Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

B.O.L.T

2022年08月号掲載

B.O.L.T

メンバー:内藤 るな 高井 千帆 青山 菜花 白浜 あや

インタビュアー:宮﨑 大樹

B.O.L.T初のEPは、移り変わる天気のように様々な感情が表現された作品だ。どついたるねん、KNOCK OUT MONKEY、BACK LIFT、POT(※五十音順)といった豪華アーティストからの初提供曲や、前作に引き続きHold Out Hopeからの提供曲もあり、多彩な作家陣からの楽曲が揃う本作。今回は全曲余すところなく収録順に話を訊いていったので、ぜひCDを聴きながら本稿を読んでいただき、『Weather』の世界に浸ってもらいたい。

-1st EP『Weather』は、温かい作品だなと思いました。

高井:お天気によって気持ちが変わっていくなかで、曲や歌詞や何かしらが寄り添ってくれるポイントが絶対にあるという面では、温かいというのは共感できますね。

-それと、どことなく懐かしさがあるなぁと。2000年代のメロコア、ポップ・パンクのエッセンスを感じるからだと思うんですけど、当時の音楽をリアルタイムで聴いていない世代のみなさんとしては、そういう懐かしさみたいなものはありましたか?

高井:何か懐かしさみたいなものはあって。それはたぶん自分だけじゃないだろうなと思います。ファンのみなさんも、懐かしさを感じたりするのかな?

白浜:特典会とかで"あれが懐かしい"、"あのサウンドはUSポップ・パンクっていうんだよ"とか教えてくださるファンの方はいらっしゃいます。

青山:ファンのみなさんの曲への対応が早いというか、すぐに一体感を作れるというのは、そういうことなのかなと思います。

-あぁ。ライヴでのノり方が身体に染みついているというか。

青山:そうですね。初めて披露したときに踊ってくださるのは、それがあるんじゃないかなぁと。

-拳を上げたくなったり、シンガロングしたくなったり、ライヴで盛り上がりそうな曲が多いのもポイントですよね。

高井:B.O.L.T初のリリース・イベントを開催中で、初めて観てくださる方も多いんです。そのなかで、わかりやすくノれるものがありますし、あとは夏フェスの空間にピッタリだと思います。例えば「One Life」のイントロでうわぁー! って走って出ていったりして。夏フェスでも活躍できる曲が増えたというか、また幅が広がったなというのは感じます。

-このEPがあれば今年の夏フェスも戦っていけそうですか?

高井:戦えます(※ドヤ顔)。

一同:(笑)

-1曲目の「One Life」は、疾走感があってエモーショナルな、王道のメロコア楽曲に仕上がっていますね。POTからの楽曲提供は初めてですけど、B.O.L.Tらしさが溢れていて。

高井:いろいろな曲の中でも、「One Life」はライヴでやっている画がすぐ浮かびました。サビの"忘れないで、逸れないように"という歌詞は、ファンの方に向けて伝えたいなと思いました。"泣きそうになっても、経験とか思い出を胸にしていれば大丈夫!"って背中をドンと押してもらえる曲になっていて。

青山:B.O.L.Tも3周年を迎えてどんどん前に進んで、ポジティヴに頑張っていこうという気持ちがあるんですけど、この曲もずっとポジティヴで、悲しいことがあったときも前に進んでいこうという歌詞になっているんです。B.O.L.Tと、曲に込めた気持ちが上手く合わさったんじゃないかなと思います。

-音楽ジャンルだけじゃなく、マインドも合っていた。

青山:はい。気持ちとかも合体したんじゃないかなと思いますね。

内藤:「One Life」は落ちサビの前にひと息で歌うパートがあるんです。そこは結構大変でした。でも、そのパートの歌詞が「One Life」の中で伝えたいなと思うことでもあるので、ひと言ひと言を取りこぼさずに、しっかり歌っています。

-そこは注目ポイントですね。リード曲の「BY MY SIDE」は、「Reborn」(2021年12月リリースの3rdシングル『More Fantastic』収録曲)に引き続きHold Out Hopeからの提供です。イージーコア要素のある強く歪んだギター・サウンドと、4人のポップな声のコントラストが印象的なポップパンク・ナンバーですが、どうしてこの曲がリード曲になったんでしょうか?

長島幸司ディレクター:これを作りたかったんです。MACHINE GUN KELLYとか、現行のアーティストのリファレンスがいくつかあって。それを日本でやっている人がほとんどいなかったので、アイドルでやってみようと。他の曲も良かったんですけど、狙い通りにできあがったので良かったなと思う曲ですね。

-この方向性はB.O.L.Tのひとつに武器になっていきそうですね。

高井:この武器を担いで、戦います!

