Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

POLYSICS

2017年12月号掲載

POLYSICS

メンバー:ハヤシ(Gt/Vo/Syn/Prog)

インタビュアー:吉羽 さおり

-その大変な時期を経てようやく新体制でスタートできるのは大きいですね。また、「I Have No Idea」も面白い曲です。あまりなかったタイプのロックンロールな曲で、これはどうですか。

この曲は、それまでバンドっぽいものを作っていたので、あえてテクノ・ポップみたいのを作ろうとしたら、こうなっちゃったみたいな感じでしたね。想像以上のものになるなっていうのは、これを作ったときも思いましたね。テクノ・ポップだけど、もっとガレージっぽい感じになって。でもギターは、PLASTICSみたいなペラペラなもので。このときは実際、曲ができなかったときだったので、"I Have No Idea!"っていう心の叫びが歌詞になってます(笑)。

-それもある種の初期衝動感ですね。

そうですね。残っている曲はわりと初期衝動溢れる曲というか。煮詰まって、アレンジを二転三転した曲は、ほとんど入れてないかもしれないですね。

-だからより、バンド感があるアルバムだなと思うところでもあったんでしょうね。そしてラストの「ロックンロー」では、"メッキが/いとも簡単に剥がされちゃってく"とか"謎のブーム 過ぎ去って"とかシニカルな歌詞になっています。

皮肉っぽいのは基本そういうスタンスなんですけど、年々、歌詞を書くのが楽しくなってきているかもしれないですね。ノってきたらの話ですけど。それまでは、まったく意味がなくてもいいやと思っていたんですけど、もうひとつフックが欲しいなというときに、意味がないと弱いなというのは前作の『What's This???』くらいから思うようになってきて。言いたいことがなきゃないでそれはいいんだけど、ただ意味なく気持ちいい言葉を発していればいいわけではないなっていう。だったら自分は、ほかの人がテーマにしない曲を──それこそさっきの「Sea Foo」じゃないですけど(笑)。それを楽しく、全力で歌うのが好きなんだなっていうか、それが自分が書きたい曲かもしれないなと思いますね、最近は。「Cock-A-Doodle-Doo」も、鶏の(顎の)プラプラの部分を歌うのは、俺だろうっていう感じで作ってますね。

-たしかに(笑)。

もっといろんなテーマで、面白い曲を作っていきたいなと思いますね。自分自身が今までそんなに歌に応援されてこなかったので(笑)。応援というか、そういう歌を受けて"よっしゃ頑張ろう"と背中を押されるというよりは、ギターかっこいいとか、シンセ面白いとか、バタバタしてて最高! っていうのが、好きなタイプだったので。自分がそういう(応援のような)歌は書けないし、それを書くとやりたいことと違うなっていうふうに思うんですよね。そういうのは、昔は恥ずかしいという言葉で片付けていたんだけど。なんで恥ずかしいのかなって思ったら、そもそもそういう音楽を聴いて、バンド始めようと思ったわけじゃなかったなっていう。

-変化や心境の変化もあるけれど、根っこは変わらずというものですね。今回のアルバム・タイトル"That's Fantastic!"は、楽曲タイトルでもありますが、このフレーズはすぐに決まったものですか。

1曲目のタイトルが、デモ段階から"That's Fantastic!"と付いていて。サビでもそれを連呼していたので、これをタイトルにしたいとみんなに提案したときには、いいねってなりましたね。

-最初の、デモに付けたときはどういうイメージで?

最初にこの曲の青写真的なデモができたとき、ちょっと難解ではあったんですけど、スケールとか理論とかを無視して曲ができていく感じって、やっぱり俺好きだなと思って。楽しいなって、単純に思ったんですよね。それこそサンプリングなので、音ネタの勢いとかテンションで、フレーズができあがっていくという曲なので。思えばポリの初期の曲とかは、シンセの音色一発で曲ができるみたいな感じで。スケールもキーもないみたいな曲なんですよね。それだけじゃ20年も続けてこれないんですけど(笑)。そういう感覚は大事にしないとなって。さっきも言ったように、この「That's Fantastic!」を作るときはちょっと煮詰まっていたときでもあったので。でも、いろんなことを取っ払って曲を作るのは面白いなと思って付けたタイトルではあったのかもしれない。

-魔法がかったポップさとか、マジカルな瞬間がある曲のイメージにもまさにピタリときてますね。"ほら耳かっぽじってよく聴け"とガツンと歌ってますけども(笑)。

そう。みんな結構、特に若い子とかはどうしても、最初の掴みが弱いと聴かないんですよね。あれは嫌なんだよなぁ。俺、YouTubeとかで音楽を聴く気になれなくて。あれって、俺の中では動画サイトだから(笑)。

-そうですね。

ああいうもので、身体的に音楽をエンジョイできないんですよね。音楽をエンジョイできないし、新しい音楽に出会おうっていうのもないというか──気になるバンドのライヴ映像を観るのはもちろんあるんですけど。それを、ちゃんとCDで聴きたいなと思うし。あと、"ほら目もっと開けよ"というのもそうなんですけど、前もこういう話をしたと思うんですけど、ネットが広がるともっと面白い音楽が世に溢れてくるだろうなと思ったんですよね。いい時代が来るだろうなと思ったんです。オルタナティヴな音楽が好きな人間としてはね。でもわりと、溢れ返りすぎちゃって、結局どれを聴けばいいかわからないというのが、今の子たちの現状だと思うんだよね。だからみんなが聴いているものを聴くし、みんなが見ているものを見て、いいなと思うわけだし。あとは、動画サイトとか音楽ストリーミング・サイトでもそうだけど、1個好きなものがあったら、"あなたが好きなもの"って、どんどん出てくるじゃないですか。

-関連で、おすすめの曲やアーティストが出てきますね。

その出会いはいいと思うんだけど、結局、その自分の好きなものの枠を超えられないというか。

-あぁ、発見ではないですね。

そうそう。Perfumeを好きな子がいたとして、そういう音楽をいっぱい聴くぶんにはいいんだけど、その子がDEEP PURPLEとかに出会うことは、そのなかではまずないじゃないですか。でも、もっと視野を広げたときに、"あれ、私好きかも!?"っていうものがあるかもしれない。俺はそうやって出会ってきたから。ライヴハウスに行ったりとか、バーで流れていたりして、CHEAP TRICKっていいんだなって思ったこととかね(笑)。知り合いの人がこれいいよって教えてくれたり、自分でレコード屋に行ったりして、聴いたことないものを聴いてみよう、あそこで流れていた音楽を聴いてみようってすることや、聴いて自分のスタイルに取り入れたりすることが、どんどん減っていってるなという気がしていて。もったいないというか。つまらないなっていう感じですかね。自分も便利なテクノロジーの恩恵は受けてるけど、俺は「Sea Foo」止まりにしておきたいなって(笑)。