Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

SILENT SIREN

2019年03月号掲載

SILENT SIREN

メンバー:すぅ(Vo/Gt) ひなんちゅ(Dr) あいにゃん(Ba) ゆかるん(Key)

インタビュアー:宮﨑 大樹

10年目に向かっていくサイサイのいい部分が詰まっている


-さて、ここまで歌詞をメインに聞いてきましたけど、演奏面でのこだわりのある曲をあえて1曲選ぶとしたらどの曲ですか?

あいにゃん:ベースとしては「無重力ダンス」ですね。シンセ・ベースを弾いているのも初めての試みだし、Bメロはウォーキング・ベース、サビはスラップなんですけど、目立つスラップというよりはわりと落ち着いた感じにして、あとオクターブ奏法も入っています。いろんな奏法をしたので難しいんですけど、弾いていて楽しい曲になっていますね。ライヴ中はみんなでやる振付がある曲でもあるので、やりたいことを詰め込んだ曲です。

ひなんちゅ:ドラムは「ALC.Monster」です。普段はあまり使ってこなかったツイン・ペダルを死ぬほど使っています。あいにゃんはツイン・ペダルがすごく好きらしく、熱い要望があったので重い腰を上げました(笑)。いつもはキメのツイン・ペダルなんですけど、今回は細かいところもツイン・ペダルという1曲です。

すぅ:私は「渇かない涙」かな。ピアノから作ったということもあって、ピアノのフレーズを初めて考えてみました。ギターで言うと、歌のメロディとして使おうかなと考えていたものをあえてギターのリフとして入れているんです。

-もしかしたらそっちがメロディになっていたかもしれないということですか。

すぅ:そうなんです。聴こえているか聴こえていないかわからないくらいにしているんですけど、実はそういうのが意外といいんだなぁって思いました。ライヴ・アレンジはまた別なので、そこがどうなるのかもまた楽しみです。

ゆかるん:キーボードは「恋のエスパー」ですかね。イントロから印象的なフレーズを弾いているし、"この音色はエスパーっぽいよね"とか話して音色を決めました。一番抜けて聴こえるのってイントロ、アウトロ部分なんですけど、AメロとBメロでも1番と2番で全然違うことをしています。2Bでは細かく動いていて、曲の中で遊んでいるような展開のある、いつもとは違うキーボードになっていますね。

-本作を引っ提げたツアー"SILENT SIREN LIVE TOUR 2019『31313』~サイサイ、結成10年目だってよ~supported by 天下一品"も3月から予定していますよね。こちらはどんなツアーになりそうですか?

ひなんちゅ:今回のアルバムは前回よりも新曲の多い、ボリュームのある作品になっているので、このアルバムを聴いてツアーに行きたいと思ってくれる方も出てくるんじゃないかなと思っています。"もっと聴きたいな"、"この曲をライヴで聴きたいな"と思った方はぜひライヴハウスに足を運んでいただけたらなと思います。

あいにゃん:今回のツアーでは釧路に初めて行きます。釧路は私の父の出身で、父もバンドをしていたので、個人的にすごく嬉しく思っています。

ひなんちゅ:13本目の5月1日で元号が変わるんですよ。"3"、"1"にまつわりすぎてて怖いんです。5月1日はすごいライヴになるんじゃないでしょうか......もう平成じゃないんだよ?

すぅ:名古屋(※平成最後のライヴ)でめっちゃ"平成ぃ~!"って言おう(笑)。

-(笑)では、そのほか告知したいことなどあればお願いします。

ひなんちゅ:5月18日、19日にメットライフドームでメディア・ミックス・プロジェクト"BanG Dream!(バンドリ!)"のガールズ・バンド、Poppin'Partyさんとのツーマン・ライヴ"NO GIRL NO CRY"があります。今、絶大な支持を得ているバンドなので、バチバチにやってやろうかと思ってます(笑)。

-最後にSkream!読者へメッセージをお願いします。

すぅ:3月13日にリリースするアルバム『31313』は、10年目に向かっていくサイサイのいい部分が詰まっているアルバムだと思うので、これを聴いてツアーに来てほしいです。ツアーはライヴハウス公演なので、熱気を感じられるようなライヴにしたいと思います!