Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

夜の本気ダンス

2014年11月号掲載

夜の本気ダンス

夜の本気ダンス

Official Site

メンバー:米田 貴紀 (Vo/Gt) 町田 建人 (Gt) 鈴鹿 秋斗 (Dr/ Cho) マイケル (Ba)

インタビュアー:天野 史彬

-実際、このアルバムは全体的に見ても勢いだけで押し切るのではなく、すごく"聴かせる"アルバムなんですよね。曲順を見ても、前半はアグレッシヴかつスピーディに踊らせて、中盤には少しスピードを落としながら腰を落ち着けながら揺らしていく、そして最後は爽やかに、ポップに締めくくるっていう、1枚通してグラデーションを描いていくような曲順ですよね。そこがすごく鮮やかだなって思ったんですけど、アルバム1枚を通して見せたい景色はありましたか?

米田:ほんと今言っていただいたように、最初は勢い重視で始まって、でも段々とBPMを落としていきながら、最後は明るく締めるっていうのは意図してましたね。そこは感じ取ってもらえたらいいなって思います。

鈴鹿:夜の本気ダンスっていう名前の通り"踊らせる"っていうのはもちろんなんですけど、ただ、「Stand by you」とか「Bob Dance Bob」とか、そういう所謂"ダンス・ロック"じゃない曲も含めて僕らですよっていうことをわかってもらいたいというか。僕はそこが大事だと思ってて。ただ単に四つ打ちで踊らせてるだけじゃないっていうのをアピールできればいいなと思ってました。

-僕は「Stand by you」を最初に聴いたとき、驚いたんですよ。こうやってメロディアスに歌を聴かせる曲も引き出しの中にあるんだなって。この曲は、バンドにとって新機軸だったんですか?

鈴鹿:そうですね。この曲はまだライヴでもやったことなくて。

-米田さんの中で、歌を聴かせたいっていう欲求が出てきたんでしょうか?

米田:そうかもしれないです。スタジオで曲を作っていく中で、アップ・テンポな曲ばかりをやっていると、歌モノもやりたいなって思うようになっていって。そういう中で生まれた曲ですね。「Stand by you」は、最初に思ってたよりもスケールが大きい感じになったんですよ。最初はもうちょっとローファイで寄り添うような感じをイメージしてたんですけど、そこからもっとデカい曲になって。それはそれでいい方に行ったかなって思ってて。

-他の皆さんの中にも、こういう歌を聴かせるタイプの曲をやりたいっていう気持ちはありました?

鈴鹿:僕は元々こういう曲が好きで。いつも新曲を作る時はヴォーカルがリフを弾いて、そこに合わせていくんですけど、この曲はリフを聴いた瞬間に"あ、きた。やりたいやつや"って。

米田:(笑)

鈴鹿:テンション上がりましたね。自分は大好きな感じです。今後ももっと......いや、もっとはやりたくないけど(笑)、ライヴに1曲か2曲やるぐらいの感じで。それこそ、今後ワンマンとかやることになったら、こういう曲があったほうが飽きさせないライヴができていいと思うし。

-町田さんとマイケルさんはどうですか? バンドにとって"踊らせる"以外の側面が出てきたっていうことでもあると思うんですけど。

マイケル:でも、前にも「Candy tune」っていう曲があったりして、こういう曲もちょねくん(※米田のこと)はできるっていうのは知ってたので。僕の中で、うちらみたいな色のバンドは、こういうタイプの曲もできてなんぼっていうイメージがあるんです。バンド名からして"どうせ四つ打ちのダンス・ロックなんでしょ?"って思ってる人がいても、そういう人が聴いたときに"こういう曲もできるのか。すげえな"って思ってもらえるような曲ができるのは強みだと思ってます。

町田:僕も、昔からちょねくんの作る曲はやっぱヴォーカルを聴いてほしいなっていうのはありましたね。別に歌モノに寄ってるわけじゃないけど、でもメロディとヴォーカルが絡む感じが1番キャッチーでいいと思うし。

-そう言われてますが、米田さん、どうですか?

米田:やっぱ、曲の歌詞を聴いてほしいっていう思いは僕の中にもあって。別に応援歌みたいな感じではないけど(笑)、でも聴いて前向きになれるっていう意味では、歌モノでもダンス・チューンでも一緒だと思うし。そういう意味では、このアルバム全編を通して前向きな気持ちになってもらえればいいなと思いますね。ワクワクしたり、楽しくなったり、そういうふうに感じでほしいなって思います。

マイケル:確かに僕らが他のバンドと違うのは歌詞が大きいと思います。ダンス・ロックなんですけど、甘いというか、色気のある感じの歌詞をちょねくんが作ってきはるんで、そういう部分をちゃんと聴いてほしいと思います。それが面白みでもあるから。

-今回のアルバムを聴いて、米田さんの中で歌いたいことが明確になってきてるのかなって思ったんですよ。曲に込めたメッセージが言葉の中に明確に表れるようになってきたというか。

米田:うん、そうですね。1曲目の「WHERE?」は、ほんとにエロいというか(笑)、男女について書いてて。あと「Stand by you」は友達の関係性を書いたり、最後の「Only Seventeen」は10代特有の"若さ"に対して歌ってて。そういう、歌詞のイメージは明確になってきたのかなって思います。