Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

COLUMN

YONA YONA WEEKENDERSキイチの漫ろ歩き【第5回】

2022年05月号掲載

YONA YONA WEEKENDERSキイチの漫ろ歩き【第5回】

YONA YONA WEEKENDERS

Official Site

あっという間に春が終わり、早くも夏が近づいてきてる2022年。ほんとアレっす、毎年毎年時間が過ぎていくのが早くてもう......。


コロナ禍が続き、花見だったりお祭りだったり、季節の風物詩を楽しむことが難しくなってしまっている気がしますね、悔しい!花見っていう花見じゃないですが、夜にふらっと公園行ったくらいですかね。
制限が解除されたからといって気は抜けず、周りでも感染者は増え、ライブのキャンセルや延期はなんとなく当たり前のように仕方ないよねっていう空気感が漂ってますね。本当に仕方ないんですけど。嫌ですけど!笑

最近はご夫婦で散歩されている方々をよく見かけます。とてもいいなと。繁華街ではなく、住宅街や公園周辺で缶片手に歩いていたり。

僕は缶片手に散歩をしたりだとか外で飲むことはすでにライフワークと化していまして、20代前半から続けています。コロナ禍だからとかではなくです。これが僕にとって大事な時間。

街の空気、その時にたまたま起こる出来事、出会い、ここ数年の自分を作り上げたと言っても過言ではないスタイル。

ここは幡ヶ谷~代々木上原のところにある雑貨屋アコテ。ここの通り好きです。Russet Burbankっていうオールドのマクドナルドのフィギュアとかがたくさんあるお店もあります。

調べてどこかに行く、ってより出会い、発見。
こういう時間が一番刺激的。

少し前に江口寿史さんの展示もいきました。
銀杏BOYZファンにはたまらないボツになったジャケ案などもありまして......とにかく最高。
いつか描いてもらえたらいいなーなんて。
憧れちゃう!

閉鎖的になりがちな昨今ですが、何も外に出るな!と言われてるわけではないですからね、自分なりに気をつけながら新しい楽しみを見つけるっていうのがいいと思います◎

ようやくライブでもお酒が飲めるようになってきましたよ!先日、CRAFTROCK FESTIVALにて野外ステージトップで磯野の『かんぱ~い!』からライブを始めさせていただきました。僕たちの本領がようやく発揮される時!

4月15日に行われた僕らのイベントINGING TOKYO vol.02ではライブハウスのビールがなくなりました......みんなすごいな笑

僕たちなりの超最高で超絶景を今年はたくさん観ていきたいと思います。ライブハウスで待ってますね!

YONA YONA WEEKENDERS

"ツマミになるグッドミュージック"を奏でるメロコア・パンク出身の4人組。磯野くんの表現力豊かな歌声と骨のあるバンド・サウンドが魅力で、2018年の自主制作盤リリース・パーティーでは深夜イベントながら500杯近くの酒が出る異例の事態に。2021年4月にメジャー・デビュー。11月に1stフル・アルバム『YONA YONA WEEKENDERS』をリリースした。2022年6月にはLIQUIDROOM ebisuにてワンマン・ライヴを開催することが決定している。