Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

UVERworld

2018年07月号掲載

UVERworld

メンバー:TAKUYA∞(Vo) 克哉(Gt)

インタビュアー:杉江 由紀

-では、おふたりそれぞれで"MEMBER BEST"の中で特に激推ししたい曲を教えてください。

TAKUYA∞:「THE OVER」でしょう。

克哉:いっぱいあるのでなかなか選び切れませんが、強いて言うなら、「MONDO PIECE」かな。

-"MEMBER BEST"については、ある意味この流れでライヴが1本成立しそうな感じもしますが、それぞれ曲順はどんなことを考慮しながら決めていったのでしょうか。

TAKUYA∞:とっても感覚的に無意識の自動操縦で決めました(笑)!

克哉:近年曲を創るときもライヴをイメージして創るので、そういうところが色濃くできたんだと思います。

-なお、"FAN BEST"においては「THE OVER」がファン投票にて1位を獲得したとうかがっております。その事実に対して、メンバー側は率直にどんなお気持ちを持っていらっしゃいますか。

TAKUYA∞:僕もみんなと同じ想いでした。

克哉:今回は"BALLADE BEST(Re-Recording)"の中にも再録盤で「THE OVER」が入っていることからもわかると思うんですけど、これは我々メンバーにとっても大事な曲なので、ファンとメンバーのいい意味での心の距離の近さを感じましたね。

-"FAN BEST"にエントリーされた楽曲たちの全体的な並びについて、メンバーご自身はどのような感想を持たれたのでしょうか。

TAKUYA∞:詞の内容がいいものばかりで、歌詞に反応してくれているのだなということをすごく嬉しく思いました。

克哉:"MEMBER BEST"の中の10曲くらいは"FAN BEST"の上位だったので、ここでも心の距離の近さを感じましたよ。

-"FAN BEST"はライヴ映えする楽曲や、遊び心を感じる楽曲など、UVERworldの持つ多彩さを感じさせる面も多々含まれているように思います。そのような大胆な発想は、おおよそどのような瞬間に生まれてくることが多いのでしょうか。

TAKUYA∞:カッコいい曲を書き終えた瞬間に、その反動なのか、少し力の抜けた曲を書きたくなることが多いです。

克哉:日頃のメンバー間の何気ない会話の中で、いろんなアイディアが出てくることが多々あるので、自然体で音楽を楽しめてる実感がありますね。

-"FAN BEST"の中では、「SHAMROCK」も前作ベストに収録されていました。バンドとファンにとって、「SHAMROCK」とはどんな存在感を持つ楽曲だと捉えていらっしゃいますか。

TAKUYA∞:んんー。嬉しいです。これも僕たちの歴史からは外せないんだな、と改めて思いました。

克哉:みんなに愛されている曲のひとつだと思います。

-"FAN BEST"の中における、おふたりの激推し曲も教えてください。

TAKUYA∞:「ハイ!問題作」(笑)。

克哉:「白昼夢」ですね。自分のことを奮い立たせてくれる大事な曲です。