Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

GANG PARADE

2019年01月号掲載

GANG PARADE

メンバー:カミヤサキ ヤママチミキ ユメノユア キャン・GP・マイカ ココ・パーティン・ココ テラシマユウカ ユイ・ガ・ドクソン 月ノウサギ ハルナ・バッ・チーン

インタビュアー:宮﨑 大樹

2018年のGANG PARADEを振り返ると、2月に『BREAKING THE ROAD』がオリコンのシングルデイリーランキングで初の1位を獲得し、3月に月ノウサギ、ハルナ・バッ・チーンが加入。9月には自身最大規模となるZepp Tokyoでワンマン・ライヴを成功させ、彼女たちにとっては飛躍の1年だったと言える。そんななかで発表されたアルバムが『LAST GANG PARADE』。正直言って穏やかではないタイトルだが、本作は文句なしの最高傑作だ。Skream!では、そんな本作の新曲を中心にインタビューを実施。なお、ドクソンいわく"個人的には最初に何も知らずに聴いてほしい。でも、(インタビューを)読んでから聴きたい人もいますよね"とのこと。

-今回のニュー・アルバム『LAST GANG PARADE』のリリースは"GANG PARADE「REBUILD TOUR」"ファイナルの中で発表されたわけですが、穏やかではないタイトルで会場がざわつきましたよね。

ドクソン:お客さんからは意外と突っ込まれないんです。直接は触れてこないんですよ。

ユウカ:うちらに聞くのが怖いのかな。

ココ:ネットでは言ってるよね。でも直接言わない気持ちもわかる。

ミキ:私たちもわからないから何も言えず......みたいな。

サキ:"同じ気持ちだよ"としか言えない(笑)。アルバムの制作前にタイトルの方が先に決まってたんです。

-みなさんも気が気じゃないタイトルだったんですか?

ココ:私はちょっとヒヤッとした。

ユア:お客さんが感じた第一印象と同じようなものをメンバーも感じていましたね。ドク(ドクソン)が気づいてくれたんですけど、冷静に考えてみると一昨年の『Barely Last』っていうアルバムも......。

サキ:あっちの方がヤバいよね(笑)ジャケ写も"崖っぷち"みたいな感じでラスト感が溢れすぎてたから(笑)。

ココ:そのときはザワつかなかったの?

ユア:あんまり。"終わってもしょうがない感"があったのかも。コンセプト的にというか、そういう状況だったから。

ココ:そのときのファンのメンタル強くない? 明らかにラストとして提示されているわけじゃん。

サキ:うちらも麻痺してたよね? 出せるだけありがたい、みたいな。

一同:(笑)

ココ:すごいなぁ、すごいよ本当に(笑)。

ドクソン:だからお客さんにもどっしりと構えている人もいるかもしれないですね。

ユア:そのときに比べるとグループの状況がいい方向に変わりつつあるから、半信半疑なのはあると思うんですけどそこまで深刻になっている人は少なそう。

-たしかに発表したときのライヴが非常に良かったので、この状況の良さで終わることはないだろうなっていうのはみんな思ってたかもしれないですね。ただ、"ちょっと不安だなぁ......"みたいな。

月ノ:それは間違いない。

ドクソン:"FINAL"ってついた方が焦ります。

サキ:"FINAL GANG PARADE"だったら"え......"ってなりますね。

ドクソン:前のBiS(の最後の曲)が「FiNAL DANCE」だから、渡辺(淳之介/マネージャー)さんが"FINAL"って付けたら......マジでヤバい。

一同:(笑)

-そんなニュー・アルバム『LAST GANG PARADE』の新曲を中心に聞いていきますが、1曲目の「LAST」が今回のリード曲ですよね。このタイミングでこういう曲っていうのは、何か意味があるようにも感じます。

サキ:渡辺さんに聞いたんですけど、そこまで深い意味があるというよりも、単純に今の自分たちに見合った曲だと感じてくださったみたいです。"ギャンパレ(GANG PARADE)にとって転機になる曲なんじゃないかな"っておっしゃっていましたし、すごく前向きにこの曲を選んでくださったなっていうのは感じています。これからギャンパレの色に染まっていくんじゃないかなとは思っていますね。

マイカ:今までのギャンパレになかったような曲です。今までだったら歌わないような、今のギャンパレだからこそ歌える歌詞を渡辺さんと松隈(ケンタ/サウンド・プロデューサー)さんが書いてくださっているので、大切に歌っていきたいなと思っています。

-話に出た歌詞が素晴らしいなと思っていて、"何度 何度 壊れそうになって/嵐に打たれても/たとえそれが遠回りなんだって/何も失わない"の部分は、これまでのGANG PARADEの歴史がフラッシュバックするような感覚がありました。

マイカ:そうですね。サキちゃんも(ギャンパレの)歴史を入れたような感じの振付を考えてくれたので、ファンの方には早くライヴで観ていろいろ感じてほしいと思います。