4人のバンドにしなかったのは何故なんですか?

塩入:高校1年生のころから一緒なので、そこに新しい人が入ってきたことによる空気感というのは、私たちとは違って来ちゃうと思うので。だったらお互いが気楽にできるサポートの方が良いと思って。まあ、今やっているサポートの人たちは1年以上やっていただいているので、ほぼメンバーとは思っているんですけどね。

コシミズカヨ:ベースとしては、本当はドラマーはサポートじゃなくて正式メンバーの方がいいと思ったこともあるんですけど、冬湖のやりやすいようにするのが1番だなと思って。最近はちょうどいい距離感でメンバーとサポートの関係で成り立っています。

塩入:言わずともお互いわかっているというか、私がやりたいことをやらせてもらっていて、それを支えてくれる部分をカヨがやってくれていて。そこにバンドの核があると思うので、それをさらにサポート・メンバーに支えてもらうという、すごくいい形が取れているなとは思います。

コシミズ:うん、そうだね。

塩入:私はひとりでできることも多くないので、たぶんこの4人じゃなかったらこのアルバムもできなかったでしょうし、活動もできないと思います。

-おふたりが一緒に音楽を始めたきっかけはなんだったんでしょうか? 高校で同じクラスになったとか?

コシミズ:軽音楽部の見学のときに出会ったんです。全然タイプが違ったんで、絶対この人とはバンドは組めないと思っていたんですけど(笑)。

塩入:あはははは!

-第一印象が悪かったんですか(笑)?

コシミズ:第一印象、怖かったですね(笑)。

塩入:私は不思議な人だと思ったんですけど(笑)。"絶対これは無理だ"ってお互いが思ってたことがあとになってからわかりました。

コシミズ:軽音楽部に入っていた女の子たちがどんどん抜けちゃって、残りもの同士で組んだ感じです(笑)。

塩入:15人くらいいたのに、2人しか残らなかったんですよ。結構ユルめの部活だったんで、"だったらバイトするわ"みたいな感じでみんないなくなっちゃって。

コシミズ:気づいたら2人しかいなかった(笑)。

-でもお互いの好きな音楽を話しているうちに意気投合したんじゃないんですか。

コシミズ:う~ん、そうでもなかったよね(笑)?

塩入:なんだろう? 気がついたらずっと毎日一緒にいたので。部活のない日も5、6時間カラオケに行ったりして。その関係が同じように今も続いているような感じで。何かきっかけとかはないですね。

コシミズ:そうですね。

塩入:バンドをずっと続けて行くんだったらカヨとやろうって、今のバンドに誘う前から一緒にやるつもりでいたので。あんまり断られるとか考えてなかったですし。

コシミズ:そうだね、自然に始まったよね。

塩入:前のバンドが解散した次の月にはライヴをしていたので。