Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

チェコノーリパブリック

2015年02月号掲載

チェコノーリパブリック

チェコノーリパブリック

Official Site

メンバー:武井優心 (Vo/Ba) タカハシマイ (Cho/Syn/Per)

インタビュアー:石角 友香

前作『Oh Yeah!!!!!!!』に続いて、今回もタイアップ獲得。しかも今回はこれまでスピッツやORANGE RANGE、いきものがかりや、最近ならTHE BAWDIESも抜擢されたグリコポッキーのCMソング。楽曲評価が高い彼らなら大いに頷ける。しかも今回はシングルとしては初めてメイン・ヴォーカルをタカハシマイが担当するとあって、さらに多くのリスナーにリーチしそうだ。そしてバンドをずっと見守り続けてきたファンにとっても現体制のひとつの象徴的なこのシングル。好況の中、さてメンバー自身の心境はいかに?

-シングルをコンスタントにリリースすることになって、どうですか? この状況については。

武井:出せないよりかはいいですよね。ただ決まってから録音まで早かったっすねぇ。猶予がなかった。

-じゃあ心構え的なものはなかったわけですね?

武井:うーん......ポッキーのタイアップっていうのが最初あって......だからね、それに合う曲とは思ってたんだけど、それに関係なく"「For You」って曲をどう処理しようかな?"と自分はずっと思っていて。たまに「For You」の存在を忘れたりもして。もともと俺が歌ってたんですけど、あるとき、タカハシのヴォーカルで成仏させたいなと思い始めて。結構アレンジだったり、音の落ち着かせどころに迷って。なんかね、放置してたんですよ、長いこと、この曲。見て見ぬフリみたいの。でも、あるとき、タカハシのヴォーカルでやりたいと思って、本人に、"「For You」なんだけどさ、急に思いついたんだけど、自分が歌って今後出すってどう?"って聞いたら、"ええっ?"って言われたんですけど。"私かい?"みたいな。

-タカハシさんとしてはなんで"ええっ?"だったんですか?

タカハシ:なんかその可愛いイメージが強い曲だから、それを女の声で歌うと、より可愛いすぎちゃう気がして。男の子の高い声でサビとかをガッて歌ったほうが、ぱって開けるイメージがあったんで、自分の中で。で、私の細めの声で歌ってもあんまりいいインパクト残せないんじゃないかなと思ったんで、"武井さんが歌ったほうがいいじゃん?"って言ったんですけど。

-それに対して?

武井:技術面が追いつかないので無理と言いまして。

タカハシ:はは! なんだよそれ、ただ諦めてるだけじゃん。

武井:ファルセットのロング・トーンとか、そういうのはタカハシが得意分野なんで。俺、歌ったとき、全然、無理だったし、サビで弱くなるぐらいの勢いで。なので、"歌ってくれ"ということで。そしたらこのタイアップの話の会議が次の日あって、"「For You」タカハシ・ヴァージョンでどう?"ってことで、"あ、考えてたのがちょうどハマったな"と思ったし、"みんなもそう言ってるので、歌ってください"てことで(笑)。

-武井さんはそもそも「For You」の成仏のさせ方がなかなか見つからないと思ってたってことは、いつかは目立つ形で出したかったんですか?

武井:こう、ギター1本と歌だけで成り立つぐらいメロディが立ってる曲なんで、なんかで出したいって気持ちはあったんですけど、アレンジが詰まり......音が多すぎて鬱陶しい曲になってて、当初は。困ったな、どうしようかなと思ってたんですけど、ベースとドラム跳ねてミュージカルっぽい感じにしたら、落ち着きそうだなと思って。1回、デモ作ってみたらけっこう良かったんで"うん、これでもういけそう!"と思って。

-歌詞ももうあったんですか?

武井:「For You」とかそういう軸になるものはあったんですけど......結構変わりましたね。そもそもどっちかひとりが歌い切るイメージで作ってたんですけど、"タカハシのヴォーカルだけど、武井さんもちょっと歌ってください"ってことになって、交互に歌う曲にしようと思って。キー的に俺が入っていけるとこは入っていこうと。でもそうすると、なんだっけ? デュエット・ソングみたいな感じになるなと思って、確実に。で、"私はこう""僕はこう思う"みたいの絶対嫌だと思って。なんか会話してるみたいの。だからひとりが歌う内容をふたりで歌うっていうのが、意外と難しいというか、どうしてもふたりで会話しちゃってるような感じになって。"それは避けたいんだよなぁ"みたいなところで結構時間かかりました。

-もともと武井さんがこの曲を作った発端はなんだったんですか?

武井:サウンド的には明るい......2年前ぐらいのUSインディーの感じかなあ? そういうのが刺さってるときに、メロディとかフォーマット作ったんで、原型は。最近そういうの聴いてないし、そういうの作ってないんで、ちょっと前の自分に帰った感じもあるんですけど。歌詞的にはなんか"ラヴラヴな感じ"は嫌だなと思って、もういない人を思って、こう自己完結してる人のストーリーみたいな。写真に話しかけてるみたいな感じにしたいと思って。

-最後まで聴かないとわからないけど、悲しい歌詞ですもんね。

武井:"君から返事はこないけど、勝手にこんなこと言ってんじゃないかな?"っていうので、自己完結しちゃってる人。

-なるほどね。2年前ぐらいのUSインディーっていうとなんだろう?

武井:なんか明るい、カラフルなの多かったですよね。IT'S A MUSICALとか。俺もそんなに"どれ"って言われると困るんですけど、あのころの肌質というか、感覚。