Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

チェコノーリパブリック

2014年07月号掲載

チェコノーリパブリック

Czecho No Republic

Official Site

メンバー:武井優心 (Vo/Ba) タカハシマイ (Cho/Syn/Gt/Per)

インタビュアー:石角 友香

海外のインディー・ポップ/ロックと、日本のロックの架け橋になり得るバンドCzecho No Republic。なのだが、リスナーはもっと直感的にこのキュートで少しテリブルで、なんかやらかしてくれそうな5人の音楽にワクワクしているに違いない。そんな中、名刺代わりのメジャー1stアルバム『NEVERLAND』のツアーと並行して制作するというハードな状況から生まれた2ndアルバム『MANTLE』が到着!全13曲の新曲には、今のチェコの音楽的な充実がつまっている。上昇気流に乗ってるように見える彼らだが、果たしてアルバムまでのプロセスはどんなものだったのか?武井優心とタカハシマイに聞いた。

-メジャー・デビュー後、どんな経験が今回の『MANTLE』にいちばん反映されたと思いますか?

武井:『NEVERLAND』は過去の曲の再録が9曲あって。メンバーも変わった上でのそれなんで、やっぱ何かしら違ったアプローチをしないといけないみたいなのもあったり。で、プロデューサーの方をつけたりして......いいものにはなったとは思うんですけど、単純に新曲をどんどん出すということが、今の時間軸への挑戦だと思ってたんで、足踏みと言ったら語弊はあるんですけど、ちょっとなんか......もやもやした気分は残ってたんで、『NEVERLAND』以降ずっと。で、今回の音源はそういうのを全部、取っ払う作業にはもってこいというか、全部新曲で、どういう音にしたいっていうのも決まってたんで、プロデューサーの方も入れないでこの5人で(制作する)っていう純度100%の言い訳できないものをとりあえず1枚作っておきたかったし、そういう姿勢で臨んだアルバムなんで、そういう1枚にはなったのかなと。

-タカハシさんはチェコに加入してからこの間をどう見ていましたか?

タカハシ:最初はやっぱり......個人的にはいろんな不安があって。もともとは男の子4人でやってたバンドだったし、もともとついてるお客さんからしたら"女!?"って感じは誰しもが思うと思って。でもライヴやってみて感じたことは、お客さんがあったかかったんですね。それからライヴがやりやすくなって。自分でもびっくりするぐらいコンスタントにことが進んでいて。メンバーとしてできることを一生懸命やって、できるだけリーダーを押してあげられるように?って気持ちでやってたので。バンドを外から見るってことはあんまりできてなかったかなと思います。

-ちなみに今回のアルバムに入ってるのは新曲が多いんですか?

武井:比率で言ったら『NEVERLAND』以降作った曲のほうが多いと思うんすけど、その前からあった曲も、4、5曲あんのかな?だから半々ぐらいかな。

-ちなみに『NEVERLAND』以降の曲って?

武井:1曲目は『NEVERLAND』以降です。

-これ、最後まで聴くと"よく見りゃ皆 同じ顔"って、なかなかシニカルで。どういう経験とか心情からできてるんですか?

武井:この曲は......隣の芝は青く見える的な性格が若干あるんで、ちょっと外れたところから楽しそうなものを見て、羨んでるけどよく見たら全然羨ましくないなって感じですかね(笑)。

-それってフェスとか出て感じたことですか?

武井:うーん、そうですね。売れて盛り上がってるバンドが、とか団体とかシーンとかが......それがほんとにいいものなのかなぁ?と思ったというか(笑)。

-で、実際紛れてみた?

武井:うん。だから去年メジャー・デビューした以降は、メジャーってものもなんにもわかんないし、背伸びして、こう......盛り上げてみたいなことを目指したり、いつの間にかそういうことするのがメジャーだと思い込んでたんですけど。"そんなことないな"と思い始めて。でも全部やってみたらいい面と悪い面が見えるかなぁ?と思ってやって。で......そこで感じたのかな。ま、でも負け犬の遠吠えですよ、これは。ある種。

-そうかなぁ?宣戦布告じゃないですか(笑)?

武井:(笑)炎上しちゃいそうで怖いな。

-宣戦布告が大げさなら、チェコの戦い方、かな?っていう。

武井:ま、そうですね。でも意図をこういうふうにインタビューで汲みとっていただけたのって初めてかもしれない。

-ホントですか?"理屈抜きに!"みたいな楽しさもあるけど、"もっと音楽がよくなったらいいのに"と思ってる人にダイレクトに日本語で伝わるっていう意味では、やっぱりチェコは1バンド1シーンで戦ってる気がする。

武井:そういう気持ちは今も持ってますけど、『NEVERLAND』出した以降、けっこうモヤモヤしてる時期が多かったんで。ずーっと。怒ってるときとか、へこんでるときとかあって、そういう時期に作ってた曲なんで、やっぱなんか言ってやりたいみたいなとこも若干あって。で、生まれてきた曲とか詞だったんで。うん。でもそういうふうに"戦っていきます!"ってキャラでもないんで(笑)。