Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

CIVILIAN

2016年08月号掲載

CIVILIAN

CIVILIAN(Lyu:Lyu)

Official Site

メンバー:コヤマヒデカズ(Vo/Gt) 純市(Ba) 有田 清幸(Dr)

インタビュアー:沖 さやこ

-コヤマさんが立ち向かう歌詞を書いていらっしゃったように、バンドもいろんなものと立ち向かっていこうということですね。

有田:やっぱりそういうマインドは音色に出ると思います。歌を伝えたいという想いは変わっていないし、歌の矛先を研ぎ澄ませるのは俺と純市のふたり。それに準じてナチュラルに変わっていくだけだから。

-そういう背景があって、"Lyu:Lyu"という人名を用いたバンド名から"CIVILIAN(=市民)"へと改める。

コヤマ:"CIVILIAN"は、もともとずっと頭の中にあった言葉なんです。これまでを振り返ってみると、ただただコヤマの心情を歌うという、"Lyu:Lyu"というバンド名のとおりの活動だったなと思うんですよね。だから特定の個人のことではなくて、もっともっと誰にでも当てはまることだったり、いろんな人たちの話だったり――そういうものまでも表現していきたいなと。だから"CIVILIAN"という言葉は、自分たちが目指していることに関してすごくおあつらえ向きの言葉ではないかと。

-ひとりの世界から不特定多数の世界へ――バンドの変化と繋がりますね。約2年ぶりの作品となるシングル『Bake no kawa』も収録曲3曲とも違ったアプローチで、気持ちを素直に音楽にしている印象がありました。特にTrack.1「Bake no kawa」はわかりやすくそういう印象を与える曲だなと。

コヤマ:「爽やかな逃走」(Track.2)と「自室内復讐論」(Track.3)は去年作った曲なんですけど、「Bake no kawa」はついこの前作った曲なんですよね。「Bake no kawa」はまず、ただただ長い曲にしたくなかったんです。とにかく勢いがあって、バキバキッと展開が変わっていって、すぐに終わる......そういう潔い曲が作りたくて。

-なぜそういうものを作ろうと?

コヤマ:もともとの作曲のクセで、僕の作る曲は尺が長いんですよ。だいたい5分超えるし、6分超えもザラだった。それに作曲者としてマンネリを感じていて......いっつも長い曲になるよなーというのが、どんどんつまらなくなっていった(笑)。できあがった曲の長さが同じということは手癖で作ってしまっている、自分の中のセオリーから抜け切れていないということだと思うんですよね。せっかくこうやって新しい名前にしてCDを出すのだから、まずそれを打破したかった。とにかく難しいことをやらず、ひたすら勢いのある曲を作りたいというのが根本にあって作った曲なんです。

-この曲のデモを聴いて、有田さんと純市さんのおふたりはどう思われましたか?

有田:第一印象は"困ったな~"でした(笑)。デモが届いたとき、俺もコヤマと同じように、自分の持っているフレーズの手癖脱却期間だったんですよね。もっと新しいことをしたい! と思っているときにこの曲が届いて、聴いてみたらすっごい派手で印象的なフレーズがバンバン飛んでいる。"さーて、どう料理しようかなー!?"と(笑)。この曲に限らず、より緻密に作りたかったのもあって、"曲が持っているアクセントに対して、ドラムができることは何か?"とアプローチにすごく悩みました。本当に細かいところだからわかる人は少ないかもしれないけど、そういうのを取り入れることによって生まれる塩梅があるし......気持ちよく聴いてもらいたいのは大前提だから、そのバランスを取るのに苦労しました。

純市:新しいな、と思いました。ギター・リフが印象深い曲がうちらにはなかったなと思うんですよね。さらにチューニングも下がってて重たいし......俺もちょうど手癖を脱却したくていろいろやってた時期だったんですよね(笑)。

-口にせずとも、3人とも自然とそこが課題になっていたんですね。

純市:最終的にはシンプルな仕上がりになったけど、ドラムを重ねてみたり、ギターのエフェクターで遊んでみたり、シンセ・ベースをちょっと入れてみたりして。いろいろ面白いエッセンスは入ってるんですよね。

有田:新しい曲はコヤマの情景描写がすごく上手くなっていて。それをもっとわかりやすくしたかったんですよね。だから俺が"これ入れてみようよ"といろいろ提案してみて、コヤマも"じゃあやってみたら?"と言ってくれて。その場で聴いてもらいながら作業をして、たまに"それはなし! この音じゃなくね?"と言われたりしながら(笑)、アレンジを作っていきました。面白い制作でしたね。