Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

SHIT HAPPENING / IRabBits / ポタリ / LOOKLIKE

Skream! マガジン 2018年08月号掲載

2018.06.18 @下北沢LIVEHOLIC

渋江 典子


この日は出身も編成もバラバラの4バンドが下北沢に集結。元気良くフロアから登場したのは、兄弟ならではの絶妙サウンドが魅力の京都発3ピース・メロディック・ポップ・バンド、LOOKLIKE。"月曜からよう来てくれたな! みんな手挙がる?"とHAYATO(Vo/Ba)が声を掛け「Journey」からスタート。アップテンポな曲を3曲連続で披露し、フロアからは拳が突き上がる。新曲「cherry blossom」のあとHAYATOは"そのひとつのモーションが嬉しいです、本当に"と手応えを嬉しそうに語り、週初めのライヴハウスに集まったオーディエンスをミディアム・バラード「あなたへ」で労る。「記憶」、「coloring everyday」で熱気に包まれた会場がピース・サインで彩られた。


続いて登場した愛知出身のガールズ・バンド ポタリは、「Scope」、「Are you ready?」、「ナイショ ナイショ」と立て続けに王道のナンバーを投下する。"この4人になって6年目。嘘じゃなくて過去最強、一番自信がある。今の音を届けたい"と鈴木奈津美(Vo)が自信を語り披露したのは、エッジの効いた「AGFG」、エネルギッシュな「走る」。現在全国ツアー真っ最中の彼女たちはライヴ・バンドとしての進化を遂げているようで、中西詠美(Gt)と内田愛子(Ba)のお立ち台での堂々としたパフォーマンスが印象的だった。今の彼女たちには"かわいい"よりも"カッコいい"が似合う。


3番手のピアノ・ロック・バンド、IRabBitsが「9%」を演奏すると、会場は一気にダンス・フロアへと化した。"平日の朝から......朝じゃねぇわ!"と竹下麻衣子(Vo/Pf)が笑いを取る(素で間違えたようだが)など、面白いMCも彼らの魅力のひとつ。だが演奏が始まると、さっきまで笑っていたのが嘘かのような力強い目力で手拍子やコールを求め、オーディエンスの手を取り、会場にいる全員と拳を突き合わせる、その気迫は圧巻だった。"なんかこの近さハマるなぁ"と竹下が嬉しそうに話したあと、「未完成なあいのうた」へ。"What you say?"の大シンガロングが会場の一番後ろまで響き渡る。最後は定番曲「I LOVE IT」で、抱える悔しさのすべてを正解にしてくれた。

トリは結成10周年のSHIT HAPPENING。"今日はこれだけを想ってやります! 3周年おめでとう、来てくれてありがとう、最後まで楽しもう!"と小野﨑建太(Vo/Gt)が叫び、「Spider」からスタート。MCを挟み、赤と青のライトに照らされながら「Howling」でフロアを揺らす。アグレッシヴな「透明人間」に続き、"今日という日をこの曲で写真のように思い出してもらえたら"と「Photograph」を披露。"僕ら永遠が欲しいわけじゃない"というエモさ全開の歌詞に会場が酔いしれた。「彗星」で本編を締めくくると小野﨑は、"(ステージから)下がんのもアレだしな"と間髪いれずにアンコールへ。岩瀬晃二郎(Gt/Cho)の"やりたい曲がある"という希望に応え「Over」で幕を閉じた。