Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

ベイビーレイズJAPAN×FoZZtone

2015年08月号掲載

ベイビーレイズJAPAN×FoZZtone

ベイビーレイズJAPAN

Official Site

メンバー:ベイビーレイズJAPAN:大矢 梨華子 傳谷 英里香 林 愛夏 高見 奈央 渡邊 璃生
FoZZtone:渡會 将士(Vo/Gt)

インタビュアー:沖 さやこ Photo by ミクスケ

-"女子から男子への視点に変えて歌ってもらった"という「Pretty Little Baby」は、ベイビーレイズJAPANのイメージももちろんですが、2010年代という時代背景も影響してますか?

渡會:そうですね。最近の女の子強いじゃないですか! おまけにベイビーレイズJAPANのお客さんは女の子も多いと聞いたので......やっぱり女性アイドルのお客さんは男性が圧倒的に多いイメージだったので、女の子がベイビーレイズJAPANをどういうふうに見ているのかな?というのも不思議に思ってたんです。でもきっと"かわいい"と思っているのは大前提として"かっこいい"と思ってるんじゃないかなと。なので現代の強い女の子代表、みたいな部分も担っているんじゃないかなと。

-ベイビーレイズJAPANのみなさんは「Pretty Little Baby」を聴いてどういう印象をお持ちになりましたか?

大矢:1番最初に"ああ、かわいらしい曲だな"と思いましたし、私たちが今まで挑戦してなかったジャンルだったので、周りのスタッフさんから"今までにないタイプの曲だから頑張るんだよ"と言われて歌を練習する期間をいただいて。センターの愛夏が最後のフェイクを担当してくれてるんですけど、みんな自分たちなりに歌い方を考えて。挑戦させていただいた曲ですね。

渡會:(※林に向かって)......あのフェイクすごいね。自分でライン考えたんでしょう? 偉いねえ~。

ベイビーレイズJAPAN:(笑)

林:今までベイビーレイズ、ベイビーレイズJAPANと活動してきて、まずフェイクをやることが初めてで、それに加えて"自分で考えてきてね"とも言われて......提供していただいた曲の中に自分のオリジナルを入れていいと言われたのはなかなかなかったので、聴いていただいた方にノッていただけるような、聴いていて気持ちいいフェイクってどんなものなんだろう?と考えながら洋楽から邦楽までいろんなジャンルの音楽を聴きまくって作って。

渡會:偉いですね~!! 僕はディレクションとかは何もしなかったので、上がってきた音を聴いて"この子うまいね~!!"って言ってたんです。フェイクってヴォーカリストは自分のスウィート・スポットの帯域に当てにいくんですよね。裏声がきれいな人はそこにいくし、同じパターンを何度も繰り返してリズムに当てにいく人もいるし。(林は)自分の声を把握して、ちゃんと抜けてきたなと。女の人は低い声だと抜けにくかったりするんですけど、いいところで当てにきてるなーという感じがあったので"いいヴォーカリストだなあ!"と思って。

ベイビーレイズJAPAN:へぇ~!!

林:めちゃくちゃ嬉しい......! ライヴでたくさん「Pretty Little Baby」を歌って、もっともっとみなさんに愛される曲にしていきたいと思っています。

大矢:私たちの1番の売りはライヴだと強く感じているので、ライヴに来ていただいてファンになっていただきたいんです。なので歌やステージングには全力で取り組んでいます。

渡會:僕は自分が歌うときに女性目線の曲は書かないんですよ。......(自分がそういう曲を歌ってるのは)気持ち悪いじゃないですか(笑)。だから女性目線で書いた曲を女性に歌ってもらえるのは、伝わり方が変わってくるので素直に嬉しいですね。

-ベイビーレイズJAPANのみなさんは、お気に入りの歌詞はありましたか?

大矢:私は2番の歌詞がすごく好きで。メンバーはほとんど10代で、ちょうど大人と子供の間というか――だから"子供でいたい わけじゃないが/つまらない大人を演じそうになるのが嫌だ"という部分は、うん、そうだな......と本当にしみじみ思いました。自分のことをたくさんの方々の前で表現するお仕事をさせていただいているので、自分のことをどんどん自由に解き放っていけたらいいなと思います。

傳谷:(大矢と)同じところもそうなんですけど、2番の"それは愛とか絆とかあなたであるべきだ"という部分がすごく好きで。どんなに他人のことを悪く言う人がいても、その人の根っこにも愛はあるし、人との絆もあるし。私が勝手に感じたことなんですけど、"どんな人にも素敵な部分がある"という気がして......素敵な歌詞だなと思いました。

林:ちょうどこの曲をいただいたときに、自分の将来についてや自分の活動について考えたり悩んだりしていた時期だったんです。よく周りの人から"愛夏は考えすぎる"とか"真面目すぎる"と言われていて......最近自分でも理解してきたんですけど、私はギャグとかが通じないタイプなんです(笑)。でもこの曲を聴いて"ユーモアを思い出して"という歌詞が、自分が悩んで苦しい心を柔らかくしてくれるというか。この言葉だけで"そうだよな、ちょっと固く考えすぎてたな"と気持ちが楽になったので、私たちが歌うことで苦しんだり迷ったり悩んだりしている人を、同じように解き放つことができたらいいなと思います。

高見:"食パン一斤 買えなくって/泣けちゃう朝が来るかも"という男性目線の歌詞があるんですけど、そのあとに私が歌う"私、ごはん派"という歌詞があって。私自身が結構そういうキャラなんですよね(笑)。歌詞の中に"悩んでる男性とおちゃらけた女性"のストーリーがあるのもいいなって。おまけに自分に似てる女性だったので(笑)、嬉しかったです。

渡邊:でんちゃん(※傳谷)と同じ部分なんですけど、"僕を縛り付けるものがあるとしたら/それは恐怖とかプレッシャーとかネガティブではなくて/それは愛とか絆とかあなたであるべきだ"という歌詞がすごく好きで。"縛り付ける"という言葉もネガティヴな印象を受ける言葉だと思うんですけど、それを"愛とか絆とかあなたであるべきだ"という、ポジティヴなものに結びつけるところに感動に近いものを抱いて......。その前に"恐怖とかプレッシャーとかネガティブ"みたいな言葉があることで、きれいな言葉を並べているだけではないところがすごく好きです。――あと、二人称が切り替わるところがいいなって。

渡會:また難しい言葉を......! 神の子!

全員:(笑)

渡邊:1番のときは"僕"目線だと二人称が"君"だったのが、2サビに入るここで"あなた"になっているんです。だから"僕"にとっても"私"にとっても自分を"縛り付ける"のが"愛とか絆とかあなたであるべきだ"ということなのかなと思って......感銘を受けました。