Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

Poppin'Party

Poppin'Party

メンバー:メンバー:愛美(戸山 香澄/Gt/Vo) 大塚 紗英(花園 たえ/Gt) 西本 りみ(牛込 りみ/Ba) 大橋 彩香(山吹 沙綾/Dr) 伊藤 彩沙(市ヶ谷 有咲/Key)

インタビュアー:宮﨑 大樹

メディア・ミックス・プロジェクト"BanG Dream!(バンドリ!)"発のリアル・バンド、Poppin'Party。昨年2019年は夏と冬の大型ロック・フェス出演を果たし、"バンドリ!"の枠を飛び出してその活躍の幅を拡大している彼女たちが、2ndアルバム『Breakthrough!』をリリースする。今回、現在の修業期間中に得た彼女たちの経験が反映された表題曲や、メンバーそれぞれの思い入れのある曲のほか、ライヴやイベントのできない時期に感じた想いなどを訊いた。


ポピパは本当に歴史があるんだなっていうのを改めて感じました


-昨年2019年は夏と冬の大型ロック・フェス出演もあり、リアル・バンドとしても飛躍の1年でしたね。

愛美:とても嬉しかったです。フェスの出演は結成当初からの夢でもあったので。"まさか出させていただけるなんて!"っていう感じでした。

-実際にそういう場でライヴをしてみての手応えはどうでした?

愛美:手応えは......あるかと言われると正直ないんです。すごいバンドさんたちを間近で観たのもあって、未熟さを痛感したステージでした。

-でも盛り上がりはすごかったみたいですよね。

大塚:もう本当にファンのみなさんのおかげです。

伊藤:とにかく必死で一生懸命だったので、そのときの私たちの全力は込められたステージだったのかなと思います。

愛美:バンドリーマー(※"バンドリ!"ファンの呼称)さんがすごくたくさん観に来てくれていて、ライヴも盛り上げてくれて、嬉しかったです。最近は"バンドリ!"主催のライヴだと指定席スタイルなので、オール・スタンディングで自由に動き回れるライヴっていうのが私たちも久しぶりだったんです。送ったぶんだけレスポンスが直に返ってくる感じがして、フェスの楽しさを全力で感じました。

大塚:今まで音楽をやってきたなかでお世話になった方たちにも観ていただいたんですけど、"音がすごく良かった"って言ってくださって。Poppin'Partyは私たち5人だけじゃ活動していけないので、スタッフさんや、音響をやってくださっている方といった、チームとしてのいい評価をいただけて、それはすごく嬉しかったです。

大橋:フェスとかはよく観に行っていたので、まさか自分たちがコンテンツを背負って出演できる日が来るなんてとすごく驚きました。最初の"ROCK IN JAPAN FESTIVAL"は、本当に生まれたての子鹿みたいにプルプルしちゃって......(笑)。これでもかってくらい全身に力が入りすぎた演奏をしちゃったんですけど、"COUNTDOWN JAPAN"のほうは楽しむことを意識してできた気がしたので、そういう意味では良かったかなと思いました。あと、ごはんが美味しかったです(笑)。いろんな人から"豪華だよ"とは聞いていたんですけど、まさかあんなに食べ放題だなんて。空き時間はごはんを食べつつみなさんのステージを観たりして、贅沢すぎましたね。

西本:地元でバンドをやっていたころから、ただただ憧れでしかなかったステージに出させていただけるって聞いたときは、本当に恐れ多くて、とにかく必死でした。"私たちのことを知らない人に受け入れてもらえるかな?"とかずっと思っていましたね。でも、"ROCK IN JAPAN FESTIVAL"のときに、明らかに私たちのことを知らないだろうなって感じだったお客さんが、後半になるにつれて手拍子したり一緒にタオルを振ってくれたり、だんだん笑顔になっていくのをすごく近くで見ることができたんです。後ろのほうで飲み物を売っていた店員さんも、いつの間にか前で飛び跳ねていて。そういう光景がすごくよく見えたので、知らない方にも楽しんでいただけているのを感じながらライヴができました。

-イベント出演や対バンなどを通してバンドマンとしての経験をさらに積んだことで、自身や周りで起きた変化はありますか?

愛美:結成当初からずっと、歌に対して反省することが多かったんです。でも最近、バンドとしてより成長するためにはどうしたらいいんだろうって考えたときに、ひとりひとりの出す音をもっと大事にしようと思いました。自分が弾いてるバッキング・ギターももっと高みを目指すべきだなと。

-ということは、練習の量も質も増えました?

愛美:そうですね。歌にとらわれすぎてるところもあって、ギターはその次みたいな感じもあったんです。テンポ感とか、コードを正確に鳴らすとか、そういう当たり前のことをしっかり意識してやろうと思いました。

-最近は"バンドリ!"から新たにMorfonicaというリアル・バンドが誕生しましたが、そういう状況を受けてどう感じていますか?

大橋:それにしてもよくこんなに演奏できる人を集めてくるなぁと、バンドが増えるたびにいつも思ってますね(笑)。

愛美:そのぶん新しいお客さんが増えるのでいいことだなと感じますし、ライヴを観ることによって絶対に刺激を受けると思うんです。今までもRoseliaさんとかRAS(RAISE A SUILEN)さんのライヴを観てかなり触発されてきたので、また新しいものを貰えるんだろうなって。

-"声優バンド"というものが増えていくなかで、ポピパ(Poppin'Party)としてどうやっていこうという意識ですか?

