Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

NEWS

Japanese

緑黄色社会、本日5/11公開の"THE FIRST TAKE"で「陽はまた昇るから」を長屋晴子(Vo)&小林壱誓(Gt)によるふたり編成で一発撮りパフォーマンス

2022.05.11 18:00

緑黄色社会、本日5/11公開の"THE FIRST TAKE"で「陽はまた昇るから」を長屋晴子(Vo)&小林壱誓(Gt)によるふたり編成で一発撮りパフォーマンス

緑黄色社会

Official Site

緑黄色社会が本日5月11日22時公開の"THE FIRST TAKE"に登場する。
 

緑黄色社会 - 陽はまた昇るから / THE FIRST TAKE
 
披露するのは、先月リリースされたばかりの最新曲「陽はまた昇るから」。現在公開中の"映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝"のために書き下ろされた楽曲で、作詞を小林壱誓(Gt)、作曲を穴見真吾(Ba)が担当。"日々笑いの絶えない野原家のような家族でもふと感じる寂しさは、その温もりを知っているから"。そんなささやかな幸せを思って制作された、バンドの新たなカラー・バリエーションを提示するポップ・ソング。
 
今回、"THE FIRST TAKE"のための特別バージョンとして、長屋晴子(Vo)、小林壱誓のふたり編成で披露。小林が奏でるアコースティック・ギターのサウンドに長屋の弾むような歌声が見事に融合した美しいハーモニーの「陽はまた昇るから」にぜひ注目してほしい。

 
なおSkream!では、穴見真吾のコラム"部屋とけん玉と穴見"最終回を公開中。
 

緑黄色社会 穴見真吾(Ba)の"部屋とけん玉と穴見"【最終回】

 

▼リリース情報
緑黄色社会
5thシングル
『陽はまた昇るから』
NOW ON SALE
[EPIC Records Japan]
 
ESCL-5648_shokai.jpg
【初回生産限定盤】(CD+Blu-ray)
ESCL-5648~9/¥3,900(税込)
※三方背BOX
 
ESCL-5650_shinchan.jpg
【初回生産限定クレヨンしんちゃん盤】(CD)
ESCL-5650/¥1,200(税込)
※「クレヨンしんちゃん」コラボスリーブケース
 
ESCL-5651_tsujyo.jpg
【通常盤】(CD)
ESCL-5651/¥1,100(税込)
※初回仕様:描き下ろしメンバー・イラスト・ステッカー(4種のうち1種ランダム封入)
 
[CD] ※共通
1. 陽はまた昇るから ※「映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝」主題歌
2. 時のいたずら
3. 陽はまた昇るから-Instrumental-
4. 時のいたずら-Instrumental-
 
[Blu-ray] ※初回生産限定盤
WOWOW×緑黄色社会 Special Live "PRISM"
1. merry-go-round
2. inori
3. LITMUS
4. 視線
5. ずっとずっとずっと
6. あのころ⾒た光
7. 幸せ
8. Brand New World
9. アーユーレディー
10. それなりの⽣活
11. Mela!
12. LADYBUG
13. Shout Baby
14. これからのこと、それからのこと
15. Alice
16. sabotage
 
■購入はこちら

 

▼ツアー情報
"Actor tour 2022"
5月15日(日)石川 本多の森ホール
5月28日(土)新潟テルサ
6月4日(土)愛媛 松山市総合コミュニティセンター キャメリアホール
6月6日(月)香川 レクザムホール 小ホール
6月16日(木)福島 白河文化交流館コミネス ※振替公演
6月18日(土)宮城 仙台サンプラザホール ※振替公演
[チケット]
全席指定 ¥5,500
※3歳未満入場不可
詳細はこちら

 

▼ライヴ情報
[緑黄色社会×日本武道館 "20122022"]
9月16日(金)、17日(土)日本武道館
[チケット]
全席指定 ¥7,700

 

▼映画情報
shinchan-movie.jpg
"映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝"
公開中
原作:臼井儀人(らくだ社)"月刊まんがタウン"(双葉社)連載中/テレビ朝日系列で放送中
監督:橋本昌和
脚本:うえのきみこ / 橋本昌和
製作:シンエイ動画 テレビ朝日 ADKエモーションズ 双葉社
声の出演:小林由美子 / ならはしみき / 森川智之 / こおろぎさとみ ほか
ゲスト声優:川栄李奈 / ハライチ
主題歌:緑黄色社会「陽はまた昇るから」
配給:東宝
■公式HP:https://www.shinchan-movie.com/
©臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2022

関連アーティスト

緑黄色社会