Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

岡崎体育

2019年01月号掲載

岡崎体育

インタビュアー:TAISHI IWAMI

"サブスクを意識して音数を減らした"現代への対応力と自由な発想が示す、岡崎体育の新たなフェーズ


-続いて私が聞きたい曲は「弱者」です。これまでミニマルはひとつの要素だった。ここまで1曲通してクラブ・ミュージック的なループの魅力に迫ったのは初めてですよね?

これまでの作品よりも音数をグッと抑えてダイナミクスを意識しようと思いました。今は日本でもサブスクが主流になってきてる。でも日本のミキシングとかマスタリングってガンガン音を詰め込むから、サブスクとは合わないんです。洋楽の次にシャッフルで日本の音楽がくると、嫌な感じで音がデカいと感じる。

-はい。

普通にヘッドホンとかスピーカーで聴いてるならそれでいいのかもしれないけど、サブスクだとラウドネス規制がかかるんで、バチバチに音を詰め込んでたらローが出なくなるんです。それが嫌だったんで、ローのダイナミクスを意識して、できるだけ音数を少なくして単調なループにしてミキシングにもこだわりました。波形で見ると小さなことなんですけど、サブスクで聴いたときに、洋楽に負けないローを出すことへのこだわりが最も顕著な曲だと思います。

-「確実に2分で眠れる睡眠音楽 (Interlude)」は、騙されたと思って聴いてみたら、たしかに夢見心地な世界に飛んだんですよね。私は疑ってかかったにもかかわらず、睡眠一歩手前までいきました。絶妙なアンビエンス。

制作のときにスランプがあって眠れなくなったんです。そんなときに"確実に3分で眠れる"という動画があって。でもそれ、2時間あるんですよ。だから"俺は2分できっちりで収めたる"って......そんなに深い意味はなくて単にボケ逃げですね。

-前作『XXL』に収録されていたのは、「電車で聴くと映画の主人公になれる曲 (Interlude)」でした。

どのアルバムにもインタールードで茶番みたいなのを入れるようにはしてます。

-そこからの後半。岡崎体育さんの曲でもし"音楽ライター"をネタにしたら出てきそうな言葉、"カタルシス"がある(笑)。

(笑)後半は前半よりももっとリラックスしてただ作りたいものを作ろうと。そこでどう転んでも、岡崎体育という人物像とか育った環境とか才能とかセンスは作用するから、めちゃくちゃカッコいいアンダーグラウンドなものってできない。僕が作ることでポップな要素が入ったり商業的なものになったりすることを、卑下することなく、素直な僕自身が出せた結果だと思います。

-"Calculated"や"Okazaki Unreal Hypothesis"など、これまでと比べて曲のタイトルに難しい英語があるのはわざとですか?

インディーズのころってこういう曲ばかりで、"何がやりたいねん"とか"お前はこれを作ることによってどうなりたいねん"とか、よく言われたんですけど、本当に深い意味はなかった。逆に難しくしようとも思ってないんです。

-ということは、後半の方が初期衝動的なんですか?

そうだと思います。全体的にも"ネタ曲を省いた新しい試み"というよりは、インディーズのころに立ち返った原点回帰的な作品だと。

-ご自身では"商業音楽"とハッキリおっしゃいますけど、既存の商業ベースにはそこまで乗ってないんですよね。Aメロ→Bメロ→サビといった、国内のポップでは必須になってしまっているようなことにもとらわれてないですし。

"Aメロ→Bメロ→サビ"に縛られるのって、日本が作り上げたあまり良くない文化だと思います。今って、DTMで曲を作って何回もトライ・アンド・エラーできるし、どんなこともわがままに試せる。そこでもはや5億曲以上あるであろう展開を、今の時代に音楽をやってる身として意識して作る必要なんてないと思うんです。

-当たり前を塗り替えたいとは思いますか?

いえ、野心や野望はないですね。僕ひとりでできるなんて到底思わないし、それで変わるとも思ってない。でも、聴いてくれた人が"こんなに単調でもメジャー・レーベルに在籍できるんや"って思ってくれたらいいかなと。まぁ、僕自身もともとそういうものの方が好きというのが一番ですけど。

-ここにきて岡崎体育がネタを封印してミニマルなポップに挑む。これが世の中にどう作用するか。

今僕がいる音楽シーンは、情報量の戦争が進みすぎた。もうちょっと引き算の発想があってもいいかなと思いますね。

-"自分語り"とはおっしゃいましたけど、"俺はこうだ!"みたいな強さではなく、もっと生活に寄り添った感じがします。

本当ですか? それなら良かった。できあがった作品を聴くと、あまりにも自分のことを言いすぎたという印象があって。でも、そもそもテーマはさいたまスーパーアリーナであって、自分語りのアルバムを作ろうと思ったわけではないから。どう思うかは人それぞれですから、語りすぎだと思う人もいるかもしれないし、それもいいんですけど、今おっしゃったようにあまり自分語り的な印象を持たれていないという声も、それはそれで安心感はありますね。

-最後に、さいたまスーパーアリーナでのライヴはどうなりますか?

そうですね。ネタのないこのアルバムの方向性でいくということではないです。これまでやってきたことをあの場所でどう見せるか。いろいろと考えたいと思います。