Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

グッドモーニングアメリカ

2014年05月号掲載

グッドモーニングアメリカ

グッドモーニングアメリカ

Official Site

メンバー:渡邊 幸一 (Gt/Cho) たなしん (Ba/Cho) 金廣 真悟 (Vo/Gt) ペギ (Dr/Cho)

インタビュアー:荒金 良介

前シングル『イチ、ニッ、サンでジャンプ』でまさに飛躍を遂げ、人気急上昇のグッドモーニングアメリカが早くもメジャー第2弾シングル『拝啓、ツラツストラ』を完成!表題曲はなんとTVアニメ"ドラゴンボール改"のエンディング曲に抜擢され、演奏、歌詞の面でもバンドのさらなる成長ぶりが封印されている。メンバー4人に直撃した。

-唐突ですが、バンド結成当時に何か夢はありました?

金廣:具体的なものはなかったかな。あった?

渡邊:僕個人の話ですけど、最初は英語詞から日本語詞に切り替えたのもあり、エレファントカシマシやMr.Childrenをずっと聴いてて。その辺のアーティストが野音でやると、観に行ってましたからね。それで自分たちもいつか大きいステージでやりたいなと。

たなしん:紙みたいなものに書いたよね?

金廣:ペギが入ってからだよね。

渡邊:そうだ、書いた書いた!

たなしん:何年後にフェス、その後にメジャー・デビュー、武道館まで書きましたね。

-具体的な目標を掲げてたんですね。

たなしん:八王子で企画して100人入れるとか、紙に書いてました。途中までうまくいってたけど、その紙を見ると、あっ、もう今年メジャー・デビューしてたって。

全員:ははははは。

たなしん:早いペースで書いてました。書いてるだけで楽しかったから。

渡邊:武道館を区切りとして書いてました。

たなしん:明確に計画を立てたというより、希望を並べただけです(笑)。

-紙に書いた通りの流れになってます?

渡邊:それに近い流れになってるんじゃないですかね。少し遅れてるかもしれないけど。

-夢を現実にしていく。それがバンドのモチベーションになってます?

金廣:ステップ・アップすること自体が楽しいので、それは糧になるんじゃないですかね。紙に書いたことを全部叶えたくてバンドをやってるわけじゃないけど。駆け上がる、1つの壁を越えていく作業が成功することは楽しいし、面白いですね。

-ステップ・アップするためにバンドとして、どんなことを考えてました?

渡邊:あれがダメだったら、これをやろうって感じで、昔はブレまくってましたね。ライヴでこうしたいという軌道修正はするけど、今はバンドの軸はブレずにいけてるのかなって。

-ブレない軸ができたのはいつ頃ですか?

渡邊:最初は探り探りでしたけど、ツアーも回って、少しずつ来てくれるお客さんが増え始めて、間違えてなかったんだなと。で、さらに続けることで会場が大きくなっていったので。

-間違ってなかった部分というと?

渡邊:今のグッドモーニングアメリカのライヴのやり方ですね。ウチの場合は他のバンドとは違う入り方だと思うし。こうしようと決めたことをやり続けたから。

-それはたなしんをバンドのアイコン的な役割として前に押し出すやり方のこと?

渡邊:そうですね。たなしんの登場だったり、最初やり始めた頃はこういう入り方が本当にいいのかな?と思っていたけど。それを変えずにやり続けているから。そこに関してはコロコロ変えずにやり続けて良かった。

-たなしんはどうですか?

たなしん:最初は必死で、広めたいという気持ちで始めましたからね。バンドが前に進んでいくにつれて、徐々に役割を意識するようになりました。今は自分たちの音楽を伝える手段の1つとしてバランスが取れてきたのかなと。