Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

ベイビーレイズJAPAN×FoZZtone

2015年08月号掲載

ベイビーレイズJAPAN×FoZZtone

ベイビーレイズJAPAN

Official Site

メンバー:ベイビーレイズJAPAN:大矢 梨華子 傳谷 英里香 林 愛夏 高見 奈央 渡邊 璃生
FoZZtone:渡會 将士(Vo/Gt)

インタビュアー:沖 さやこ Photo by ミクスケ

-なるほど。素晴らしいと思います。ところでみなさん「Pretty Little Baby」の原曲はご存知でしたか?

高見:知ってました。でも最初に「Pretty Little Baby」を聴いたときは気づかなくて。"あれ? なんか聴いたことあるな"くらいには思ってたんですけど。

傳谷:初めて聴いたのに耳馴染みが良くて。"あれ? どこで聴いたんだろう?"って。それであとから原曲のことを教えてもらって"あ、本当だ!"って。オマージュの曲を歌うことも初めてだったので驚いたし、純粋にすごいなと思いました。

渡會:許諾をいただいて楽曲のパーツを使わせていただく、というやり方で作ったんですけど。(ベイビーレイズJAPANの)メンバーのどこからどこまでが出るキーかを調べて。"これ以上下に行くと抜けが悪い""みんな裏声はこのへんが出る"とかを確認して、いろいろキーをずらして。僕、自分が子供のころからTVでアイドルのみなさんを見ていて、高いキーで歌わされてることが多いなとずっと思ってたので、それはあんまりしたくなかったんですよね(笑)。それと今後曲が増えていくにあたって、みなさんそれぞれが"ここのキーが1番抜けがいい"というのも把握していくと思うんです。それが反映されていく曲がどんどん増えていけば、さらにヴォーカリストとして恐ろしいことになるんじゃないかなと思ってますね。

高見:フーゥ(笑)! 頑張ります!

渡會:あとは勝手な僕の思いなんですけど、ベイビーレイズからベイビーレイズJAPANに名前が変わっているので、世界に打って出ていくんだろうなという気がしていたんです。だから曲のフックとして海外のものをねじ込んでみたら、もしかしたら海外ツアーもあるのかな?って。それで海外の人が"このフレーズ知ってる!"と思うのは、面白いんじゃないかなと思ったんですよね。

大矢:今はひたすら日本を攻めまくる感じですけど――。

林:いつか日本を代表するグループになって、世界に行けたらいいなという願望は強くあるので......そのときは「Pretty Little Baby」を絶対に歌います!

高見:いつでも海外に行けるように、パスポートは取ってます(笑)!

渡會:ベイビーレイズJAPANはアニメの主題歌を過去にやったりしてるし、海外では見られているはずなので、向こうのアニメ・ファンの方は認知してるでしょうしね。

傳谷:......頑張ります!

林:まずは日本だね!

-それでは最後に、ベイビーレイズJAPANのみなさん、「Pretty Little Baby」を制作して改めて気づいた自分たちのことや、この先やりたいなと思ったことなどがあれば教えてください。

大矢:この夏はZepp NambaやZepp DiverCityなどなど、いろんなライヴが盛りだくさんですし、ベイビーレイズJAPANとして初めての夏を迎えるので、「Pretty Little Baby」は今年の夏を盛り上げてくれそうな曲だなと思っています。この曲はクラップが多いので、初めてベイビーレイズJAPANを見た人でも真似しやすいと思うんですよ。なのでもっと、フェスとかにも挑戦したいなと思います。

傳谷:「Pretty Little Baby」は本当に素敵な曲なので、絶対に誰しもが気に入ると思うんです。1回聴けばハマってくれる確信があるので、ライヴをひたすらやって、みんなに歌を届けていきたいです。武道館にみんなを連れて行くという意味でも、もっともっとたくさんの方に私たちを知ってもらいたいなと思います。

林:こうやって「Pretty Little Baby」を作ってくださった渡會さんとお話する機会を与えていただいて、「Pretty Little Baby」のことをたくさん知ることができて......。私たちは作っていただいた曲を歌うという形で活動を行っているんですけど、一緒に曲を制作したという気持ちになれたし、曲について知れたので、今後も楽曲を提供してくださった方とのコミュニケーションを大切にして、曲のことをもっと理解したうえで、みなさんに伝えられたらいいなと思いました。制作に関してはわからないことがたくさんあるんですけど、一緒にその場にいるだけでも肌で感じられることがあると思うので......もっともっと自分たちの楽曲を大切にしていきたいと思いました。

高見:「Pretty Little Baby」の完成版を聴いてみて、ちょっと色気のある曲だなと思って。メンバーの色気を見たことがなかったので(笑)、みんなこんな曲も歌えるんだ!ということに気づかされました。女性に向けたメッセージも強かったりするので......さっき渡會さんさんが"ベイビーレイズJAPANには女性ファンも多い"と言ってくださいましたけど、まだまだ人気者になるためには女性のファンの方も大事なので、この先女性にも強いメッセージを届けられたらなと思います。

渡邊:これまでもいろんな曲を歌わせていただいて、提供してくださった方と曲についての解釈違いがないように......と常々思っていたので、こういう形で曲に対する思いやフレーズごとの意味、メロディについても聴くことができて本当に良かったなと思います。渡會さんの気持ちを背負って、ベイビーレイズJAPANの気持ちを乗せて、「Pretty Little Baby」をたくさん発信できたらいいなと思っています。