Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

キュウソネコカミ

2015年11月号掲載

キュウソネコカミ

キュウソネコカミ

Official Site

メンバー:ヤマサキ セイヤ(Vo/Gt) ヨコタ シンノスケ(Key/Vo) オカザワ カズマ(Gt) カワクボ タクロウ(Ba) ソゴウ タイスケ(Dr)

インタビュアー:沖 さやこ

-そうですよね。今年キュウソネコカミはすでにミニ・アルバムとシングルをそれぞれ1枚出していますし、バンドの活動量でフル・アルバムというのはなかなかハードでは。

ヨコタ:だからすべてを並行してやっていましたね。だから録りの期間は長かったんです。作ってるときは大変だな......と思ってたけど、考えてみると基本的に俺らインディーズ時代からずっとスケジュール的に大変なんですよ。何かしらずっと追われてる感じがあるので、いつも余裕ないですね。

ヤマサキ:そんなにパンパン作れるバンドじゃないんですよ(笑)。だから今、ストックゼロですよ。毎回ゼロなんです。よく他のバンドが"ストックの中から選んで~"とか言うてるけど"マジか!!"と思うよな。

ソゴウ:でも今回はちょっと早め早めにという意識はあったよね。時間も多めに取ったし。今までずっといつもギリギリにできるという感じだったので、今回は余裕を持ってやりたくて。型があって、そこに落とし込んで曲を量産できるバンドじゃないんで。1曲1曲"前とは違う曲を"と思って作ってるから、時間はかかりますね。

ヨコタ:今は前みたいにライヴで新曲を馴染ませていくタイミングがなかったりもするので、ライヴの景色を想像して曲を作ってますね。今回はフル・アルバムなので、曲ごとに違ったことをやってやろうという振れ幅がでかくなって。だからミニ・アルバムよりもシブい曲はよりシブく、面白いものは面白く振り切れたから、ある意味"気が抜けてるんじゃないの?"みたいな曲を入れても大丈夫、という感じですね。

-『人生はまだまだ続く』は"キュウソネコカミってこうだよね!"と思うサウンドの中に、いろんな音楽性やアイディアを感じさせるものが多くて。これまで積み重ねてきたものに、今までやってきていないことをスパイスとして入れているアルバムだと感じましたが、どういうイメージのもと曲作りを?

ヤマサキ:......今の通りちゃう? 今まで積み重ねてきたものに、スキル・アップしたぶん入れられるものを入れている――僕らが散々インタビューで固めてきたことを今言ってくれました(笑)。正解!! ずっと"『大事なお知らせ』(2012年12月リリースの2ndフル・アルバム)をブラッシュアップさせた"って言うてて。

ヨコタ:スキル・アップしたぶんいろんなことがいい感じになっているので、インディーズ時代にやってきたことに、それをちゃんと落とし込んで。ここで今までと大幅に違うことをしても、みんながついてこれないとも思うし。単純に"RED HOT CHILI PEPPERSみたいなことやろう!"という発想から生まれた曲もあったので、今回はそれをそのまんまやったり......みたいなパターンが多かったんです。そんな感じで曲を作っていったらバラエティに富んだというか。

ヤマサキ:機材も良くなって、スタジオも変わったし。エンジニアさんも今回はひとりに全曲をやってもらったんです。そのエンジニアさんは仕事を選べるくらい優秀な人なんですけど、僕らのことを"人間的に好き"と言ってやってくれていて。チームのグルーヴ感がすごく上がってるんです。

ヨコタ:そういう優秀なエンジニアさんが"レコーディングが楽しい"と言ってくれるんで、"あ、この感じで間違っていないんだな"と思って。......音の追究とか、こんな音にしたいというところはめっちゃ考えたけど、どっちかというと遊び心で回っていたというか。アイディア出しまくりで楽しかったですね。

ソゴウ:チームのグルーヴ感も上がっていたこともあって、レコーディングもスムーズに予定通り進んだんです。"こういうことがしたい""じゃあこういうのはどう?"という、エンジニアさんとの意思疎通が速かったというか。気持ち的には今までよりラクにできました。

ヤマサキ:合宿みたいで楽しかったですよ。今回は半分くらい東京で録ったので、それが良かったですね。新境地というかね。

-ああ、今回初めて東京でも本格的にレコーディングをなさったんですね。

ソゴウ:僕らは意地で関西でやってるから、東京で録ることに嫌悪感がちょっとあったんですけど、やってみたら"あれ、こっちの方がいいかも......"と思って(笑)。快適でした。

オカザワ:出前取るのも楽しかったですね。いい息抜きにもなるし、みんなで飯食う感じが良かった。今回は合計で1週間くらいそんなふうにレコーディングをしていったので、そういうことも含めてグルーヴができあがっていったところはありますね。

ヨコタ:他の人がレコーディングしてる間、まあまあTV見てたもんな(笑)。レコーディング・チームが東京の人なので、その人たちのホームである東京での空気感に俺らも乗っていくと、結構リラックスできて。そこがめっちゃ良かったと思いますね。

オカザワ:ちゃんと俺らのことを好きな人たちが、ちゃんと周りにいてくれてるから、それがすごくプラスになってるし。俺らも安心して任せられる。

-それは音楽家や表現者にとって、とても大事なことですよね。そしてキュウソネコカミは"ディス"や"不平不満"を歌うというイメージも強いですが、『ウィーアーインディーズバンド!!』(※2013年10月リリースの1stミニ・アルバム)あたりから世界平和を歌うようになったり、メジャーに行ってからはハッピーなことを歌うことも多いですし、"ディス"や"不平不満"の描き方も変わってきて。

ヤマサキ:昔は怒らないと歌詞が書けなかったんですけど、今はもうなんでもいけます(笑)! メンバーも周りのみんなも頑張ってるのを見てるし、作らないと生活できないし、前に進まない。「GALAXY」(※2015年1月リリースの3rdミニ・アルバム『ハッピーポンコツランド』収録。TVアニメ"ドラゴンボール改"EDテーマ)で初めて題材をもらって歌詞を書く経験をして、自分の身に降りかかった出来事以外でも歌詞が書けるようになってきて。それから歌詞の幅は"なんでもこいや!"というスタンスにだんだんなってきましたね。今も歌詞の題材をメモしてるんですけど、そこから広げるのも上手くなってきた気がするし。だから今回のTrack.3「イマジネンス」も"イメージ"というところから始まって、いろんなところに飛んでいく......そういう歌詞が書けるようになったと思いますね。

-そうですね。歌詞の表現の幅は広がっています。

ヤマサキ:今までは個人的な怒りをぶちまけて"わかってくれよ!"と訴えたり、完全なリサーチであるあるを歌ったりとかが多かったんですけど。今は聴いた人の心に残る歌詞を書けるようになりたいと思っていて。だから主人公が限定されない歌詞も書けるようになりましたね。......強くなったなと(笑)。