Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

FIVE NEW OLD

2018年09月号掲載

FIVE NEW OLD

メンバー:HIROSHI(Vo/Gt) WATARU(Gt/Key/Cho) SHUN(Ba/Cho) HAYATO(Dr/Cho)

インタビュアー:山口 智男

-今後、丸々1曲日本語の歌詞になる可能性ってありますか?

HIROSHI:あるかもしれないです。今回、日本語の歌詞を書きすぎて、逆に書きすぎって言われました(笑)。

HAYATO:だから採用はされなかったんですけど。

HIROSHI:エンジンをかけてみたら、思いのほか馬力があった(笑)。いろいろやれそうだなって思えるきっかけになりました。もはや日本語だけじゃなくてもいいんじゃないか。宇多田ヒカルさんがフランス語で歌っていたように、いろいろな言語が交ざっていてもいいんじゃないかなっていうふうに思います。トラップ・ビート系のラッパー、KYLEの「Ikuyo Feat. 2 Chainz & Sophia Black」って曲があるんですけど、サビが日本語なんです。面白いなって思いました。それぐらい溶け合っていく方がいいのかなって。

-SHUNさんは今回、ベーシストとしてどんなアプローチで臨みましたか?

SHUN:今までだったら、デモの段階でWATARU君がかっこいいアレンジをしてくれるんで、それも含めFIVE NEW OLDだと思って、できるだけそれに沿ってやっていたんですけど、今回は自分もアレンジしたいと思ったので、やりたいように弾かせてもらいました(笑)。

HIROSHI:僕もWATARUもベーシストではないので、フレーズがどうしてもギター・リフっぽくなる。それが個性だったりもしたんですけど、ベーシストがベーシストとしてアプローチするってところは自分たちでは表現できなかった部分だったので、そこは僕たちも好きにやってもらって良かったと思います。

-じゃあ、HAYATOさんとのコンビネーションも今までと変わってきたんじゃないですか?

HAYATO:変わりましたね。SHUN君が作ったリフに僕が合わせにいくことも増えたんですけど、逆にSHUN君が合わせてくれることもあるから、そこは50/50な感じでできていると思います。

SHUN:話し合うことが増えました。"ここにキックが欲しい"とか、フィルのタイミングとか、結構スタジオで話すことが多かったですね。


自分は特別な人間じゃないからこそ、同じようなことを思っている人はきっといると思う


-そんなところもバンドっぽくなった、と。ところで、"Gotta Find A Light"や"For A Lonely Heart"というタイトルに込めた想いというのは?

HIROSHI:前回のアルバム(『Too Much Is Never Enough』)から繋がっているんですけど、今僕が言いたいことって、いろいろなものに囲まれているのにすごく不確かな時代で"これだ"っていう自分の心を持つ生き方ってなんだろう? ってことなんです。もちろん、僕自身まだもがいているなかで『Too Much Is Never Enough』というアルバムをリリースして、今回のEPに至るまでに思ったのは、結局、誰もが孤独なんだってことだったんです。だから、誰もが何かしらで繋がろうとしているし、誰かに認めてほしいと思っているし。"孤独は山になく、街にある"って言葉があって、ほんとにそのとおりだと思います。この街に住んでいて、僕らもそういうものに飲み込まれる瞬間がいっぱいある。じゃあ、孤独とどう向き合ったら楽になれるんだろうって。"諸行無常"という言葉があるように、この世は常に変わっていくし、自分ですら変わっていくし。"確かなものってやっぱりないんだ。人はひとりで生まれて、ひとりで死んでいくものだ"って悟ったら......悟るほどのものじゃないけど、そんなものなのかって気づけば、すごく楽しそうにしてる人にもそういう瞬間があるかもしれない。つまり、"孤独なのは自分だけじゃない"って思えたら孤独との向き合い方も変わるだろうし、そういう言葉や想いをこの音楽に乗せられたらいいなって思って、"For A Lonely Heart"ってタイトルを付けました。自分に対するセラピーみたいなところもあったんですけど、自分は特別な人間じゃないからこそ、同じようなことを思っている人はきっといると思うんですよ。

-そして、その先に光を見いだせればいい、と。

HIROSHI:今回、ジャケットでもそんな葛藤を表現しているんです。ぐちゃぐちゃとなっているところから4本の線が伸びているんですけど、いろいろな感情がもつれているところから、それがほどけて、僕らの回答として前に進んでいくってことを表現しているんです。パッと見、何気ないデザインなんですけど、ちゃんと僕たちの想いに寄り添ったものになっている。CD、あるいは10インチのアナログ盤を買ってもらったら、そういうところも楽しんでほしいです。実はこの(ジャケットの)ぐちゃぐちゃ、文字になっているんですよ。ぜひ読み解いてほしいです。

HAYATO:かなり難しいですけどね(笑)。

HIROSHI:隠れているものがいろいろあるので、ぜひ!