Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

Half time Old

2018年11月号掲載

Half time Old

メンバー:鬼頭 大晴(Vo/Gt) 小鹿 雄一朗(Gt) 阪西 暢(Dr)

インタビュアー:秦 理絵

アルバムの幕開けを告げる「銃声と怒号」から、これまで以上に攻めのロック・モードが貫かれたHalf time Oldの3rdフル・アルバム『真夜中の失踪に聡明と音楽』が完成した。1年前にリリースした前作アルバム『発見と疑問』で掴んだ確かな手応えから、"今バンドが鳴らすべき音はこれだ"という確信のもとに作り上げた10曲(+ボーナス・トラック1曲)が収録されている。リード曲「ミニマリスト」と「ほたる」の2曲では、鬼頭大晴がリスペクトを寄せるセカイイチの岩崎 慧をサウンド・アレンジャーに迎えたことで、より多角的なアプローチも取り入れた今作。"万人に愛されるロック・バンドになりたい"という夢に向かって、歩みを進め続けるメンバー全員に話を訊いた。

-前作『発見と疑問』(2017年リリースの2ndフル・アルバム)のモードを引き継いで、今回もロック・アルバムになりましたね。

鬼頭:そうなんですよ、前回よりもロックな感じになりましたね。

阪西:前回ああいうアルバムを作ってみたら、以前よりお客さんの反応が良かったんです。

鬼頭:ミュージック・ビデオにしたのが「『0』」と「アウトフォーカス」だったんですけど、それで僕らのことを知ってくれた人も多くて。そっち方面に媚びて寄せてるわけじゃないんですけど、やっと僕らのいいところを見てもらえるようになったから、そのいいところをさらに見てもらおうっていうアルバムになりましたね。

-年明けごろ、Twitterで鬼頭さんが"声質は生まれ持ったものだからもうどうにもならないけどロックシンガーでいたいと思う"って呟いてたのを見たんですよ。今回のアルバムは、その発言ともリンクする作品だなと思ったんですが。

鬼頭:正直僕みたいな声って、ポップな方が似合うのかなとか、緩い音楽をやりがちかなと思うんですよ。だけど、使い方によってはこんなロックな歌い方ができるんだぞっていうのをやりたかったんですよね。もともと自分でもこういう歌い方が好きだったんですけど、なかなか実力的にもうまくいかなかったから、ようやく自分なりの声の出し方とか、個性を見つけられたなと思います。

-今作では巻き舌で荒々しく歌ったりもしてますもんね。

鬼頭:最近ハマってるんです(笑)。

-例えば、スピッツの草野マサムネ(Vo/Gt)さんとか、04 Limited SazabysのGEN(Ba/Vo)さんのような少年っぽい声質って、どんなに尖ったバンド・サウンドの中でも抜き出てポップに聞こえるじゃないですか。それに似たものを鬼頭さんの声からも感じるようになって。

阪西:そこが強くなったのは嬉しいです。やっぱり声がうちのストロング・ポイントなので。僕らが演奏でやることは、その声を軸に何を表現するかを考えることなんです。

-アルバムの曲作りは、常に"ロックの攻め感"を意識したものだったんですか?

鬼頭:と言うよりも、最初に思ってたのは、全曲リードにしてもおかしくないアルバムにしようっていうことだったんですよね。でも、なかなかリードが決まらなくて。リードを目指して作ってたら、本当に全曲リードみたいになったっていう感じです。

阪西:だから実際にリード曲を決めるときは迷いましたね。「銃声と怒号」が、特にメロディが強くていい曲だったからリード曲にしたんですけど。

-「銃声と怒号」は、アルバムのオープニングに相応しい一撃必殺感がありますからね。

阪西:で、もう1曲のリード曲「ミニマリスト」の方は温かみがあるので、また別の表情を出せるんじゃないかっていう感じで選びました。