Skream! | 邦楽ロック・洋楽ロック ポータルサイト

MENU

INTERVIEW

Japanese

夜の本気ダンス

2014年11月号掲載

夜の本気ダンス

夜の本気ダンス

Official Site

メンバー:米田 貴紀 (Vo/Gt) 町田 建人 (Gt) 鈴鹿 秋斗 (Dr/ Cho) マイケル (Ba)

インタビュアー:天野 史彬

-あと、「Circle Circle Circle」や「Japanese Style」は、明らかに怒ってますよね。特に年上世代に対する怒りが強い。

米田:そうですね(笑)。年上の人たちに対する反抗心は、その2曲に関しては出てますね。それを作ってた時期の僕がそういう感じやったんでしょうね。

-それはなんで?

米田:まぁ別に、特定の人に対してとかはいないですけど(笑)。......でもなんか、大人の何考えてるかわからん感じってあるじゃないですか(笑)。そういう部分に対して、若いなりに噛みつくというか、いったれっていう感じがあったんだと思います。

-それはバンド活動を送っていく中で? それとも、もっと広く社会人として生きていく中で?

米田:あぁ......バンド活動の中で感じることが多いかもしれないです。「Circle Circle Circle」は昔の曲なんですけど、その時期、年上の人になんか言われたんでしょうね(笑)。それで自分でも気づかんうちに、こういうことを歌詞に書いてたのかもしれない。

-前に取材させてもらったとき、米田さんは"歌詞を書くときは若者と同じ思考になる"って言っていて。やっぱり"若さ"に対する思い入れは強いんじゃないかと思うんですよ。それゆえに、"年老いた奴ほど怖がって気づいた頃にはゴミの山"(「Circle Circle Circle」)なんて歌詞も出てくるんじゃないかと思うんですね。自分たちにある"若さ"に対する執着って、どうして生まれてくるんだと思いますか?

米田:やっぱり"若い=ロック"じゃないですけど、初期衝動って若者しか持ってないものなので。自分も最初にロックと出会ったのは10代のころですし、そういう部分ではどうしても若者目線になるし、若い人に向けた音楽になってしまうんじゃないかと思います。

-他の皆さんの中にも"若さ"への執着や、それゆえの大人への反抗心ってあると思いますか?

鈴鹿:僕らって"ゆとり世代"って呼ばれる年代やと思うんですけど、上からそう思われてることに対して反抗心はあると思います。大げさに言うと"舐められたくない"というか。

町田:まぁ、変に偉そうなおっさんは腹立ちますよね......。

-(笑)

町田:僕あんまり性格よくないんで(笑)、偉い人とか来たら"何考えてるかわからんな"って思います(笑)。結局、大抵いい人なんですけどね。

-マイケルさんは?

マイケル:僕も、常に"大人の人は信じられない"みたいなのは思ってますね(笑)。と言っても、なんだかんだで僕もすぐ懐くというか、人のこと好きになりやすいんですけど......でもこれ、"大人"に対する反骨精神なんかなぁ......?

-"大人"っていう言葉の中に、もうちょっと何かありそう?

マイケル:う~ん......あの、結局、情で動けない人が嫌いなんです。昔からそういうところがあって。だから"大人"っていう括りよりは、"この人の考えてることの裏には利益があるな"っていう人は、あんまり好きじゃないです。そういう人らを大きな力で打ちのめしたいっていうのはあると思います。なんかちょっと話がずれたかな......。

-いやいや、全然。

米田:あと僕は、完成されてるものより、完成されてないもののほうが好きなんですよ。若者っていうのは未完成なもので、大人になるにつれて完成されていってしまう。そこに対する反発もあるのかもしれないです。

-なるほど。「Circle Circle Circle」では、"未熟な心をおくれよBaby"って歌ってますしね。

米田:確かにそうですね、今気づきました(笑)。

-(笑)でも、今回作品通しても思ったんですけど、夜の本気ダンスは一貫して"若さ"とイコールに存在する"未熟さ"や"不安定さ"を肯定しようとしますよね。

米田:うん、そうですね。やっぱり思春期の不安定な子らが「Only Seventeen」とかを聴いて、"それでもいいんや"って思ってくれたりしたら嬉しいと思いますね。やっぱり17歳って高校生活のど真ん中で、自分も時々思い出したりするから。