Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

UVERworld

2018年07月号掲載

UVERworld

メンバー:TAKUYA∞(Vo) 克哉(Gt)

インタビュアー:杉江 由紀

-それから、"BALLADE BEST(Re-Recording)"を全曲再録した理由はなんだったのでしょうか。

TAKUYA∞:チャレンジしたかったんですよ。

克哉:古いものだと、もう18年くらい前に創った曲もありますからね。今回のベストでは新しい音と少しのアレンジを加えることにより、今のUVERworldの出す音としてみんなに聴いてほしかったんです。

-"BALLADE BEST(Re-Recording)"の再録時に、今このタイミングで録り直すからこそ実現させたことはありますか。

TAKUYA∞:ヴォーカリストとして、今日までのいろいろな経験から得た技術をすべて出し尽くしました。

克哉:アレンジに関しては、"変えすぎて聴いてくれる人の思い出を壊さないように!"ということを重視しましたね。何よりも、これを常に頭の中に置いて取り組んでいたんですよ。そういう意味では、頭と気をたくさん使いました(笑)。

-"BALLADE BEST(Re-Recording)"の再録にあたり、各パートの見地から特にこだわったのはどんなことでしたか。

TAKUYA∞:やりすぎないこと。昔の歌い回しをできるだけそのままに、今のTAKUYA∞が挑戦する、ということ。

克哉:今のUVERworldでアウトプットする、ということだと思います。

-UVERworldにとっての"バラード"とはなんでしょうか。バラードだからこそ伝えられることとはなんでしょう。

TAKUYA∞:声の優しさ、かな。

克哉:隠れた名曲の宝庫です(笑)!

-では、バラードのみでアルバムを成立させるうえで意識したことはなんでしたか。

TAKUYA∞:聴き疲れしない、攻撃的なエッジがたたないミックス。

克哉:創る前にメンバー内で、"車の中で何回も聴ける音とアレンジを"というコンセプトのもと制作しましたね。ドライブのときに聴いても楽しめるような音創りを意識しました。

-そんな"BALLADE BEST(Re-Recording)"についても、おふたりが激推したい曲を教えてください。

TAKUYA∞:「体温」ですね。

克哉:「優しさの雫」です。

-『ALL TIME BEST』の制作にあたり、過去のご自身によるプレイや歌、また、歌詞の内容について、改めて聴き直したときに何か感じたことはありますか。

TAKUYA∞:荒さや勢いがあって、いい箇所ももちろんたくさんありましたけど、比べてみると今の方がすべてを凌駕しているのも事実でしたね。今回は、昔よりも自分として満足のいく歌唱ができました。

克哉:その時々やその当時の一生懸命さを、フレーズやコード進行から感じました。

-今回のベストはトラックダウンを海外にて行われたとうかがっております。UVERworldがトラックダウンの段階で最もこだわっていることはなんでしょうか。

TAKUYA∞:やっぱり、全体的な世界観でしょうね。

克哉:自分が曲に対して持っているイメージが崩れないように、音のバランスはそのままにしながら、音圧や音量が上がるようにすることにこだわってます。

-Twitter上ではすでにcrew(※UVERworldファンの総称)の間にて、いい意味で"エグすぎる!"と、この『ALL TIME BEST』の選曲に対しての称賛が溢れています。UVERworldとしては、そんなcrewたちに対してどんな言葉を返しますか。

TAKUYA∞:やかましいわ(笑)!

克哉:最近、人によっては"『THE ONE』(2012年リリース)というアルバムから聴き始めました!"というような声も聞いたりするので、こうやって昔の曲も聴いてくれてありがとう!"と返したいですね。

-さて。今年下半期のライヴに向けて、この『ALL TIME BEST』が与えていく影響はどんなものになっていきそうでしょうか。

TAKUYA∞:ファン投票の結果は無視せず参考にして、セットリストを決めていきたいと思ってます。

克哉:毎回、ツアーやライヴで、その土地土地の人は"UVERworldのなんの曲が聴きたいんだろう?"と考えつつセットリストを組んでいるんですが、そういったなかでこのベストはそのひとつの指標になると思います。

-この『ALL TIME BEST』の完成度があまりにも高すぎるだけに、必然としてUVERworldの次のオリジナル・アルバムに対する期待もつい高まってきてしまいます。現状、それに向けての構想は何かしら浮かんでいますか?

TAKUYA∞:次の1作は、大幅に世界観が変わっていくことになるでしょうね。次のUVERworldというものを表現しようと思っているんですよ。それを前にしたひとつの大事な区切りとして、このタイミングでベストを出すことができたというのは、ちょうどいいと思いました。

克哉:純粋に自分たちがいいと思える曲を、ここからも1曲ずつ丁寧に創っていきます。やがてそれが集まれば、アルバムという形でリリースしたいのはもちろんです。なるべく早く創ります。

-今年、UVERworldは結成18周年を迎えました。そうなるとそろそろ20周年も視野に入ってくるのではないかと思いますが、将来的に、20周年を迎えたときのUVERworldが目にしていたい景色、手に入れていたいものとはどんなものでしょうか。

克哉:今までもこれからも、自分たちに限界を作らず、前を見て、信じてきたものをそのままに、苦労や喜びのその先にある景色を見続けていきたいです。

TAKUYA∞:今と同じく、大好きな音楽を大好きなままで、この大切なメンバーたちと一緒に続けていく日々が続いているだろうし、同じ景色に見えても、この内容はきっと年々深まっていくんじゃないかなという気がしてます。ここからさらにUVERworldの世界を広げていって、今の僕らが思う想像以上の未来を手にしていたいです。