Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

植田真梨恵

2016年01月号掲載

植田真梨恵

インタビュアー:石角 友香

意志的な中にほんの少し不安げな表情をのぞかせるアーティスト写真が、この冬に届けられるシングル『スペクタクル』の本質を物語っている。デビュー以来、久々に自分を見つめたり、遭遇する出来事に落ち込んだという彼女。それがマイナスのパワーでも気持ちを燃やした曲なら世に出そうと思っていたというが、結果的に力強く、エモーショナルなギター・ロックに着地した。自分の足で立ち、歌の力で聴き手の奥深いところを揺さぶる植田真梨恵の新章が幕を開ける。

-前作の『わかんないのはいやだ』(2015年リリースの3rdシングル)以降の植田さんを、ツアーで届けられた手応えはありましたか?

そうですね......ツアー1本1本が全然違うツアーだったんで、ライヴをやるごとに本当にドキドキしていて。毎回ちゃんとうまくいくかな?と思いながらのことでしたね。"LIVE TOUR UTAUTAU"もそうですけど、その場の空気を感じ取りながら届けたいと思っていて。やっぱりお客さんのパワー感もその場で全然違うんですよ。それをすっごく感じながらライヴを進めている中で、「わかんないのはいやだ」をみんなが一緒に歌ってくれたときに、毎回感動していました。

-そして今回もというか、植田さんの楽曲はいつもタイトルの引きが強いんですが。

そうですね(笑)。

-『スペクタクル』は2016年一発目のシングルになるわけですけど、そういうところで考えた部分はありますか?

リリース時期自体は、冬っていうのはわかってたんですけど1月になるかどうかっていうのは微妙なところだったんで。でも実際にできてみて、もう一度始めるというか、思いを確認し直すようなところが強い曲になったので、結果的に良かったなというふうに思っています。

-油断してると"えっ?"っていうぐらい急に歌が始まって。全部聴くと、自分自身に向けた決意がわかってくるんですけど、最初聴いたときは突然始まるんで驚きました。

私も思いました(笑)。先日ラジオで初めて放送したんですけど、"では、聴いてください、植田真梨恵で「スペクタクル」"って曲紹介をした途端"あ、始まってる"って(笑)。

-(笑)曲はどうやってできてきたんですか?

そうですね......この曲を書くまで、わりと久しぶりに"曲をいっぱい書きたいぞー"ってモードの中で書いていたんです。そうしたら、そのときの気持ちがそのまま出て、暗めの曲がいっぱいできたんですね。秋口が特に暗かったんですけど。で、"どうも暗い曲しかできないな。まぁ、冬だし暗い曲でもいいけど、なるべく前向きな曲を歌いたいなぁ"みたいなことはずっと思っていました。このままリリースして大丈夫かな?と思いながら、ぽんぽんぽんと暗い曲が続いたときになんとなくこの曲(Track.1「スペクタクル」)ができてきて。自分のモード的にも、じーっとうずくまってるところから、少しずつようやく開き直ってこれるかな?ぐらいのタイミングだったと思うんですけど、本当に自分の抱えてる気持ちと同じような曲ができていったんです。歌い始めの"つまりは それでも 信じる"っていう一節も実際、考えあぐねた結果、"それでも信じる"ってことだけが自分の中に残って、書き始めた曲です。

-何をそんなに考えこむことが?

そうですねぇ......私は秋にすごく弱いんですよ。それで秋のことを好きになったり嫌いになったりしていたくらい。すごく左右されてしまうんですよ、簡単に言ったらセンチメンタルなんですけど。それと、25歳になっていろんなことを考えているときに、自分自身が置かれてる状況に対してお仕事とか関係なく、ただ生きてるひとりの人間としてブチあたることが多くて。それで、"どうにもならないな""困った、どうしよう"って、落ち込んでいました。

-言える範囲でかまわないので、どんなことにブチあたっていたんですか?

まぁ、人間関係もそうですけど、実際に変わっていくようなこととか。ただひと言で信じるだけでは無理なのかもしれないなと思うようなことや家族のこととか。あと、性格上ずっと逃げていたような部分とか(笑)、なるべく見ないようにしていたことに、目を向けさせられたっていう感じでした。

-たしかに25歳ってまだ全然勢いで行けると思うんですけど、ちょっと考えるタイミングなんですかね、四半世紀とか。

そうですね、四半世紀って思いながら過ごしているんですけど(笑)。なんかたまたま重なりましたね。ツアーが終わるタイミングとか、制作に入るタイミングとか。それに自分の誕生日もそのころにあったので、そのあたりでデビュー以降初めて立ち止まって考えたというか、やっとちょっと落ち着いたときに落ち込んでしまったというか。そういう波が初めてきました。