Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

SILENT SIREN

SILENT SIREN

メンバー:あいにゃん(Ba) ひなんちゅ(Dr) すぅ(Vo/Gt) ゆかるん(Key)

インタビュアー:宮﨑 大樹

-続いて、あいにゃんさんは「てのひら」の作詞/作曲と、歌唱も担当していますよね。

あいにゃん:はい。作詞の段階では歌うのは決まってなかったんですよ。この曲は合宿にメンバーで行ったときに作った曲で、そのときにベース・ラインと歌詞のワンコーラスだけ考えたので、いったん私の仮歌で録ったんです。そうしたらキーの低い私の声に合わせて作っていたのと、歌詞の内容もあってクボ君だったり、すぅだったりに"歌いなよ"って言ってもらって歌った気がします。

-バンドでヴォーカルを変えられるのは武器だなって、改めて思えました。

あいにゃん:ありがとうございます。声が低いからAメロが低いときに歌うこととかは今までもたまにあったんですけど、こんなにまるっと歌うのはこういう曲調では初めてなので、ライヴが......怖いです(笑)。

-てっきりライヴが楽しみって言うと思っていました。

あいにゃん:怖い(笑)。頑張ります。

-(笑)ベース・ラインなど、どんなイメージで曲を作り上げていったんですか?

あいにゃん:歌詞は10周年をテーマにしようと思ったわけではないんです。ただ、作ったのが2019年の秋で、10年目を意識したツアーのタイミングではあったので、自然とバンドのことを振り返ったり、ファンのことを思ったりした内容になってます。曲として泥臭い曲が好きなので、そういうイメージでマイナーな感じに作りました。

-そして、イントロのコーラスからキラキラした「cheer up!」は、ゆかるんさんの作詞です。

ゆかるん:10周年を100パーセント意識して書いたわけではないんですけど、10年やってきて、大人になった今だからこそ、いろんな経験をしてきたからこその歌詞になったかなと思いますね。大人になってくるとそれなりにいろんな経験をするじゃないですか? いいことも悪いことも経験するし、大人だからこそ自分の気持ちをグッと押し殺しちゃったり、我慢したりして、あとからボディ・ブローのように効いてくるとか。そういう大人ならではの痛みとか苦しみとかって、どんな人にもあると思うんですよ。ただ"頑張ろうよ"、"大丈夫だよ"って応援するよりは、"そういう傷もあるだろうけど大丈夫だよ"、背中を押すっていうよりは、"隣に並んで一緒に歩いていこう"みたいな、そういう応援歌になればいいなと思って書いた歌詞です。

-すぅさんは今回のアルバムでも多くの曲の作詞をしていますが、アコースティック・ギター1本で弾き語った「she」にはとても引き込まれました。

すぅ:短い曲の弾き語りをアルバムの最後に入れることはあるんですけど、今回もアコギの弾き語りをおまけっぽい感じで入れてほしい、みたいなことが会議で上がったんですよ。それで、制作期間のお休みが1ヶ月あったのでロサンゼルスに行きまして、サンタモニカの海を見ながら、自分に向き合って書いたのがこの曲です。自分を客観視して向き合うことはあんまりなかったので、ちょうどいいタイミングだったし、バンドのことにも、自分のことにも向き合ってみようと思って書きました。

-彼女という意味の"she"ですけど、どこか過去の自分自身に対して歌っているようにも受け取れました。

すぅ:過去に歌詞のような状況になることがたまにあったんです。それを自分にしかできない表現で残せたらいいなというか、そういうふうに思っているのは自分だけじゃないっていう安心を得られるように書けたらいいなと思って。過去の自分に向き合うというだけではなくて、今後もあるかもしれないし、そういうときに自分が誇れる自分もいたと思うんです。そんな気持ちを思い出せるように書きました。

-そして、10周年記念アルバムならではの曲に感じたのが「Answer」でした。タイトルの通り10年で出した答えがこの曲に込められていると思うんですけど、"もうだいぶ走ってきた/もうそろそろ止まろうかな"というところで一瞬ヒヤッとして......(笑)。

すぅ:(笑)バンドってキラキラな世界だと思われがちだけど、どのバンドもそれだけじゃないし、私たちは自分たちなりの悩みとか壁にぶつかっていて。仕事とか音楽とかだけじゃなくて、メンバー間のコミュニケーションだったり喧嘩だったりを含めて向き合ったときに、すごくいっぱい走ってきたし、"もういいじゃん"みたいなことを言われるときがあったんですよ。そんなことを言われたって、私たちはバンドをやりたいし、自分たちがやめようと思ってやめられるものでもない、もう自分たちだけの夢じゃないんです。誰が何を言おうとこの4人でバンドを続けること、先を夢見ることが私たちの今の答えなんだと思って書きました。

-この曲で10周年のその先、11年目以降の夢まで見えていきましたか?

すぅ:そうですね。この曲は序盤で振り返って、2番では、これからの私たちのことを想像しようっていうことを歌っているんです。このアルバムは各々の歌詞もすごく良かったし、このアルバムを持ってのツアーはまだ回れてないですけど、いろいろなことがもっと見えてくるし、もっとやりたいことも増えてくるんだろうなって。『mix10th』というアルバムが仕上がって、自分たちでも本当にいいアルバムになったなと思っています。10年続いたことって自分たちの意志もあるし、支えてくれるみなさんのおかげでもあるので、そういうのをちょっとずつ、私たちなりに音楽で返していきたいです。