Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

SILENT SIREN

Skream! マガジン 2021年01月号掲載

2020.12.12 @EX THEATER ROPPONGI

Reported by 荒金 良介 Photo by 上飯坂一

SILENT SIRENがバンド結成10周年を記念した全国ライヴハウス・ツアー"SILENT SIREN LIVE TOUR 2020 「mix10th」~てっぺん目指してGO!サイレンGO!~ supported by 天下一品"を開催。ここではEX THEATER ROPPONGI公演1部(※1日2公演にて実施)の模様をお伝えしたい。
16時の開演と同時にSEが流れると、すぅ(Vo/Gt)、あいにゃん(Ba)、ひなんちゅ(Dr)、ゆかるん(Key)のメンバー4人が姿を現し、"一緒に飛ばして行きましょう!"とすぅが呼び掛け、疾走感溢れる「HERO」でスタート。すると観客も拳を突き上げ、アッパーな曲調に応戦した。明るく切ないストーリー性に満ちた「mate」に繋ぎ、次の「八月の夜」ではヘドバンする観客があちこちで見かけられ、会場の熱は高まるばかりだ。

"ラスト2本、東京セミ・ファイナル! みんなと過ごせる今を1分1秒無駄にせず"とすぅが言うと、"サイファミ(※ファンの呼称 サイサイファミリーの略)の声をキーボードに入れてきた。今日は身体で存分に発揮して!"とゆかるんは声出しNGの代わりに歓声を仕込んで場を盛り上げる演出を施す。
ひなんちゅの力強いドラムを合図に「女子校戦争」が始まるや赤い照明も映えわたり、観客のリアクションも激しさを増す一方だ。ヘヴィな爆発力を発揮する「Up To You feat. 愛美 from Poppin'Party」をゆかるんが代打ヴォーカルを務めてやり終えたあと、EX THEATER ROPPONGIに集まってくれた人たちに感謝の気持ちを告げ、"めちゃくちゃ見えてますよ!"とあいにゃんは温かい言葉を投げ掛けていた。
そして、等身大の歌詞に加え、サイサイ(SILENT SIREN)で初めてギターを入れずに作った曲と紹介し、「世界で一番不器用なラブソング」をここで披露。すぅの甘美な歌声は会場いっぱいに広がり、またベース、キーボード、ドラムと個々の楽器パートも曲調を華やかに彩っていた。さらに、猫のような振付を観客と共有する「CONNECT」、口ずさみたくなるキュートなメロディが印象的な「cheer up!」と畳み掛け、ここからラスト・スパートに突入する。あいにゃんがメイン・ヴォーカルを務めた「てのひら」、そして、「聞かせてwow wowを」とアッパーな楽曲を次々と投下。観客もノリノリ状態で、底ナシのパーティー空間を作り上げていく。その活気にトドメを刺すように「Answer」を放ち、ダンサブルな曲調も相まって本編を盛大に締めくくった。

鳴り止まぬ拍手を受け、アンコールに応えると、"アルバム(『mix10th』)に1曲入っている弾き語りをやります。緊張するねぇ、ヤバいね。改めて自分を見つめ直して、この曲ができた"とMCを挟み、すぅはアコギ弾き語りで「she」をプレイ。歌声はもちろん、丁寧に爪弾かれる音色が心の奥深くに染みわたる。10年で築き上げてきた鉄壁のバンド・サウンドも素晴らしいけれど、こうしてひとりで切々と歌い上げる曲調も説得力があり、メンバー個々の成長ぶりがバンドへと還元されていることを思い知らされた。
ラストはあいにゃんのスラップ・ベースが火を噴く「チェリボム」へ。躍動感漲る演奏力に観客もジャンプし、EX THEATER ROPPONGIを完全にひとつに束ねるアグレッシヴなパワーを叩きつけ、無事に終了した。アンコール2曲を含む全13曲を一気に駆け抜けたサイサイ。コロナ禍で1日2公演ということもあり、曲数こそ制限つきかもしれないが、すべてのストッパーを取り払ったエネルギッシュなパフォーマンスに魅せられた。また彼女たちの生き生きした演奏を全身で浴びたい。そう思わずにはいられない至福のライヴであった。

[Setlist]
1. HERO
2. mate
3. 八月の夜
4. 女子校戦争
5. Up To You feat. 愛美 from Poppin'Party
6. 世界で一番不器用なラブソング
7. CONNECT
8. cheer up!
9. てのひら
10. 聞かせてwow wowを
11. Answer
En1. she
En2. チェリボム

  • 1