Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

アルカラ

Skream! マガジン 2018年03月号掲載

アルカラ

Official Site

2018.01.27 @Zepp DiverCity TOKYO

吉羽 さおり

アルバム『KAGEKI』を引っ提げた全国ツアー"KAGEKIにやってくれないかチュアー"の最終日が、1月27日にZepp DiverCity TOKYOで行われた。このツアーではスーパーサポートギターヒーロー(SSGH)として為川裕也(folca)、竹内亮太郎が参加していたが、終盤の東名阪Zepp公演ではさらに滝 善充(9mm Parabellum Bullet)の出演も発表され、"何やら起こりそうな予感がする"、場内はそんな熱気で満ちていた。

メンバーのシルエットが大きく浮かび上がってフロアへと襲い掛かるような「3017」から抑えめの照明でクールに魅せた「如月に彼女」、そしてアグレッシヴなスラップ・ベースで一気に熱量を上げる「アブノーマルが足りない」へと、ライヴ冒頭から猛烈なテンションで観客を掴んでいく。このツアーを共に走ってきた為川と、稲村太佑(Vo/Gt)、下上貴弘(Ba)、疋田武史(Dr)の息はピタリと合っていて、さらに新たな風が吹き込んだケミストリーからかバンドの馬力が上昇。前のめりに食って掛かるような勢いがあった。"(俺ら)むっちゃかっこいいなぁ"と、マイクを通さず独り言のように呟いた稲村は、ステージ上のメンバーと気持ちのいいグルーヴが出ていることを確認し合っていた。観客も同感し、大きな歓声を上げる。

中盤に向かい、自称"ロック界の奇行師"アルカラの奇妙奇天烈な世界へと観客を引き込んで、翻弄していく。パンキッシュな「さ・あ・な」から、アコースティック・ギターのリリカルな響きとメロウな歌の「銀河と斜塔」、「コンピュータおじさん」ではステージに手作り感溢れる"時代遅れのコンピュータ"が登場したり、稲村がバイオリンを奏でる「箱」では叙情的且つシアトリカルなアンサンブルを響かせて、観客をアルカラのさらなる深部に誘い込む。俳句を詠んだり、物販紹介をしたり、SHISHAMOの宮崎朝子(Gt/Vo)のモノマネをしたりと稲村のMCも絶好調で、"盛りだくさんやわ"と自画自賛する。そしていよいよ、滝を召喚。"ロック界ギタリスト・ランキング、30代ぶっちぎり1位の荒くれ者"と稲村が紹介し、"夢のようなアルカラをお届けします"と言うと、「はじまりの歌」、「半径30cmの中を知らない」、「水曜日のマネキンは笑う」、そして新曲まで披露した。当初は2曲ほど手伝ってもらう予定だったが、一緒にスタジオに入ったらどんどん曲が増えてしまったという。危険物同士を掛け合わせてしまった激烈なアンサンブルだが、一方でアルカラはどこまでいってもアルカラなんだなという、バンドとしてクセのある味の濃さも感じずにはいられない。

結成15周年を迎え、アルバム・ツアーを前に正規ギタリスト不在という難題にぶつかったアルカラ。それでも様々なバンドの助けを借りて、"まだまだこれからアルカラはステージにかじりついていくので、心配せずついてきてください"(稲村)と言えるツアー・ファイナルを迎えられたことはとても大きい。後半は、再び為川を迎え、タフになったバンドの姿を見せる。「ミ・ラ・イ・ノ・オ・ト」、「やるかやるかやるかだ」、そしてラストは"KAGEKIにやってくれないか"、"来世も傾くさ"と歌う、アルバム『KAGEKI』の精神を凝縮したような「さすらい」をド派手にキメて締めくくった。

アンコールでは為川と滝だけでなく、菅原卓郎(9mm Parabellum Bullet/Vo/Gt)、9mm Parabellum Bulletのサポート・ギターを務め、アルカラとも親交の深い武田将幸(HERE)も登場して、"BABELスタイル(※9mm Parabellum Bulletのアルバム『BABEL』リリース・ツアーでのライヴ・スタイル。滝のライヴ活動休止中に為川と武田がサポートを務め5人編成で演奏した)"の再現とばかりに、「チクショー」を披露。さらには、『KAGEKI』にボーナス・トラックとして収録された「RADIOから聴こえるJ-POP」を"リアルに"披露。15年後のアルカラを再現し、白髪頭の爺さん姿(どう見ても年を取りすぎだが)で登場してアグレッシヴにプレイするという、最後の最後まで盛りだくさんにショー・アップされた濃厚な一夜となった。


[Setlist]
1. 3017
2. 如月に彼女
3. アブノーマルが足りない
4. キリギリスのてんまつ
5. HERO
6. さ・あ・な
7. 銀河と斜塔
8. コンピュータおじさん
9. シェイクスパイ
10. 箱
11. はじまりの歌
12. 半径30cmの中を知らない
13. 水曜日のマネキンは笑う
14. 新曲
15. デカダントタウン
16. ミ・ラ・イ・ノ・オ・ト
17. ひそひそ話
18. ランボー
19. 防御線の果て
20. やるかやるかやるかだ
21. LET・IT・DIE
22. さすらい
en1. キャッチーを科学する
en2. チクショー
en3. RADIOから聴こえるJ-POP