内藤:なんか今日は強いね(笑)。

-(笑)女性(haruka)が書いている歌詞なので、感情移入しやすい曲でもあったように思います。

内藤:『Weather』の曲をまだ貰っていないときに、ディレクターさんから"私が普段聴いてそうな曲が入っている"と聞いていて、楽しみにしていたんですよ。で、「BY MY SIDE」を聴いて"これだ!"と思って(笑)。B.O.L.Tが今までリード曲で歌ってきた恋愛ソングって、食べ物寄りの曲の中に恋愛の要素がある感じだったんです。今回もお天気は絡んでいるんですけど、強気な恋愛の歌詞になっています。私はそういう歌詞がめっちゃ好きで。"君"じゃなくて"あんた"とか言うような歌詞が好きなんです。なんて言うんだろう? 海外の言葉を和訳したときに出てきそうな感じの歌詞ですね。恋愛ソングになかなか入らないような難しい言葉も入っているけど、カッコ良く歌いこなせられたらいいなと思いながら、レコーディングさせていただきました。

青山:この曲の女の子は強気なんですけど、好きな男の子に本当の想いを伝えたくても伝えられない、という恥ずかしさもあって。そういう気持ちを表現するのが難しかったです。私が歌っている"あんたのためのおめかしじゃないわ!"という歌詞でも、ただ強く歌ったら強気なだけの女の子になっちゃうし、弱く歌ったら弱い女の子になっちゃうので、恥ずかしさも交ぜながらの強さを上手く歌えるように頑張りました。

高井:ソロ・パートが多いので、ひとりひとりそれぞれの強い女性を演じているように歌っていて、4通りの歌い方を感じてもらえるかなと思います。

-MVも制作されているのですが、衣装も含め、音源だけの印象よりもポップでカラフルな映像に仕上がっていますね。

高井:衣装はY2Kな感じと夏らしさが加わっています。こういう曲調なので、キメるような顔をすることが多かったんですけど、監督さんからは"テンション高めの全力なスマイルも欲しい"と言っていただいて。曲を1回聴いただけでは想像できないような表情とかもMVで撮ったので、B.O.L.Tのいろんな面を見せられるのかなと思います。バチバチに決めて自信を持った強い女の子でいるB.O.L.Tと、今までの笑顔のB.O.L.Tが、どっちも交ざっていますね。

-EPから最初に先行配信されたのが、どついたるねん提供の「New Day Rising」です。"あーメンドクセぇー"、"あーかったりぃー"って、アイドルがあまり歌わないような面倒臭がりな感情が出ていますけど(笑)、この曲の第一印象はどうでしたか?

高井:"B.O.L.Tだなぁ~"って(笑)。でも、どついたるねんさんの面白い感じとかも入れていただいて、口調とか、言葉の並べ方とかも新鮮だなと思いました。私は"明日野郎は馬鹿野郎"というフレーズが好きなんです。最初はぶっ飛んだ系というか、変わった曲で面白いなと思ったんですけど、ライヴでやっていると、笑って泣ける、王道な曲なんじゃないかという印象に変わってきて。サビでは、みんなで肩を組んで一体感を出せる曲で、遊び心がありつつも、私たちにとっては一周回って王道になるのかなと感じるようになりました。曲単体で聴いた印象と、ライヴでやっていくなかでの印象が変わっていったので、ファンのみなさんにも、そういう違いとかを感じてもらえたら嬉しいなと思いますね。途中の、私とるんぱん(内藤)の聴いていてムカつくようなパートがあると思うんですけど(笑)、そこもライヴで遊べるポイントです。

内藤:そこのパートは、言ってしまえば"邪念"みたいなパートじゃないですか? "やりたくないことを後回しにして、楽しいことやっちゃいなよー"って、天使と悪魔みたいに分かれるから、最初は振付がどうなるのかまったく想像がつかなくて。でもダンスの先生が面白い感じに仕上げてくださったので、そこも注目してほしいです。

白浜:振付は精神年齢5歳児みたいな感じです(笑)。サビのところに遊び心があります。

-どついたるねんからのコメントによると"やりたくない事は先延ばしにしちゃえ、やりたい事やろう!"というメッセージが込められているそうで。

内藤:「SLEEPY BUSTERS」(2020年7月リリースの1stアルバム『POP』収録曲)もそうですし、B.O.L.Tに時々あるこのマインドが好きなんです。B.O.L.Tだから歌える歌詞だと思うし、あえて頑張らせない応援歌というか、こういうマインドの曲が来てすごく嬉しかったですね。

-それと、アウトロで何か喋っている感じも2000年代のパンクにそういうのがあったなぁと、懐かしさがありました。

高井:もともと録る予定だったのかはわからないんですけど、歌を録り終わったあとに"ちょっと喋って"と言われて。とりあえず喋ってみたら尺に収まらなくて、なのにそれが使われたという(笑)。ビックリしました。

-あれ、何を言ってるんですか?

高井:聞かれると恥ずかしいんですけど、2パターン録ったんです。尺に入らなかったほうは"最近あやなの(白浜&青山)ちゃんは成長期って言われていますけど、私にもまだ希望がありまして、実はこの前病院に行ったら、骨がまだ子供だから伸びるよって言われたんだよね。入らなかったー!"みたいな(笑)。もうひとつは、"みなさん、このアウトロで好きに喋っていいと言われたので、喋りたいと思います。実は私――"というところで狙って切れるものを録りました(笑)。

青山:レコーディングが終わったあとに曲を聴いたら、"え? なんか誰かの声が聴こえる。骨が何!?"って(笑)。曲が終わっても最後まで楽しめるのがまたいいなと思って、お気に入りです。