Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

fhána

2015年11月号掲載

fhána

メンバー:佐藤 純一(Key/Cho) yuxuki waga(Gt) kevin mitsunaga(PC/Sampler) towana(Vo)

インタビュアー:吉羽 さおり

『ワンダーステラ』に続くfhánaのニュー・シングルは、TVアニメ"コメット・ルシファー"のオープニング主題歌『コメットルシファー ~The Seed and the Sower~』。今回のタイアップは単なる主題歌という枠を超え、作品のイメージ・ソングとなる「コスモスのように」も手掛けるなど、作品の世界観と切り離せない濃いタッグを組んでいる。towanaのハイトーンが天空へと駆け上がっていくような直球の表題曲、一転して静謐で内省的な美しさを持った「コスモスのように」。また新たな彼らの面が展開した、新鮮な1枚になった。

-今回TVアニメ"コメット・ルシファー"の主題歌ということなんですが、相当、スピード感があってかなりエクストリームな曲になってますね(笑)。

kevin:エクストリームですね(笑)。スポーツ感があるような。

佐藤:今回"コメット・ルシファー"というアニメ作品の主題歌のオファーを、fhánaご指名みたいな形でいただいたんです。これは、今まで以上に気合いを入れていい曲を作らなきゃなという気持ちがまずありましたね。監督さんが"マクロスF"などを手掛けてる菊地康仁さんで、音楽を絡めた構成を得意とされている方なんです。今回も、アニメの放送前にイメージ・ソングの動画が2曲アップされていたり、放送が始まったあともいろいろ仕掛けがあると思うんですが、そういうのありきで話をいただいたんですよね。それで、1番最初に作ったのが表題曲じゃなく、カップリング曲「コスモスのように」(アニメ盤:Track.2)で。

-こちらが先だったんですね。これはまた表題曲とはまったく違った、美しくメロウな曲ですね。

佐藤:これはアニメのイメージ・ソングとして放送前に公開されるので、先に作らなきゃいけなかったんです。「コスモスのように」は劇伴を手掛ける加藤達也さんとの共作で、この曲のメロディがアニメの劇伴としても使われていくので。これがまず大変でしたね。共作というのも難しいですし、普通のポップスの構成じゃないので。しかも、まず歌詞の頭3行目の途中まで加藤さんが作ったメロディで、そこから先の展開やイントロを作り足していくという(笑)。

-さらに難儀な。

佐藤:これはどうしたものかなと(笑)。イメージ・ソングは2曲あって、もう1曲はすべて加藤さんが手掛けているんですけど、ダンサブルなもので。「コスモスのように」は静かな曲にするというオーダーがあったんです。でも作っていくと、どうしても盛り上げたくなってきて(笑)。そんな苦労の末に完成するやいなや、今度は表題曲ではなくyuxuki君が作曲したカップリングの「c.a.t.」(アーティスト盤:Track.2)の方のレコーディングを先に進めて(笑)。僕はその間に表題曲を作っていくという、かなりぎゅっと詰まった制作で。

kevin:制作もエクストリームでしたね(笑)。

佐藤:表題曲に関しては、"コメット・ルシファー"が冒険ものというか、"ジュブナイル"且つ"ボーイ・ミーツ・ガール"という王道的なもので。"天空の城ラピュタ"とか、昔で言えば"ふしぎの海のナディア"の系譜なので、僕の気持ちとしてはストレートな曲を作ろうと。高校生、大学生でバンドをやっていたときのような、初期衝動的でかっこいい曲を作るぞっていう気持ちで、最後まで直球勝負で作った曲ですね。今までの曲は、転調したり構成が複雑だったりとか、もう少しシンプルにすれば良かったなと思っていたんですけど――。

-そうだったんですか(笑)。

佐藤:これは最後まで直球で行こうと作りきって。あと、今回の制作に入る前に、いろいろと他の最近のバンドのライヴを観に行ったりしていたんです。ライヴで盛り上がっている彼らを観て、メラメラとした思いが募っていて(笑)。だから、"コメット・ルシファー"というアニメ作品のことを考えて作りつつも"アニソン"というジャンルのことはまったく考えずにストレートに作った感じですね。

-そのライヴの影響や闘志からなのか、アンセム感があって、且つ重厚なコーラスも入っていますよね。

佐藤:"イエー"とかも入ってます(笑)。

-そのアニメの制作サイドからfhánaでというお話は、fhánaのどういう部分が求められたんでしょう?

佐藤:それがわかんないです(笑)。

一同:はははは!

yuxuki:特にオーダーもなかったですもんね。

佐藤:なかった。

towana:信頼して任せてもらったところはあると思います。

-それだけに力も入るし、間違った球を投げられない。

佐藤:イメージ・ソング「コスモスのように」のオーダーは細かかったですけどね。表題曲は逆に、"fhánaらしく作ってください"というような。

yuxuki:この話をいただいたのが、ちょうどツアー・ファイナルの打ち上げのときだったんですよね。制作がそのあとだったので、ツアーをしてきた勢いもそのまま乗せられたというか。毎回レコーディングのときには、スタジオ・ミュージシャンの方にお願いをしているんですけど、今回はツアー・メンバーでやって。だからバンド感と全体のグルーヴが出せたし、そういう意味でもいいタイミングで作れたと思いますね。

-ツアー・メンバーでやろうっていうのは、自然とそういうふうに決まったんですか。

佐藤:そうですね。やっぱり、ライヴを重ねてきて連帯感とか出てきていたので。"そりゃあ、このメンバーでやるでしょう"っていう感じはありましたね(笑)。

-一方の「コスモスのように」の方は、どういうレコーディングだったんですか。

佐藤:これは歌とストリングス以外の楽器の録音やアレンジは家でやってきたので、連帯感や一体感を凝縮させるというよりは、悩みながら構築していった感じでしたね。結果、面白い曲ができて良かったですけど。