Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

キュウソネコカミ

2014年06月号掲載

キュウソネコカミ

キュウソネコカミ

Official Site

メンバー:ヤマサキ セイヤ (Vo/Gt) オカザワ カズマ (Gt) カワクボ タクロウ (Ba)  ヨコタ シンノスケ (Key/Vo) ソゴウ タイスケ (Dr)

インタビュアー:沖 さやこ

-カットも衣装チェンジも多いので撮影がとても大変だったのではと思うのですが、現場の空気はどうでしたか?どれくらいの期間で撮られたのでしょうか?

ヨコタ:2日で撮りました。良い空気でした。撮影にスタイリストやメイクの人が入るのは初めてだったけれど、プロの仕事ぶりと、雰囲気作りのおかげで助かりました(それでも例のいちばん大変な衣装の時は時間なさすぎでピリピリしてましたが)。ライヴのシーンでは、来てくれたエキストラのかたがたは結構大変だっただろうけど、根気良く協力してくれてありがとうございます。

-「ビビった」はメジャーに行くことが決まってから作った曲だったのでしょうか?やはり「ビビった」というタイトルは"ビクター"と掛けられているんですか?

ヤマサキ:ビクター本社に初めて行った時に、なんか雰囲気にビビった。そこからビクった→ビクターに繋げた。最初はもっとビクターの社内をイジる歌詞にしよう思ったんですけど、誰が聴きたいねん!と思ってやめました。

-ちなみに今、キュウソネコカミは何にビビっているのでしょう?

ヤマサキ:何年続けられるか。

ヨコタ:人気がなくなってお客さんもいなくなってしまうこと。マジで"メジャーに行って1、2年で消えるバンド多過ぎクソワロタ"にならんよーがんばります。

カワクボ:まずは"メジャー"って字面と事実ですよね。大学生に毛が生えたような垢抜けないメンバーがイケメンたちや凄腕ミュージシャンと同じカテゴリを名乗って怒られへんのかな、と。ビビりますね。

オカザワ:若いバンドの台頭......。てか、うらやましい。

ソゴウ:若さですね!年をとりたくない!

-歌詞にある"メジャーに行って1、2年で消えるバンド多過ぎ"の理由はなんだと思いますか?

ヤマサキ:ライヴが面白くなくなる、新曲が書けなくなる(ヒット曲が出ない)、お客さんが減ってきているのを認めようとしない、誰かが病む、身の丈に合わぬ対バンをさせられ潰れる、etc......。

-それでは最後に、メジャーに来たからこそやりたいこと、今後の展望があれば教えてください。

ヤマサキ:俺は特にないです!何かやろうと意気込む自分を見せるのが恥ずかしい性格なので、今まで通り全力でライヴして、捻くれた曲と歌詞をみなさんに届けられたらと思ってます!!("みなさんに届けれたら"って言い方メジャーっぽいやろ!ドヤ!!そんなもん誰が!届けるかぁ!買いに来い!聴きに来い!踊りに来い!)
日本のバンドはもう少し海外に出ても良いと思うので、いつ海外からオファーが来てもビビらぬようにCOOL JAPANの心構えをしておく(ё)

ヨコタ:より大きい場所でライヴ・パフォーマンスをしていく。メジャーってことを有効に使えるところ以外は、インディーズ・マインドを持ってやっていく。

カワクボ:とにかく自分たちのアイディアやおもろいなと思ったことを周りを巻き込んで出来る力をつけたいですね。謙虚に力強く。あとは毎日トンカツが食えるくらいであればとりあえずは満腹......いや満足です。

オカザワ:今まで行ったことのない場所でライヴして、美味しいもの食べたいです。演奏や楽器ももっと上手くなれるよう頑張ります!

ソゴウ:いろんな先輩バンドと対バンしたいですね!お願いします!

キュウソネコカミ - ビビった MUSIC VIDEO