Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

ベイビーレイズJAPAN × ザ・チャレンジ

2016年06月号掲載

ベイビーレイズJAPAN × ザ・チャレンジ

ザ・チャレンジ

Official Site

ベイビーレイズJAPAN

Official Site

シングル『走れ、走れ』で2016年のスタートを切ったベイビーレイズJAPAN。10月に"EMOTIONAL IDOROCK FES."を開催することを発表し、その仲間を作るための全国ツアー"ROAD TO EMOTIONAL IDOROCK FES."を終えた直後の5月25日に12枚目のシングル『閃光Believer』をリリース。それを記念して、カップリング曲「勇者ボクの冒険」を手掛けたザ・チャレンジの沢田チャレンジとタラコチャレンジとの対談が実現。ベイビーレイズJAPANとザ・チャレンジそれぞれが、この曲に込めた想いについて語ってくれた。

ベイビーレイズJAPAN:大矢 梨華子 傳谷 英里香 林 愛夏 高見 奈央 渡邊 璃生
ザ・チャレンジ:沢田チャレンジ(Vo/Center) タラコチャレンジ(Vo/Gt)
インタビュアー:沖 さやこ Photo by ミクスケ

-3月から開催された全国ツアー"ROAD TO EMOTIONAL IDOROCK FES."の調子はいかがですか?

傳谷:このツアーは――例えば神戸の昼公演は大阪のアイドルの大阪☆春夏秋冬さんと競演させていただいたので、夜公演のワンマンはテーマを"春夏秋冬"にして......というふうに、毎回すべて違うテーマを設けて、メンバーのうちのひとりが中心になってセットリストを作っていったんです。そのぶんメンバー同士で打ち合わせをする時間も増えたので、メンバーの考えや人間性をさらに知ることができました。ライヴの日以外も充実した時間を過ごせているので、改めて"みんなでライヴを作ってるんだな"という実感がありますね。

大矢:3月から毎週末ライヴをやるツアーだったので、メンバー発信でやっていきたいなと思っていて。だから"メンバーひとりずつ責任を持ってライヴを成功させよう! テーマを毎回変えることで毎回来てくれる方にも楽しんでもらおう!"と考えました。

傳谷:様々なバンドさんやアイドルさんとも競演することで刺激を直にいただいているので、今年に入ってから対バン・ライヴのときも自分たちでセットリストを考えるようにしていて。

-まさしく"EMOTIONAL IDOROCK"。実践してみて、手応えはいかがですか?

林:去年まではスタッフさんや舞台監督さんが考えてくださったものに自分たちが乗っかることが多かったので、自分たちで考えることによって、見せるものの作り方や、お客さん視点で考えることも勉強になって。今後いろんなところでライヴをしていく中でもそれが活かせると思うので、いい経験をさせていただいてるなと思います。

傳谷:やっぱり得意、不得意はあるんですけど、ライヴごとにメンバーそれぞれの個性が出ていると思います。このツアーはライヴハウスでのライヴは全部2部制でやっているので、どちらかにカバー曲、どちらかに自分たちで作ったメドレーを入れていて。がっつり見せるためのカバーをワンマンでやるのは初めてだったんですけど、ベビレ(ベイビーレイズJAPAN)にない色をつけ加えることができました。ツアーを回っていて毎回新しい発見や意外性があったので、来てくださった方々にも楽しめていただけたんじゃないかな......と思います。

-そのツアーを終えてリリースされるのが12thシングル『閃光Believer』。カップリング曲「勇者ボクの冒険」(Track.2)は作詞が沢田チャレンジさん、作曲編曲がタラコチャレンジさんという布陣になりました。制作面ではベイビーレイズJAPANとザ・チャレンジは初タッグですね。

傳谷:ザ・チャレンジさんは去年、"ROCK UP!!!"(※2015年8月3日に渋谷CLUB QUATTROにて開催されたツーマン企画)というイベントで対バンさせてもらって、そのときに楽曲提供をしていらっしゃるというお話をチラッと聞いたんです。じゃあいつかベビレ(ベイビーレイズJAPAN)にも......と思っていたら、早速実現できたので嬉しくて。虎ガー(※ベイビーレイズJAPANのファンの呼称)さんもザチャレ(ザ・チャレンジ)さんのライヴを観に行っていらっしゃるし、客チャレ(※ザ・チャレンジのファンの呼称)さんも私たちのライヴだけでなく撮影会みたいなイベントにも来てくださっていて! 私たちもザチャレさんと同じくお客さんに笑顔になっていただきたいと思ってライヴをしているので、ハッピー感は通じてるのかな......と思います。だから対バンがきっかけで交流が広がって、お互い良い関係を築けたなと思っています。

タラコ:ベイビーレイズJAPANにはロック色を強く感じるので、バンドマンからすると親しみがあるアイドル・グループですね。うちは5人ともキャラクターが立っているのを大事にしてるんですけど、ベイビーレイズJAPANさんも声やキャラが全員違って、いい具合にバラけてるところが絶妙な集合体だなと思います。

沢田:僕はライヴのお誘いをいただくとできるだけ行くようにしてるのですが、ここ半年のベイビーレイズJAPANさんの東京の主要ライヴは全部行ってるんじゃないかな......。だから普通にファンです(笑)。ベイビーレイズJAPANさんと対バンするまで、僕らは一度もアイドルさんと対バンをしたことがなかったんですよね。チャンスはあったんですけど、"自分たちにはまだ早いな"と思っていた部分もあって。でも、ベイビーレイズJAPANさんから対バンのオファーがあって"やろう!"と思った理由は、彼女たちに楽曲提供をしているバンドに、僕たちと仲がいいバンドや対バンするバンドが多かったから。だからFoZZtoneや鶴と同じような感覚で対バンできるんだろうなと思ったんですよね。それで引き受けたら案の定でした。