Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

THE BAWDIES

2010年04月号掲載

THE BAWDIES

メンバー:MARCY (Dr & Cho) / TAXMAN (Gt & Cho & Vo) / ROY (Vo & Ba) /JIM (Gt & Cho)

インタビュアー:佐々木 健治


-これまで以上に、自然体のTHE BAWDIESが出てきた?

ROY:自分達のもともと持っている人間性に入り込んでいる。前回の『THIS IS MY STORY』って、少しクールなイメージだと思うんですよね。僕達は全くクールな人間ではないので。完全にポップな人間なので。

JIM:そうです!

ROY:その人間性が楽曲に出れば出るほど、本来の意味でのソウル・ミュージックなんじゃないかって言う。自分達から自由に出てくる音楽っていう意味でのソウル・ミュージックに近づけた結果ですね。

TAXMAN:今回はナチュラルなんですよね。何も狙っていなくて、例えばこういう曲ができたから、こうしようとか。こうしたいから、こういう曲とか。そういうものが何もなくて。ROYが剥き出しで曲を持ってくるので、それに対してこちらも剥き出しで取り組んでいく。その曲がどうなったらよくなるかっていうことだけを考えてやっていましたね。だから、凄く楽しかったです。今までだと、ちょっと開くことに対しての恐怖があったりしたんですけど、その部分に関してはもう自信がついたことで無くなったから。

-アルバム作りがこれまで以上に楽しかった?

一同:楽しかったですね。

ROY:『THIS IS MY STORY』の時は、アルバムが出来た時は、こう(小さくガッツポーズをして)「よし!」と。今回は、笑顔で「やったー」ってハイタッチする感じというか、そういう状態でしたね。

TAXMAN:『THIS IS MY STORY』は、メジャー・ファースト・アルバムだったから、より僕達のオリジナリティを出さなきゃいけないって言う、ちょっとしたプレッシャーもあった。今回は本当にそういうプレッシャーもなかったし、何をやっても大丈夫だっていうのがあったから。ありのままを出せたし・・・よかったですね(笑)。

-いい意味でロックンロールのコミカルな部分っていうのもこれまで以上に出ていますよね。それは楽しめている感じに繋がるとも思うんだけど。

ROY:この曲がどうやったら良くなるかなって、やってみて出てきたものは入れる。それ以上考え過ぎると良くないから、出てきたものは入れて、考え出したら止める。湧き出るものをどんどん出していくっていう感じはあったから、そこは楽曲作りを楽しめている結果かなと思いますね。

-よく、セカンド・アルバムってファースト以上にオリジナリティを出そうとか、これからどう進むかみたいなプレッシャーが言われるじゃないですか。そういうものはなかったわけですね。

ROY:なかったですね。初期衝動が詰まっているアルバムになったと言うか。

JIM:よくROYが言うオリジナリティを拒むって言うこれまでのやり方があって。THE BAWDIESのオリジナリティを初めて出した喜びみたいな、そういう初期衝動が詰まっていて。とにかく、楽しいんですよね。詰まっている音が全部ハッピーなので、聴いているだけで笑顔になれるアルバムだと思いますよね。

-一番意外と言うか、あ、こういうことをやるんだと思ったのは「GOOD MORNING」で。サザン・ロックっぽいというか。

JIM:サザン・ロックですかね(笑)。

-(笑)そうじゃないですか?結構、僕はそういう風に捉えたんですけど。

ROY:多分、サザン・ロック自体に直接影響を受けたってことはないと思うんですけど。まあ、もちろんサザン・ロックもブラック・ミュージックに影響を受けた人達が生み出したものだし、ルーツが同じで、僕達がそこに近い曲を生んだって言うことなのかもしれないですね。あれは、何なんですかね(笑)?