Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

LIVE REPORT

Japanese

FIVE NEW OLD

Skream! マガジン 2019年01月号掲載

2018.11.18 @LIQUIDROOM ebisu

Reported by 山口 智男

全国9ヶ所を回ったワンマン・ツアーが、この日ファイナルを迎えた。スタンディングのフロアを埋めた観客の大歓声に迎えられるなか、ライヴは現在のFIVE NEW OLDに繋がるサウンドを打ち出した2015年リリースの1stフル・アルバム『LISLE'S NEON』収録の「Undercover」からスタート。"歌おう!"というHIROSHI(Vo/Gt)の呼び掛けに応え、1曲目からいきなり観客のシンガロングが会場を包み込む。上手からHAYATO(Dr/Cho)、SHUN(Ba/Cho)、HIROSHI、WATARU(Gt/Key/Cho)と横一列に並んだセッティングは、SHUNを迎え新たなラインナップになった現在のFIVE NEW OLDの姿をアピールしているようだった。それは「Youth」でメンバー全員が重ねたコーラスからも感じられたが、3曲目の「Gold Plate」では早速コール&レスポンスを交え、観客をぐいっと引き込むと、WATARUのギター・ソロからなだれ込んだ熱度満点のインプロで度肝を抜いた。

そんなふうに序盤から魅せていった4人がこの日演奏したのは、9月にリリースしたメジャー2nd EP『For A Lonely Heart』と、今年1月にリリースしたメジャー1stフル・アルバム『Too Much Is Never Enough』の曲を中心に新旧織り交ぜた全21曲。ブラック・ミュージックのリズムとグルーヴをFIVE NEW OLDなりに消化した曲を並べ、観客の身体を横に揺らした前半では、"いつもと違うものをプレゼントしたい"とMAROON 5の「Sugar」のカバーも披露。

そしてSHUNがシンセでベース音を鳴らすインストから繋げた「Liar」、「Halfway Home」の2曲では、ギターの轟音とHAYATOのダイナミックなプレイとともに、彼らのバックグラウンドにオルタナ・ロックがあることを改めて印象づけると、そこから一転"ゆったりと溶け合いたい"とHIROSHIが言った「Melt」、WATARUのピアノだけをバックに歌ったバラードの「Too Good To Be True」では轟音とは対極にある繊細さをアピール。"いろいろなFIVE NEW OLDを楽しんでほしい"とHIROSHIも言っていたように、今回のワンマン・セットでは、バンドの多彩さとそれを実現できるバンドの自由度を見せるというテーマもあったようだ。"ここからさらに遊んでいきましょう!"(HIROSHI)と後半戦は再びテンポ・アップ。ゴスペルのエッセンスを取り入れた「By Your Side」では、フロアに下りてきたHIROSHIがPAブースの前にあるカウンターの上で熱唱するガッツも見せた。

メジャー・デビューから1年半、着実に歩みを進めてきた彼らにとって今回のワンマン・ツアーは、メジャー・デビュー以前の活動も含め、これまでの歩みを集大成したうえでライヴ・バンドとしての成長を印象づけるものとなった。その意味では、曲間を空けずにSEで繋いだライヴの進め方や随所に織り交ぜた熱度満点のインプロ、ライヴならではのアレンジもこの日の大きな見どころだったと忘れずに記しておきたい。

そういうライヴがソールド・アウトになったことが嬉しいじゃないか。アンコールに応え、ステージに再び出てきたバンドを代表して、HIROSHIは"「やったぜ」よりも、「まだまだできるぞ」という気持ちが強い。ここでは止まってられない。もっともっと広い世界に、みんなと一緒に行きたい"と言った。そして、来年アジア・ツアーを開催することと、そのファイナル公演でさらに大きいマイナビBLITZ赤坂に挑戦することを発表。FIVE NEW OLD初のワンマン・ツアーの終着点は、さらなる前進へのスタートとなった。彼らの歩みはここからさらに勢いを増していきそうだ。