愛美:もうここまで来たら、なんでもできそうな気がしています(笑)。

大塚:そうですね。私もそんなに身構えているところはないかなぁ。

伊藤:私たちは初心者からスタートしているので、だんだんと成長している姿とかを観てもらいつつ、応援してもらうみたいなスタイルだったと思うんですよ。でも最近は、最初から求められるものが高かったり、ミュージシャンの方が入ってきたり、私たちが経験したことのないプレッシャーがあるんだろうなって。私たちは私たちで、始めから作り上げていく苦労もあって、それぞれのスタイルがあるんだろうなと感じています。

-ところで、今年は、新型コロナウイルスの感染拡大で"BanG Dream! Special☆LIVE Girls Band Party! 2020"の延期や、今回6月24日にリリースされるアルバムも6月3日から延期となっての発売となりますし、ポピパとしても例外ではなく影響を受けていますけど、緊急事態宣言の期間などは、声優として、バンドマンとして、どんなことを考えて、どんな日々を送っていましたか?

大塚:私個人で言うと、今まで声優だったというわけではないし、エレキ・ギターも"バンドリ!"から始めたということで"己は何者なんだ?"というふうに感じてたところがあったんです。先ほどの話にも通じるんですけど、たくさんバンドとかが増えることで、ハンデを持って見られたくないというか、プライドみたいなものが大きくなってきてるんですね。なので1回基礎を見返そうかなと思って、楽曲の練習っていうより、右手のポジションがちょっと高いなぁとか、久しぶりに鏡を見ながら自分の手元と向き合う時間を作ってみました。単純に上手くなりたい気持ちがありましたね。みんなのことは声優さんとしてのリスペクトがすごくあって、もちろんそれも頑張りたいんですけど、自分はやっぱり音楽をやることにプライドを持ちたいなと思って。

伊藤:私は自粛になってこれまでの日々が当たり前じゃなかったんだなって思ってましたね。まさかこんなに家から出られない日々が始まるとは思ってなかったので、今までやってたライヴだったり、"バンドリ!"だったりのすべての活動のありがたさみたいなものに気づきました。改めて"本当に自分がやりたいことってなんだろう?"って考えるきっかけにはなったのかなと。もしかしたらこのままこの状態が続く未来があるかもしれないし、またみんなと会えてライヴができる未来になるかもしれないし、本当にどうなるかわからないからこそ"じゃあ今は何ができるかな?"って考えたりしました。それと、生放送で"バンドリ!"のライヴ映像をみんなで観る機会があったんですよ。いろんなことで"お客さんに元気を与えよう"とか、"楽しんでもらおう"みたいなことをやって、"「バンドリ!」すごいな"って思いました。

愛美:この期間中は自分自身エンタメに支えられることが多かったですね。バラエティ番組とか、アーティストさんがライヴ映像を公開するとかをやっていたので、それを観て元気づけられることがすごく多かったんです。今までは自分たちが供給する側として頑張ってきたけど、いざ受け手側になるとそのすごさや大事さに改めて気づいて。自分ももっと頑張ろうって思ったし、リモートなどが主流になってきて、時代がすごく変わってきてることを感じてました。"バンドリ!"の生配信とかもすごく臨機応変にやっていたので、新しいことをどんどん取り入れつつ、エンタメを供給していくって素晴らしいことだなって思いましたね。今までの常識にとらわれすぎず、自分も変わっていきたいなと。

大橋:自粛期間中は、ずっと部屋で音楽を掛けていろんなアーティストさんを漁ったり、あとはゲームしたり、漫画を読んだりって感じでした。あいみん(※愛美の愛称)も言ってたんですけど、自分が家で過ごしてた時間は、エンタメにしか触れなかったなっていうふうに思っていて。自分が声を担当したゲームのお仕事もあるし、自分がやってきたことを自分が家で楽しんでましたね。自分がやってきたことって、家ですごく元気を貰えるものだなって思いました。音楽からは、普段だったら貰わなかった感情を貰えたりもして、いつもより繊細に過ごした気がしました。

西本:いろんなイベントとかが延期、中止っていうお知らせを出すたびに、みんなが"待ってる"っていう言葉をくれて。"あぁ~早くみんなに会いたいな"っていう気持ちが積もる期間でしたね。いつかまたみんなに笑顔で会える日を楽しみに、今はいろいろ蓄える期間なのかなと捉えていて。ある程度は休養して心身共に回復しつつ、筋肉が衰えないようになんとか維持しつつ、基礎基盤をしっかり固めてみんなに会える日を楽しみに待ってました。

-練習することやエンタメに触れることは、来たるべきライヴの日に必ず生きてきそうですね。そんななかで2ndアルバム『Breakthrough!』がいよいよリリースされます。キラキラしたイメージのバンドではありつつ、大人の表情を感じる曲もありますし、ポピパの世界観の広がりを感じさせますね。

愛美:曲が多くバラエティに富んでいることもあって、ポピパは本当に歴史があるんだなっていうのを改めて感じました。

-Disc2を含めると25曲の特大ボリュームですからね。

愛美:しかもまだこのアルバムにも入ってない曲もあるから、すごいなと思いますね。しかも今回は新曲が多いので嬉しいです。

-ようやくのリリースですけど、アルバムとしての手応えはいかがですか?

愛美:今までのポピパらしさも詰まりつつ、新しいポピパの可能性も感じさせる、そんな1枚になったんじゃないかなと思います。タイトル通り未来へ"ブレイクスルー"できそうな1枚ですね。