Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

GANG PARADE

2018年09月号掲載

GANG PARADE

メンバー:カミヤサキ ヤママチミキ ユメノユア キャン・GP・マイカ ココ・パーティン・ココ テラシマユウカ ユイ・ガ・ドクソン 月ノウサギ ハルナ・バッ・チーン

インタビュアー:宮﨑 大樹

-ではシングルの話をうかがいたいと思います。表題曲の「CAN'T STOP」はGANG PARADEのシングル表題曲としては珍しい、爽やかでゆったりとした曲ですよね。"CAN'T STOP"というタイトルで、聴く前は激しい曲を想像していたので、いい意味で期待を裏切られました。

ユウカ:私も"CAN'T STOP"ってタイトルを聞いていたので、思っていた曲調と違ってビックリしました。私たちは今まで自分たちのことを歌ってきたことが多かったんですけど、今回は自分たちのことでもありながら、全世界のみんなに向けた優しい気持ちになれる曲になってます。自分の近くにいる人のありがたさとか、そういうものを感じられる曲かなと思います。

-ミキさんはいかがですか?

ミキ:初めて聴いたときは、心が洗われるような曲だなと思いました。それに相まって歌詞も"ひとりじゃないんだよ、みんなで行くんだよ"みたいな、形で言うと丸い、柔らかい曲で。言っていただいたようにギャンパレっぽくないとは思うんですけど、その"ぽくない"曲を個性が強い9人が歌うからこそ「CAN'T STOP」の良さが前面に出ているなと。普通に歌っていても心地いい気持ちになるし、今回もサキちゃんがメインで振付をしてくれたんですけど、みんなで一緒にやれるし、お客さんも私たちの真似したら絶対に素敵な光景になるなっていう振付になっているので、サビは特に絶対にお客さんに振付をやってほしいなって思ってます。

ユア:早くやりたいね。

-サキさんは今回の振付はどういう気持ちで考えたんですか?

サキ:1回みんなにも(この曲に対して)どういうイメージを持っているかを聞いてから作業に取り掛かったんですけど、さっきユユ(ユウカ)が言ってくれたみたいに、自分たちのことじゃなくて、お客さんを感じながらというか、初めて"よりみんなを感じられる曲"だという話が出ました。優しさだったりとか青春だったりとかいろんなキーワードが出てきたので、それをメインにできたらいいなと思って、それをもとに振付しましたね。GANG PARADEってダンスっぽい感じの曲調でカウントにハメる曲が多かったんですけど、今回はカウントをあまり取らないで歌いながら作っていったので、劇を観ているような感じというか、日常っぽい感じというか、メンバーが戯れているところを観ても楽しめます。振付を一緒にやっていても、よりステージを近くで感じられる、いい振付になったかなと思います。

-今回の歌詞はおっしゃっていただいたように人に向けたというような部分をすごい感じました。"みんな違ってみんないい"などウルッとくるような歌詞ですよね。盛り上がるというよりはじっくり聴いてサビはみんなで振付をして、みたいなイメージですか?

サキ:拳を振るみたいなイメージではないですけど、観ていたら朗らかになるかなと思います。フェスとかだったら夕暮れ時とかにヘトヘトになりつつも"あぁ......"って揺れるような感じになるような。

ドクソン:みんなで盛り上がるところは"わぁー"ってニコニコ盛り上がって、曲が終わったときには気づいたらひと筋の涙が......みたいな。

一同:(笑)

マイカ:昨日練習で踊っているのを観ていたら、良すぎて涙が出てきたんですよ。

サキ:いきなり"いいねぇ......(涙)"って(笑)。

マイカ:しみじみと"いいなぁ"って思って。この曲を広いステージとかフェスとかでやっているのが浮かんできたら涙が出てきちゃいました。それぐらいにいい曲なので期待してほしいです。

-ライヴでも泣いちゃいそうですか?

サキ:フロアの景色を観たら泣けるでしょうね。

マイカ:泣いちゃいますよ、本当に。はい。

-振付以外で、歌うという面ではいかがですか?

サキ:レコーディングの感じも今までと違ったんですよね。

ココ:うん、難しかった。

サキ:平坦に歌うような歌唱指導だったんですよ。感情を乗せるけど、乗せ切らずに熱くならないで歌う感じだったので、今までは"ワー!"っていくような感じのサビが多かったのもあって、"どう表現しよう"って向き合いながら慎重に歌ったかなと思います。

ココ:テンション感が難しくて。"82パーセント"で歌ってって言われたんですよ。8割の気持ちを乗せるっていうオーダーで難しかったんですけど......でも、いい感じになってます。

-難しい質問かもしれないですけど、8割に抑えたなかで残りの部分ってどういう感情でした?

ココ:残りの2割ですか? う~ん......100パーセントとか120パーセントを出そうっていうのは自分たちの得意なやり方だったんですけど、別の表現の仕方をやっていかないといけないんだって。毎回新曲が増えるごとに"ギャンパレらしくない曲です"って言ってるんですけど、「CAN'T STOP」も今までになくて、この曲で大人な新しい一面を見せるために8割に抑えたんです......だから残りは"大人の余裕"の2割です。