Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

WOMCADOLE

2018年12月号掲載

WOMCADOLE

メンバー:樋口 侑希(Vo/Gt) 古澤 徳之(Gt/Cho) 黒野 滉大(Ba) 安田 吉希(Dr)

インタビュアー:沖 さやこ

2018年は1stフル・アルバム『今宵零時、その方角へ』をリリースし、それを携えて"己の心に吠えろよツアー"を回った滋賀出身の4ピース・バンド、WOMCADOLE。やはり初フル・アルバムとそのリリース・ツアーというのは、バンドにとってかなり大きな経験になったようだ。ハングリー精神を持ち続ける彼らが『ライター』で掲げる"戦いの狼煙"と"己の炎"。ソングライター 樋口侑希の言う戦いとは、抱える悔しさとは? 変化し続けるWOMCADOLEの現在を探るべく、メンバー全員に話を訊いた。

-今年は1stフル・アルバム『今宵零時、その方角へ』(2018年3月)をリリースし、それを引っ提げて全国ツアー"己の心に吠えろよツアー"を回って、バンドとしても得るものや感じることが多かったのではないでしょうか。

安田:バンド史上最大規模のツアーで、なおかつ初めてのフル・アルバムのツアーというのもあって、ドラマー的にもバンド的にも楽しいツアーやったし、まだまだいける感もありました。これからもっとかっこ良くなっていくためにはどうしたらいいんやろ......と考える、わくわくもあり反省点もあるツアーでしたね。

黒野:僕がWOMCADOLEに加入(※2016年7月)してから何本かツアーを回っているんですけど、"己の心に吠えろよツアー"は物語っぽいライヴ運びができた感覚があって。俺自身も一辺倒な見せ方にならんくて、新しい自分が見えたツアーでもありました。そのテイストは俺らが普段やっているグワッ! とくるようなライヴにも還元できるなと思いましたね。

古澤:あのツアーで土地ごとに曲の響き方が違うなと感じて、その土地に合うセットリストを組んだりもしてみたんです。ファイナルの恵比寿LIQUIDROOMはいろんな土地から人が集まってきてくれたし、僕らもいろんな土地を回った末に辿り着いたので、ツアーで得たものや『今宵零時、その方角へ』という作品を全部束ねられた感覚がありました。そこで感じたことを今回の「ライター」にも繋げられたと思いますし、そうして進んでいくのが僕らのスタンスやなと思います。

-「ライター」は樋口さんが"己の心に吠えろよツアー"で感じた悔しさが火種になっているとお聞きしましたが。

樋口:そうっす。フル・アルバムのツアーということもあって持ち時間が長めやったし、あのアルバムには「アオキハルヘ」みたいなゴリッとした曲だけでなく、「今夜君と」みたいなムーディな曲もあったから、ツアーで今までにはなかった表現力が身についた感があるんです。曲はこんなに成長するもんなんやな、とも感じたし......全力を尽くしたツアーだった。でもツアーが終わった瞬間に脱力、からっぽ、真っ白になるのではなく、ノートに書いてある鉛筆の文字を消しゴムで消してちょっと残った感じになったんです。真っ白にできんかった。その悔しさをバネに"もっと大きな戦場で戦いてぇ"、"新たな修行が必要や"と思ったんです。

-樋口さんは10代のころから常に悔しい気持ちをバネに生きてきた、それをパワーに変えて音楽を作ってきた人だと思うのですが、「ライター」ほど悔しい気持ちが表立った曲はこれまであまりなかったなと。

樋口:たしかにそうですね。俺は今まで作った曲に"色"が見えていたんですけど、「ライター」はできた瞬間に色が見えるだけでなく、触れようとした瞬間に"あっつ!"と思うような感覚があったんです。これだけのものができたのは悔しい気持ちが全面に出たからやと思います。ツアーでかき鳴らしたエレキ・ギターを抱えて立ってみたら、もう1回やりてぇ! という気持ちが湧いてきて――それでできたのが「ライター」。すごいものができた気がしています。

-なぜそれほど悔しい気持ちが湧いてきたのでしょう。

樋口:LIQUIDROOMをソールドできなかったというのもあるんですけど、それ以上に"もっと全員でいきてぇ!"、"もっとみんなで興奮してぇ!"と思ったんです。パンパンになったLIQUIDROOMで、全員でもっともっと興奮したい。

-私はライヴを後方で観ていましたが、ソールドしていないとはいえ客入りからしてソールド寸前でしたし、あんなに後方の人まで気持ちが前のめりになって高揚しているライヴはなかなかないなと感じましたよ?

樋口:もっともっといきてぇ! って思ったんすよ! よく俺は"ジャパニーズ1になりたい"と言うんですけど、それは名前が知れわたるとかではなく、ひとりでも多くの人の一番を取りたいという意味なんです。欲を言えば、お客さんと顔を突き合わせているときは、もっと全部を奪いたいんですよ。そういう意味ではLIQUIDROOMをソールドさせたかった。でもそれは(動員の)規模感というわけではなくて――あのライヴを終えてもっとできるな、もっとやりてぇと思ってしまった。俺ももっとライヴで興奮したいし、もっと戦いたいですね。