Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

THE BAWDIES|SUMMER SONIC 2011

2011.08.13 @QVCマリンフィールド&幕張メッセ

Reported by 島根 希実

太陽がさらに真上から私たちを照らし出す午後1時、MARINE STUDIUMにはもう一つの太陽THE BAWDIESが登場だ。この炎天下の下、トレード・マークである揃いのスーツを着込む4人。上からはじりじりと照りつける太陽、前からはオーディエンスの熱気、そしてステージには最も熱い男ROY! これはもう、息つく暇なんてない予感。

暑さに、熱さで勝負を挑むTHE BAWDIES。熱中症なんてなんのその、いきなりの「IT'S TOO LATE」で、まだまだ熱くせんとばかりにシャウトしまくる!しかし、熱いだけじゃない。そのヴォーカルには迸るような生命力が燃えたぎっている。要は“超”熱いのだ! 続く「JUST BE COOL」は、冒頭のTAXMANのギター・リフが涼しげにスタジアムにこだまするも、すぐにROYのヴォーカルがそれを飲み込み、会場はロックン・ロールのエネルギーの渦の中へ。

だが、ここからがTHE BAWDIESの本領発揮、「KEEP ON ROCKIN'」「ANNE」では、その軽快なメロディに乗って、フロアはスウィングしていく。ロックから一変し、オーディエンスは横乗りに。そして、「YEAH」で真昼間のダンス・タイムに突入だ。

スウィングも生まれ、ジャンプもクラップも止まない、もうこれ以上ないと思われた熱さが、ますます高まっていく中で、“召し上がれ!”と差し出されたのが「HOTDOG」って……。もう、フロアは満腹で死にそうだ。しかし、尚も煽るROY、“ここまできたなら全部脱いじゃって下さいよ!心のオパンティ脱ぎ捨てて!それこそが、心のバスト・アップ・ブラってやつじゃないですか!”と一声けるなり鳴りだしたのは「YOU GOTTA DANCE」。今度はジャンプの嵐だ!どこまでも男臭い男は限度を知らないのだ。

“日本がこれだけ元気だぞっていうのを見せてやりましょう!”というROYの言葉の通り、ステージとスタジアムに大輪の笑顔が咲き誇ったラスト・ナンバー「A NEW DAY IS COMIN’」。鳴り響くハーモニーとクラップの中、熱さに顔を真っ赤にしながら誰もが満面の笑みを浮かべるその光景が、これが最高のパーティーとなったことを意味していた。

流石は夏フェス・キングTHE BAWDIES!!恐れ入りました。