Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

FEATURE

Japanese

THE BAWDIES

2011年09月号掲載

THE BAWDIES

ライター:島根 希実

この夏も多くの夏フェス出演を果たし、来る11月27日には、いよいよ初の日本武道館公演を控えるTHE BAWDIES。そんな彼らが次に仕掛けるのは、映像によるロックンロール!それが、初のPV集『KEEP ON MOVIE』。インディーズ時代から2曲、そして最新シングル「LOVE YOU NEED YOU feat. AI」までを網羅した本作はビジュアルによるTHE BAWDIESベストと呼ぶにふさわしい内容となっている。

ライヴでもCDでもレコードでもない、映像作品としてのTHE BAWDIESとはどんなものなのか。こうして全11曲立て続けに見ると、ライヴでの勇ましさは影を潜め、兎に角、愛嬌たっぷり。アイドルにだって負けないポップでキャッチーな要素が満載。全てがエンターテインメントにしっかりとコーティングされ、コマーシャルとしてのロックンロールが生き生きと展開されている。四者四様の個性が際立ったパワフルで華やかな映像や、メンバーのキャラクターやルックスも、実にポップな手触りに仕上がっている。

そもそも、THE BAWDIESの持つ膨大なロックンロール・エネルギーには、“ロールする”ための作用点がいくつもあるので、どこに力を加えると、どのように転がっていくのか全くもって想像がつかない。本作では、特にエンターテインメント性が色濃く出たというところだろう。しかし、それすらほんの一部。彼らは、これまでもバンドの歴史の中で様々な形でもって“ロール”し、その力を発揮してきた。

04年、小学校からの同級生のROY、JIM、MARCYと高校からの同級生TAXMANによって結成。08年頃より、’60~’80年代のリズム&ブルース、ロックンロールのルーツを完璧に再現したサウンドと、圧倒的なヴォーカルが注目を集めていくことに。だが、音楽的には当時は単にルーツ・ミュージックの模倣でしかなかった彼らだが(意識的にオリジナリティは出さないようにしていたそう)、何より素晴らしかったのは、音楽に対する認識すらも原点回帰してみせたところにある。

現代に再び謳われた“パーティーとして、ロックンロールすることの楽しさ”。彼らが何故ここまで愛されるに至ったのか、その最大の理由は、その底抜けに明るくポジティヴなパフォーマンスが、いつだって最高のパーティーを作りだしてくれたからだ。“ロックすること”の爆発力と、“ロールすること”によるそこからの広がりが見せる最高のパーティーは、ひねくれ者の音楽かぶれだろうが、モッシュしてダイブしたい10代だろうが関係なしに心を掴まれる。

ライヴでもって、真っ直ぐでポジティヴなロックンロールを発進することの強さを証明し、同時にフロアを“躍らせる=スウィングさせる”ことで“ロール”し続けてきたTHE BAWDIES。文字通り、ロールすることで、単に直球のロックと一線を画し、更に逞しいロックンロール・バンドへと成長を遂げてきたのだ。そして、昨年リリースされた『THERE'S NO TURNING BACK』では遂にルーツ・ミュージックから脱却した完全オリジナルな音を鳴らすことに成功。そして全ての力が全力で作用する無敵の1枚『LIVE THE LIFE I LOVE』へと繋がる。一つ一つ足枷を外し、それをまた新たなパワーとして吸収し、作品を完成させる度に、バンドとしてもオリジナルな存在へと飛躍してきたのだ。

この映像作品集では、ひとまず、彼らの愛らしい一面を堪能していただきたい。そして、その際は、くれぐれもここから発進される熱く優しいロックの力量を、あなたの笑顔で換算することをお忘れなく。

  • 1