Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

Poppin'Party

2019年01月号掲載

Poppin'Party

メンバー:愛美(戸山 香澄/Gt/Vo) 大塚 紗英(花園 たえ/Gt) 西本 りみ(牛込 りみ/Ba) 大橋 彩香(山吹 沙綾/Dr) 伊藤 彩沙(市ヶ谷 有咲/Key)

インタビュアー:宮﨑 大樹

-Blu-ray付生産限定盤には、2019年1月から放送がスタートするアニメ"BanG Dream! 2nd Season"のオンエアに先駆けてオープニング曲「キズナミュージック♪」のノンクレジットVer.が収録されていますよね。

愛美:6thライヴで披露したときに後ろのスクリーンで映像を流させていただきました。新しい衣装をポピパ(Poppin'Party)のみんなが着ているんです。みんなで手を繋いで"ピョン"って跳ねるところがあるんですけど、ポピパらしいし、絆を感じて大好きなカットです。

-「Home Street」にも関連するゲームのエピソードなどがあるんですか?

西本:いつもお世話になっている商店街に何か恩返しをしたいと思った牛込ちゃんが、商店街を盛り上げようとみんなに助けてもらいながら一生懸命作った曲なんです。そこ(商店街)を歩くだけで楽しくなる、ワクワクするような楽曲ですね。牛込ちゃんは、お姉ちゃん(牛込ゆり)の影響をどうしても受けてしまうことに悩んでいて"私らしさってなんだろう"って、もがきながら作った曲でもあります。だから"昨日よりも 強くなれたよ"とか"成長していく わたしのことを/どうかいつも 見守って"とか、歌詞の中にもそういう感情が表れていますね。あと"コロッケパン"とか"ちゅんちゅんちゅん♪"とか、かわいいワードを入れるのも、りみっぽいなと思います(笑)。かわいいながらも強い思いが詰まった曲になりました。「キズナミュージック♪」が胸を揺さぶるような楽曲なので、そのあとのカップリングとして、心をほぐしてくれるというか、温かい気持ちにしてくれる曲になっていると思います。

愛美:りみりん(牛込りみ)は天才だよ。高校生がこの曲を作っちゃうんだもん。めっちゃいい曲。

-本当にどの曲もストーリーに沿っているんですね。

愛美:作詞の中村 航先生が、ポピパのストーリーとか、キャラに合わせた歌詞を書いてくださっています。ポピパが歌わないと完成しない曲になっています。

-ファンの人にとっても曲ごとにストーリーの思い入れがあるわけですね。

大橋:感動的な曲がいっぱいある気がします。泣きメロが多いというか、どの曲を聴いても感動しますね。

愛美:うん。なんだろうね、この感じは。一瞬で過ぎ去ってしまう青春が表されているのか。

大塚:たしかに。"王道ガールズ・ロック・バンド"と言っているだけあって、ど真ん中なのは感動なのかな。いろんなバリエーションの曲があるなかでも、そういう"ポピパと言えば"みたいなサウンドの統一感があるのはすごいなって思います。

-「Home Street」のレコーディングで印象に残っていることはなんですか?

愛美:レコーディングのときに"1番は静かでしっとりした感じで、だんだんと温度感が上がっていくように"というディレクションがありました。なので家を出て商店街に着いて、商店街を歩きながらるんるんとしている気持ちを温めて歌いました。歩いているときなんかに聴いてほしい曲です。いつも歩いている通学路とか、通勤にピッタリだと思います!

伊藤:先にストーリーのセリフ収録をしたときに"本当に歩き出したくなる"みたいなセリフがあって、"本当かなぁ?"って思っていたんです(笑)。でも聴いたときに本当に歩き出したくなって、すごいなって感じました。

大橋:運動するときにも聴きたい。ランニング・マシーンとかBPMがちょうど良さそうだなって思います。

-1曲ずつ聞いていきましたが、改めて本作ができあがってみての印象はいかがですか?

愛美:感動系の「キズナミュージック♪」と温かくてかわいい「Home Street」で、ポピパらしさがMAXに表現できた1枚になったかなと思います。ポピパが好きな人にもオススメですし、ポピパを知らない人にも"こんなバンドだよ"って紹介できますね。

-"バンドリーマー"(※"BanG Dream!"ファンの呼称)はもちろんですが、どんな人に聴いてほしい作品ですか?

大塚:やっぱり現役でバンドをやっている高校生の女の子に聴いてほしい。コピバンしてほしいな。

愛美:(コピバン)してほしい! 難しいよぉ~(笑)!

大橋:"学生時代に戻りたいな"って思っている大人の人にも聴いてほしい。"あの青春を思い出したい"みたいに思っている方に。

愛美:私は、仕事で疲れている"そこのあなた"に聴いてほしい。

一同:(笑)そこのあなたー(笑)!

愛美:聴いたら元気になると思います!