Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

THE BAWDIES

2010年04月号掲載

THE BAWDIES

メンバー:MARCY (Dr & Cho) / TAXMAN (Gt & Cho & Vo) / ROY (Vo & Ba) /JIM (Gt & Cho)

インタビュアー:佐々木 健治


-(笑)

JIM:何なんでしょう(笑)。爽やかですよね。

ROY:ヴォーカルのメロディが凄くいいと思うんですよね。そこにドラムがガシャガシャ入っているわけではないし、朝のイメージ。アコギで弾語りのような感じで見せられたら、それがこの曲のあり方なんじゃないかなと思って。

MARCY:この曲はもうドラムはいらないんじゃないかっていうくらい、最初から曲が完成されていたので。本当はドラムもやりたくなかったんですけど、これに合うドラムが叩けたらもっといい曲になるだろうなと思って。朝、出掛けに聴くのに本当に凄くいい曲なので。

JIM:毎朝聴いてるもんね。

MARCY:毎朝聴いています。

-そういう最初から完成された曲ができてきた時に、ドラムいらないなって思うものですか?

MARCY:本当にいらないかどうかは分からないけど、これはドラムいらないかもっていうのをこの曲で初めて思ったんですよね。曲調もあると思うんですけど、歌とアコギとタンバリンとか・・・。

TAXMAN:そう、今MARCYが言っていましたけど、今回のアルバムってギター・ソロがほとんどないんですよ。ギター・ソロがなくても、曲がよければ・・・・。

JIM:ギターの話になってる(笑)。

(一同爆笑)

TAXMAN:そう、ギター・ソロとかドラム・ソロとか・・・。

JIM:ちょっと触れてる(笑)。

TAXMAN:ギター・ソロが少ないけど、それで満足してないわけではなくて、曲がそうだから、オッケーっていう考え方をできるようになったアルバムですね。で、それがよく出ている曲の一つですね。

MARCY:そう。前作でNAOKIさんに教えてもらった曲に対する向き合い方っていうのが、やっぱりメンバーそれぞれが曲に向かえるようになった。それが凄く出ているのは、素晴らしいことだと思いますね。

JIM:「GOOD MORNING」については、本当に最初からROYがイメージを持っていたんです。朝起きて、アコギを抱えて、好きな人に歌うって言う。イメージが伝えられていたので、それはなるほどなと思って。確かにそういう風に持っていけたら、絶対いい曲になるなとパッとイメージできたので。ドラム入れて、ギターを入れて。ROYもギターを弾いているんですよ。

-あ、そうなんですか。

JIM:そうなんです。それで、俺は何をしようかなと思って(笑)。部屋の中で歌っているって言うから、俺は外のスズメ役をやったんですよ。

-スズメ?(一同爆笑)

JIM:チュンチュンチュンって言うスズメ役を俺はスライド・ギターで。

ROY:情景をサウンドに出来るだけの余裕があったんですよね。

-ああ、なるほど。

JIM:ここが部屋だったら、外のこの辺に何か飛んでいてもいいなと思って。スライド・ギターを入れたらイメージ通りにできたので、これは気持ちいいなと。まあ、鳴き声というよりは、位置ですよね。情景の中でスズメがいる位置に、スライド・ギターを入れている。そういうイメージはうまく表現できましたね。

-情景に限らず、そういうイメージって言うのは、他でも結構湧いてきました?

ROY:情景系だとこれが一番強かったかな(笑)。

JIM:(笑)まあ、でも何かしらありますよね。色だったり、情景だったり、立ち位置だったり。それは全部の曲でうまく表現できたと思いますね。

ROY:うん。だから、ある意味これだけバラバラな曲たちを本当にその曲毎に作っていって、まとまるかなと少し不安になったりもしたんですよね。でも、今僕達が言いたいことややりたいことが一曲一曲それぞれに入っているから、11曲出来上がった時に凄くまとまりのいいものになっていたというか。例えば、「GOOD MORNING」と「B.P.B」が並んでいても自然となじんでいる。