Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

THE BAWDIES

2010年04月号掲載

THE BAWDIES

メンバー:MARCY (Dr & Cho) / TAXMAN (Gt & Cho & Vo) / ROY (Vo & Ba) /JIM (Gt & Cho)

インタビュアー:佐々木 健治


-凄くかっこいいですよね。

TAXMAN:この曲は、絶対THE BAWDIESにしかできないって言う自信がありますね。これを普通にやったら、もっと正当なファンクの曲になると思うんですよ。それをここまでいい意味で崩せるのは、僕等しかいない。一筋縄ではいかないし、僕等らしさもしっかり出ているから。

-そうですね。この曲がアルバムの最後にあるのも、いいなと思いましたね。

ROY:そうなんですよ。最後に、アルバム・タイトルの「THERE’S NO TURNIG BACK」っていうのを言って、終る。

JIM:歌詞がそれで終るってところがポイントだよね。

-じゃあ、これは最後に来るっていうのは最初から決めていた?

ROY:この曲の歌詞は最後にそれを言うっていうのは決めていたので。アルバムの最後に来る曲の締めくくりで出てくる言葉がそれだっていうことは、今のTHE BAWDIESを現していると思うから、そこから逆にタイトルをもらったんですよね。

-その言葉には、どういう意思表示が込められているんでしょう?

ROY:『THIS IS MY STORY』っていうアルバムが、今までTHE BAWDIESがやってきたことと、今のTHE BAWDIESがどういう風に成り立っているのかっていうのを伝えたかった。そして、その次のシングル『IT’S TOO LATE』が、今までのTHE BAWDIESはここにはいない。先にいっているから、今頃来ても遅いぞと。ちゃんと付いてきてくれよとという意思表示だったので、このアルバムではTHE BAWDIESはここまで来たぞと。そして、ここからも進むことしかできないし、後戻りはできないぜと。「THERE’S NO TURNIG BACK」という言葉を選びましたね。

-そういうメッセージには結構これまでも自覚的ですよね。

ROY:そうですね。タイトルについてはその時の自分達を表現する言葉を探してやっていますね。

-じゃあ、今回のシングルの「HOT DOG」の歌詞って、THE BAWDIESにとっては根本的なメッセージじゃないですか。それを今、強く出そうと思ったのは何故なんでしょう?

ROY:THE BAWDIESって、やっぱりロックンロール、音楽を楽しもうってことを言い続けていて。考えるんじゃなくて、感じて欲しいってことをライヴでもいろんなところでも言ってきているけれど、それを歌詞と音楽性で一気に押し出すっていうテーマ・ソングみたいなものがなかったので。ここで、THE BAWDIESのスタイルと伝えたいことって言うのを表すような、THE BAWDIESのテーマ・ソングっていうものを作りたかったんですよね。

-このタイミングでそれをはっきりと出しておきたいと。

ROY:そうですね。歌詞は別に難しいこと、考えさせることを歌っているわけじゃないけれど、伝えたいっていう気持ちが強まってきているのは絶対にあると思いますね。

-あと、「I WANT TO THANK YOU」は、またこれまでのTHE BAWDIESにはなかったタイプの曲ですよね。

ROY:これはもう最高のラヴ・ソングができたなと思っていて。余計な気持ちが何もないというか。自分はこう歌ってやろうとか、こうドラムを叩いてやろうっていうのが全くなくて、凄く綺麗な曲があって、その曲を活かすことしかしない。もともとその楽曲が持っていたものを100%出された。だから、聴いていて凄く自然体で、余計なものがない。そういう曲って今までなかったから。楽に聴けるんですよね。自分達の楽曲なのに、あ、いい曲だなって言えるものが初めてできたなと思いますね。

-本当に、これまでのTHE BAWDIESとは違うポップさがありますよね。

ROY:そうなんですよね。リラックスして聴ける曲が出来ましたね。

-結構、これまでにはない感じの楽曲がある中で、やっぱり今の自分達にしかできないことをやれている感じはある?

JIM:ありますね。「KEEP YOU HAPPY」もそうだし。これはTHE BAWDIESにしかできない、凄くハッピーになれる曲だと思いますね。しかも、幸せだっていうのを言われ過ぎてもイラッとするところがあるけど、そこがちょうどいいさじ加減で落ちている。凄く幸せな気分になれる曲ですよね。

TAXMAN:僕は正直、今回全部シングルにしてもいいっていう気持ちで作っていたし、やっぱり、そういう感覚はありますね。

-そう言えば、今回はプロデュースも自分達で?

ROY:そうです。NAOKIさんに教えてもらったことを、またNAOKIさんや他の人に上塗りしてもらうのではなくて、まずは自分達でやってみようと。なんて言うか、染み込ませたかったので。ちゃんと教えてもらったことが自分達に入っているかどうか確認をしたかったし。

-やっぱり『THIS IS MY STORY』の前とは全然違った?

ROY:全然違いますよね。だから、NAOKIさんが今回の作品を聴いた時に一言「俺っぽい」って(笑)。

JIM:言われましたね(笑)。

MARCY:その一言も凄いですけどね(笑)。

-(笑)それは言われて、どう?

ROY:いや、嬉しかったですね。教えてもらったことをちゃんとできているぞって言うことのコンパクトなヴァージョンだと思っているので(笑)。

-(笑)なるほど。分かりました。最後に、今回この『THERE’S NO TURNIN’ BACK』を作ってみて、これまで見えなかったバンドの方向性というか、これからこうなっていくんじゃないかみたいな発見みたいなことってありました?

ROY:次はまたその時のモードが絶対にあるし、これからどうなっていくかみたいなことは明確にはまだ分からないですけど。ただ、メロディが強い曲が増えていくような気がしています。そういう方向には行くんじゃないかと思いますね。もちろん、実際どうなるかは分からないですけどね。これからまたライヴもたくさんあるので、そこでまた新しいことが見えてくるんじゃないかと思いますね。