Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

GANG PARADE

2019年04月号掲載

GANG PARADE

メンバー:カミヤサキ ヤママチミキ ユメノユア キャン・GP・マイカ ココ・パーティン・ココ テラシマユウカ ユイ・ガ・ドクソン 月ノウサギ ハルナ・バッ・チーン

インタビュアー:宮﨑 大樹

前身のふたり組ユニット プラニメから2度の改名、メンバーの脱退/加入/活動休止/レンタル移籍など、波乱万丈とも言える道のりを歩んできた9人組アイドル・グループ、GANG PARADE。彼女たちが4月17日に満を持してのメジャー・デビュー・シングル『ブランニューパレード』をリリースする。今回そんな本作に迫るべくメンバー全員にインタビューを敢行。ここまでの道のりを振り返ると共に、待望のメジャー・デビューを迎える今の心境や、自身最大規模となる東阪野音ツアー"CHALLENGE the LIMIT TOUR"への意気込みを訊いた。

-まずはサキさん、プラニメから数えると約5年、ついにメジャー・デビューということで、改めて今の心境をうかがってもいいですか。

サキ:5年かぁ。自分が旧BiSとしてこの世界に入ったときは、すでにメジャー・デビューできている状況だったので、どれだけありがたいことかを実感せずに最初の1年間くらい過ごしちゃったなと。でもGANG PARADEのメジャー・デビューは、初めて自分たちの力で勝ち取れたことなので、重みがあるというか、静かに嬉しさを噛みしめていましたね。ファンの方も自分が思っていた以上の言葉を掛けてくださることが多くて、すごく嬉しかったです。

-ちなみにプラニメでユニットを組んでいたマリ(ミズタマリ)さんからは、何か連絡とかありました?

サキ:来ていないですね(笑)。でもマリちゃんのことなので、会ったら"おめでとー!"って来ると思います。

一同:(笑)

-ふたりから始まって人数も4.5倍。サキさんは、髪の毛はどんどん短くなるし、変化し続けていくギャンパレ(GANG PARADE)の象徴みたいだなって思いました。

サキ:でも、ギャンパレはこの9人が象徴というか、いいバランス感だと思います。当時からは思ってもいない未来には行っていますね。

-変化という意味では、ポジティヴな変化もある反面、シグサワアオさん、イヌカイマアヤさんの脱退といったネガティヴな変化ももちろんあったわけですけど、そういう状況でも耐え抜いてグループを支えてきたのがミキさん、ユアさんです。そのときの原動力はなんだったんでしょう?

ユア:私はやっぱり音楽が好きだったので、音楽の仕事に携わることができたからもうやるしかないという感じで。だから、やめたいと思ったことは1回もなかったです。そう思えたのは、ミキとサキちゃんがいたからこそですね。

ミキ:半分くらいは意地みたいなものもあったのかな。せっかくこういう活動をして応援してくださる方もいたので、悪い状態だからやめるっていう選択肢を選ぶことは絶対になかったです。私はBiS時代からサキちゃんを推していたんですけど、一時期サキちゃんがグループからいなくなるっていうことがあって――

サキ:(苦笑)

ミキ:"推し続けていた人と一緒に仕事ができる"ってタイミングで、いなくなるっていうことがあって――

-2回言いましたね。

サキ:大事なことだから(笑)。

ミキ:"もっと一緒に仕事をしたい"という気持ちと、いろんな部分で意地とか覚悟があったからこそ、やめないでここまで来ることができたのかなっていう感じはあります。

サキ:今でも彼女(ミキ)がくれたネックレスが家にあるんです。現場に来ていたときにくれたんだよね。

ミキ:よく覚えてるね。

サキ:特典会のときにね。"かわいすぎてキレそー"って。

一同:(笑)

ユア:そのネックレスつけてきてよー。

サキ:今度ね。青と黒の――

ミキ:長方形のね。覚えてるよ。

ユア:なんかこっちがニヤニヤしてくる(笑)。

-それが一緒に仕事をして、こうしてメジャー・デビューを迎えることになるわけですけど、ミキさん、ユアさんの今の気持ちはどうですか?

ミキ:純粋に嬉しい気持ちでいっぱいです。マネージャーから"メジャー・デビューの話が来ているよ"って言われたときは、本当なのか信じられなくて、ドッキリかもしれないとか思っていたんですけど、メジャー・デビュー告知の映像をワーナーで撮らせていただいたときに"あ、本当にメジャー・デビューするんだ"っていう気持ちが出てきました。今までのことを思い返して家で噛みしめていましたし、お客さんが自分たちのことのように喜んでくれたのがすごく嬉しかったです。"こんなに喜んでくれる人がいるんだ"、"そこが何より嬉しいな"って。でも、ここからが新しいスタートであって、この9人だからこそメジャー・デビューの話が来たんだと思うので、9人の形を崩さずにもっと頑張っていきたいなと強く思いました。

ユア:私はまだメジャー・デビューの実感が湧いていなくて。初めてCDを出させていただいたときと感覚が似ているんです。CDがリリースされて、それがCDショップに並んでいるのを見たときに、初めて"本当にメジャー・デビューさせていただいたんだ"って、心から噛みしめられるのかなと思っています。まだ夢なんじゃないかなって感じで。でも、今のタイミングでお客さんやスタッフにおめでとうって言ってもらえることは嬉しいことだし、みんなと喜べたことは本当に良かったなと思います。

-そして、3人組となったところに救世主マイカさんが登場。風向きが変わり始めたタイミングでもあるのかなと思いましたが、当時を思い返すと、どんな気持ちで臨んでいたんでしょうか。

マイカ:私は......緊張で蕁麻疹が出ました! 私が入って5人組になるって聞いていたんですけど、急に状況が変わって4人組になったので、どうにかしなきゃっていう気持ちで。3人が死ぬ気でやっているから、同じ気持ちは味わえないけど、私もそこまで気持ちを持っていかないと一緒に活動できないし、失礼だなって思って。そういう気持ちで初めてのレコーディングを終えて家に帰ったら、急に顔が腫れて、身体にブツブツができて......"まぁ大変"っていう感じでした。

ミキ:まぁ大変(笑)。

-よっぽど緊張していたんですね。

マイカ:オーディション以来、初めてメンバーに会って、"うわ、本物がいるよ"って(笑)。POP時代のライヴを観て、"カッコいいな"、"ここに入って熱いライヴをしたいな"って思ってオーディションを受けたので、楽しみな気持ちも大きかったんですけど、お披露目で全曲やるということで"私が失敗してこれ以上に状況を下げられない"、"私が入って少しでもいい方向に動けばいいな"って思っていました。

-そんなマイカさんの、メジャー・デビューにあたっての気持ちはいかがですか?

マイカ:決まったときは素直に嬉しかったんですけど、今はプレッシャーみたいなものを感じています。今までも一本一本のライヴで"ここは失敗できない"みたいな気持ちがあったんですけど、それが毎日みたいな感じで......。

-蕁麻疹が出ないようにリラックスしてくださいね。

マイカ:そのときはまだメンバーともうまくコミュニケーションが取れなくて、ずっと敬語だったんですよ。"タメ口でいいよ"って言われても、"そんなの無理だよ"って思っていて。でも今はメンバーになんでも話せるし、変化にも気づいてくれるし、もう蕁麻疹は出ないです。