Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

グッバイフジヤマ × 挫・人間

2016年11月号掲載

グッバイフジヤマ × 挫・人間

グッバイフジヤマ

Official Site

グッバイフジヤマ:中山 卓哉(Vo/Gt)
挫・人間:下川 リオ(Vo/Gt)
インタビュアー:松井 恵梨菜 Photo by 川村 隼也

-グッバイフジヤマが11月2日にリリースする初のフル・アルバム『この胸いっぱいの愛を』は、先ほどおっしゃった"枠にとらわれずに楽しいことをやろう"という感じや、現在のバンド内の関係性の良さがすごく音楽に出ているなと思いました。

中山:新しいメンバーでやり始めたけど、昔好きでいてくれたお客さんって、もういなかったりするじゃないですか。でも、一時期でも好きでいてくれた人がいるおかげで今も音楽がやれてるんだなと思えたので、そういう人たちにももう1回聴いてもらえるきっかけになればいいなと。「この胸いっぱいの愛を」(Track.10)という曲は、今まで音楽をきっかけに出会った人たちに向けて書いた曲なんです。アルバムもそういうコンセプトで、意外と真面目に書きました。"枠にとらわれずに"というのが、もしかしたら挫・人間と一番近い部分なのかもしれない。バンド内の仲の良さのおかげで、やりたいようにやれてるっていうのが。

-たしかに、音楽性や表現の仕方はまったく別物だなと思うんですけど、やりたいことを一途にやってるという意味では、共通しているなと感じました。

中山:あとは非現実から音楽のヒントを得ているところとかね。

-下川さんは浜松で最新のグッバイフジヤマのライヴをご覧になって、いかがでしたか?

下川:"速い!"と思いました。

中山:あ~、テンポはたしかに速い(笑)。

下川:メンバーが本当に仲良さそうで。あと、足元に時計を置いて、持ち時間を絶対に守るという姿勢はマジで見習おうと思いました。

-お互いのバンドの音楽に関して、特に魅力的だなと思うのはどういうところですか?

中山:挫・人間はキャッチーなんだけど、そこに自分たちのやりたいことをちゃんと挟んでくるところが僕はいいなと思います。音楽的に近いところはキャッチーな部分なのかな。

下川:グッバイフジヤマはオシャレですよね、音楽が。最初は"とにかく速い! 早口!"みたいなイメージしかなかったんですけど――曲名は覚えてないんですけど、この前聴いた静かめの曲が、"こんな曲やるんだな"という感じで良かったです。

中山:早口にしているのは、結構マイナスなことを歌っているので、聞き取られるのが嫌だなと思ったからなんです。あとは、誰も歌えない方が面白いなと。

-そして、11月27日に渋谷CLUB QUATTROにて開催されるグッバイフジヤマのリリース記念イベント"渋谷サマー・オブ・ラブ"のゲストとして挫・人間が出演。この共演は、中山さんとしては念願だったわけですね。

中山:出てくれると思わなかったんですよ。

下川:中山さんが、会うたびに"僕のことなんか嫌いだと思うけど"って言ってたので、なんで呼んでくれたんだろうと思いました(笑)。

中山:単純に音楽が好きだったから。まだ仲良くなれてないとか関係ないじゃん?

-当日はどんな1日にしたいですか?

中山:僕はお互い何も気にせずにライヴができたらいいなと思っていて。たぶん、挫・人間を意識したら持っていかれちゃうんですよ。自分が挫・人間みたいな気分になっちゃうというか(笑)。だから挫・人間のライヴが終わったら、その日はそこでいったん切り替えて、影響されないようにしたいです。

下川:ぶっ潰してやる!

一同:(笑)

グッバイフジヤマ1stフル・アルバム『この胸いっぱいの愛を』
リリース記念イベント
"渋谷サマー・オブ・ラブ"

2016年11月27日(日)渋谷CLUB QUATTRO

OPEN 17:00 / START 18:00
出演:グッバイフジヤマ / 挫・人間
チケット前売り ¥3,000(別途1ドリンク)